儒学

儒学についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [儒学] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

儒学を含むブログ記事

富山マネジメント・アカデミーさん
  • 安倍総理の健康問題の陽と陰
  • 追記】つぶやきまとめ投稿の不具合についてプロフィール読者登録中読者になる読者になるtwitter性別男性都道府県富山県自己紹介人文系の大学院での教育経験を活かし、上海の華東師範大学の客座教授として、新儒学という立場で「論語」と現代マネジメント学との接合を試みます。ゴールドラットは、まだ初心者マークがとれていません。最新記事安倍総理の健康問題の陽と陰1月1日(火)のつぶやき北陸電力は、カターレ富山から撤...
  • 富山マネジメント・アカデミー富山マネジメント・アカデミーさんのプロフィール
ふーくんさん
  • ‐中朝首脳会談を見たアメリカ人の反応‐
  • 、これはもはや『文化の違い』であるのです。 東洋と西洋の「平和」に対する概念は、歴史からみてもわかることですが、前者はいかに戦争を生み出さないシステム作りに奔走し(原始儒教〜礼教・形而上学まで発展する儒学の『朝貢論』)、後者は力による支配によって、文字通り「戦争には戦争」で対処してきた。 少なくとも、こちらの世界の方が、圧倒的に平和の期間が長かったわけです。 いずれにせよ、戦争に負けてからの日米関係は...
  • 歴史学を学ぶ大切さを伝えるブログふーくんさんのプロフィール
あんみんさん
  • 陽明学と量子物理学と釈迦の言葉が一致する!   激動の時代の英雄 河合継之助の思想
  • てくる河井継之助の思想なのです。彼は、あまり勉学による知識を求めない破天荒な行動派タイプでしたが、それはすでに精通していた「陽明学」の思想の影響があったからだというのです。陽明学とは、江戸時代の主流の儒学であった朱子学に対して、異端とされていた、これまた儒学の一つであるという事です。これがなんと私がブログで一貫して説明してきた事と全く同じ思想だという事なのです。それにまた現代で異端とされているような学...
  • 神秘のあんみん!あんみんさんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都 法界寺裸踊り (1月14日)京都市登録民俗無形文化財
  • 都市伏見区日野に所在する。日野は、『方丈記』の著者である鴨長明の住んだ地であり、親鸞の生誕地としても知られる。かつて山城国宇治郡日野と呼ばれたこの地は、日野家の領地であった。日野家は藤原北家の一族で、儒学や歌道をよくした家柄である。当寺は、真言宗醍醐派の古刹で、国宝の阿弥陀堂と本尊阿弥陀如来が有名です。多くの女性が安産・授乳へのご利益を求めて訪れるお寺別名「日野のお薬師さん」「乳薬師」の愛称で親しまれ...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
三田 ゆきさん
  • 佐倉さんぽ 4
  • れているため、中の見学はできなくなっていました。ここには、日本最初の蘭和辞書「ハルマ」が保存されていたそうですが、今は同じ敷地内の地域交流施設に保管されているとか。他にも、佐倉藩が所蔵していた蘭学書や儒学書などが「鹿山文庫」として保管されているそうです。佐倉さんぽのご紹介はここまでになります♪...
  • 木の床には木の家具が三田 ゆきさんのプロフィール
kangonさん
ザックさん
  • 34100-2 広島県広島市
  • を正妻に迎えたため、広島藩は東照宮の建立が認められた。浅野家は幕末まで広島藩を治めた。墓は、浅野山と新庄山に分かれているが、それぞれ公開されていない(写真は浅野山)。広島藩の著名人には、江戸時代後期の儒学者・文人の頼山陽がいる。頼山陽の代表作「日本外史」は、様々な家の視点で日本の歴史を著し、頼自身の考えもふんだんに述べている。松平定信の許可を得てから発行したため、日本外史は全国に広まり、幕末の志士のバ...
  • 休日、旅日和ザックさんのプロフィール
山口翔さん
  • 夢物語?
  • を討ち取った。 これら一連の出来事を経て…細川藩邸にお預けの身となり今に至っているのだが、 事件と山鹿素行が…どのように関係しているのかと細川藩士らは興味深々であった。 徳川家に仕える儒学者、林羅山の門下生となるのが若干九歳、わずか十代にして、大名や旗本を相手に講義をしていたほどの人物。 日本一と言われた天才。この山鹿素行と一連の事件が密接な関係にあるなら、事件に対する関心度は自ずと高...
  • 山口翔 永遠の忠臣蔵 日本の誇りを語る山口翔さんのプロフィール
kensatoken1985さん
だいすけさん
  • 吉田松陰から学ぶ「仕事に向かう姿勢」
  • いの働きがなければ善い職人となることはできず、肩や背中を傷つけるくらいの働きがなければ善い商人となることはできず、生死の境、助かる望みのない状況を経験しなければ善い武士となることはできない。これは実は儒学者・太宰春臺の「産語」の中の言葉です。安政四年(1857)に松陰がこれを馬島甫仙と品川弥二郎のために講義した際に、二人とも特に感銘を受けた言葉で、松陰がこの言葉を書き与えたものです。この言葉を噛み締め...
  • お江戸の学校だいすけさんのプロフィール

儒学を含むトラコミュ

徳川義直
  • 徳川義直
  • 江戸幕府初代将軍の家康の第9子として生まれ、甲斐甲府藩主、尾張清洲藩主を経て、元和2年(1614)から尾張名古屋藩主として名古屋城に住まう。61万9500石を与えられ、徳...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎
  • 頼三樹三郎は、幕末期の儒学者。通称は三木八。号は鴨崖。父は「日本外史」で有名な儒学者・頼山陽(三樹三郎は三男)。1853年にペリーが来航して一気に政情不安や尊皇攘夷...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

儒学を含むブログ村メンバー

  •  
儒学に学ぶさん
奥円さん
Yoshiさん

儒学を含むアンケート&掲示板

  •