吾妻川

吾妻川についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [吾妻川] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

吾妻川を含むブログ記事

大叔父・大田節三の慕情さん
  • 塗師・石原一喜、向拝の化粧。
  • C『癒し』 ジャンルのランキング人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet«マラソンの発祥地、安中市の... |トップ |このブログの人気記事マラソンの発祥地、安中市の熊野神社。吾妻川、流れの傍で咲いていた!群馬県、鏑川に響く、諏訪神社の踊り!小江戸 川越の店。宮大工はさほど稼げない!津久根八幡神社川越-蔵の街ぶらり・・。越冬態勢のウラギンシジミを探せ♪ 八王子から簡素な松之山温泉...
  • 大叔父・大田節三の慕情大叔父・大田節三の慕情さんのプロフィール
altowakaさん
  • 浅間山の歴史から見た天変地異<br />
  • など二重、三重に広範囲にの人々に被害を与えました。中心となったのは、火砕流という溶岩の一種が岩石と入り混じった熱泥流という特殊な土石流を作り出し、山から流れ出した熱泥流は、浅間北麓の村々を呑み、さらに吾妻川に流れ込んで鉄砲水として沿岸の村々を襲いました。直撃を受けた鎌原(かんばら)村(現在の群馬県吾妻郡嬬恋村[ぐんまけんあがつまぐんつまごいむら])では、約100戸、村民570人のうち477人の命が失われ...
  • altowakaaltowakaさんのプロフィール
hanka931さん
  • 課外授業 坂東太郎 川くだり
  • エメラルド色の湯釜「草津白根山」の麓「鳥居峠」に源を発し、「浅間山」「榛名山」の北方を西から東へ流れるも、「草津温泉」や「万座温泉」などの強い酸性の水質によりかつては魚の住まない死の川と異名をとった「吾妻川」と合流、「武蔵野」に入り、【*】【*】中山道六十九次(木曽街道六十九次)十番目の宿場にして最大の宿場町「本庄宿」そばの「新井村」にて、「榛名山」の南方を南東へと走る「烏川」を飲み込み、「深谷」「熊谷...
  • はんかくさいんでないかい!hanka931さんのプロフィール
半島のタカさん
  • 吾妻線の旅は新前橋駅まで
  • が書かれた風鈴が、無数にありました。駅の中が彩られています。そうこうしているうちに、再び特急列車が到着しました。この吾妻線、意外と特急列車が走っているのですね。昼間の時間帯ということもあるでしょうが。吾妻川を右に左に見ながら、列車は進みます。さらに渋川駅を通り過ぎ、この列車の終点である新前橋に到着しました。吾妻線を巡る旅は、とりあえず、ここで終了です。...
  • 旅人の気ままな独り言半島のタカさんのプロフィール

吾妻川を含むブログ村メンバー

  •  
reshimufuさん
  • レシムフの独り言reshimufuさんのプロフィール
  • 吾妻・川原湯温泉などを中心とした旅行記

にほんブログ村

>

キーワード

>

吾妻川について