千利休

千利休についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ★真空管ラジオのバイブルは存在するか?
  • [千利休] ブログ村キーワード 日本伝統の道である華道とか茶道などにはその道を説く奥義書が存在します。例えば、茶道では裏千家、表千家の流派が有ります。この流派は、秀吉の時代にその道を確立した千利休の道です。千利休は秀吉に切腹を命じられるなど、紆余曲折は有りましたが、千利休の心は連綿と今に引き継がれています。さて、古い技術である「真空管ラジオ」の現状を考えて見ます。一般にその技術が次の時代に引き継がれる・・・続きを読む
  • 真空管のアナログ世界に魅せられて blograjioさんblograjioさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

千利休を含むブログ記事

ゴラマガ編集長さん
  • 天下人の茶 #伊東潤 #小説
  • 天下人の茶 (文春文庫) [ 伊東 潤 ]楽天で購入絢爛豪華たる安土桃山文化の主座をしめていた茶の湯。その文化を創出した男・千利休と現世の支配者となった豊臣秀吉との相克は、利休が秀吉に切腹を命じられたことによって終わりを告げた。果たしてこの争いの裏には何が隠されていたのかーー。6章からなる物語の大半は、利休の高弟だった、牧村兵部...
  • 娯楽マガジン-ゴラマガ-ゴラマガ編集長さんのプロフィール
Rinkoさん
  • 大阪 玉造稲荷神社
  • 豊臣秀頼公像もありました。 こちらは比較的新しい、2011年に建てられたものだそうです。 こちら、秀頼公が奉納した鳥居。 阪神淡路大地震の際に崩れてしまったそうです。 千利休顕彰碑もありました。 御朱印もいただきました。 玉造稲荷神社はこちら↓ 大坂旅レポ、まだまだ続きます 。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+。.:*・...
  • 幕末明治好きのRinkoの何か。Rinkoさんのプロフィール
縄文人さん
  • 近世に発達した「美しさ」
  • 寂び」実はこの言葉は近世に言語化されたようである。私たちの知る日本文化なるものは如何に形成されてきたのか。↓侘び寂びの意味とは?今回はついに侘び寂びのお話をすることになりました。侘び茶を大成させたのは千利休であることは、他の回でもお話しましたが、じゃ寂びって何だろう?日本人なら侘び寂びの意味をきちんと説明したいものですよね。続きを読む...
  • 日本人と縄文体質縄文人さんのプロフィール
さつえい隊長さん
  • 【Book】等伯 安倍龍太郎 文春文庫
  • 。 等伯が生きた戦国時代、戦乱を逃れるために家族と離れて暮らした時期、息子の成長に目を細めながらも早くに妻を亡くしてしまうなど悲しい不幸を乗り越えながら、絵仏師として名声を得ていきます。 その実力は、千利休や豊臣秀吉らにも重用され、当時の画壇トップにいた狩野派を脅かすほどにもなりました。 絵師としてライバル関係にあった長谷川等伯と狩野永徳。下巻の背表紙に書かれた内容紹介では、お互い絵師としてトップに座し...
  • 京都・奈良のお散歩ブログさつえい隊長さんのプロフィール
タランさん
  • 堺に生まれた女性日本画家島成園企画展2019無料の講演会も開催
  • 館は17:30まで◆開催場所◎ さかい利晶の杜 2階 企画展示室◆料金()内は10名以上の団体料金◎ 観覧料 大人:300円(240円) 高校生:200円(160円) 小中学生:100円(80円)※「千利休茶の湯館」「与謝野晶子記念館」の観覧券がある場合、企画展示室にも入場できます。◆問い合わせ◎ さかい利晶の杜TEL:072-260-4386スポンサーリンク講演会と申込方法について【講演会】◆「島成園...
  • 雑学の小箱タランさんのプロフィール
いまちよさん
  • 守破離
  • に、様々に学びながら、自分に合ったより良い型を作ることで、既存の型を破り、そして、最後は型から離れて、自分なりの新しい表現を生み出していく・・・これは、占い師の師匠から、最初に学んだ言葉です。もとは、千利休の訓をまとめた一節にあるもの、だそうで、茶道武道などにおける、師弟関係のあり方を示したもの、なのですが、生き方にも通ずるところが、あるように思います。これまで、たくさんの先生方に教えていただいたこと、...
  • 生き方の道しるべ〜中医学に恋してる♪いまちよさんのプロフィール
にゃおすけさん
  • 有馬道その2・神崎津→小浜宿→宝塚
  • で宿場町は貴重な気がします。以前、ブラタモリで小浜宿が紹介されていましたが放送後2か月ほどはフィーバーで凄い人だったそうです。豪摂寺。小浜御坊とも呼ばれる小浜宿の中心となる寺で豊臣秀吉が有馬湯治の際に千利休を伴って宿泊しています。無料の資料館は元は山中家の敷地に建つのですが敷地内に玉ノ井という井戸があり今も水が湧き出ています。千利休もこの水を使ったといいます。いわし坂。北門付近にある坂道です。小浜の「浜...
  • ボラボラわーるど 〜旅と街道歩きブログ〜にゃおすけさんのプロフィール
いづな薫さん
  • 千利休の花入れ
  • 東京国立博物館で、千利休の花入れを見ました。銘「園城寺」1590年 園城寺と名付けたのは息子の千少庵。竹の表面がひび割れし、園城寺の破れ鐘にちなんでいます。高33.9 口径10.9 底径11.2結構大きいです。私は、茶道をた...
  • 戦国カフェいづな薫さんのプロフィール
ちょいよし専門家 みやちゃんさん
  • 色の秘密―最新色彩学入門?
  • る(P.93) カラー・コミュニケーションの効果を最も効果的にする方法を、私たち日本人は持っています。それは「捨て色」という考え方です。↓↓↓?日本人は色を見るための色を使う(P.203) 例えば、千利休から伝えられている茶室の色づかい。茶室の色の数を少なくして、明度や彩度も控えめにすることで、茶器や和服との対比を生み出しているという。茶室の色は「色を見るための色」になっているのです。 今日のちょい...
  • ちょいよし わ→るどちょいよし専門家 みやちゃんさんのプロフィール
Shosoさん
  • 遊びとしての生け花(2)
  • 還元していくと、根本に花は修行なのか、遊びなのか、という方向性の相違に行き着くように思います。仮にこの方向性の違いを集中/拡散という対立に例えてみましょう。この辺は私のお得意の仮説なのですが。例えば、千利休が花は野にあるようにと茶花のエッセンスを主張しました。これは当時の立華に対抗する投げ入れ花の主張だったと思います。立華の集中性に対する、投げ入れの拡散性の主張と解釈できます。また、勅使河原蒼風らの自由...
  • Shoso ShimboShosoさんのプロフィール

千利休を含むトラコミュ

千利休
  • 千利休
  • 田中与兵衛の子。わび茶の完成者。茶聖と称される。秀吉の勘気に触れ、切腹を命じられたと云われる。利休七哲等の助命嘆願適わず、切腹、晒し首。罪名は定かではない。
  • トラックバック数:13 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:歴史ブログ
高松松平藩
  • 高松松平藩
  • 高松松平藩は、徳川連枝の中では十二万石という御三家に継ぐ石高であったが、それ以上に世界一の庭園『栗林荘』を有したり、千利休の四代目千宗守(武者小路千家の開祖)を茶...
  • トラックバック数:85 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ

千利休を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 「本能寺の変」の黒幕レス: 0/130(995件)歴史ブログ
  • 川家康 織田家に影響力足利義昭 強い奴が好き毛利輝元 2万の兵力柴田勝家 織田系5万千利休 マスコミに強い上記6人が犯行グループ・犯行の流れ1援軍呼ぶ2援軍の中の明智...

にほんブログ村

>

キーワード

>

千利休について