哲学者

哲学者についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ネッド・ブロックとスーザン・ケアリー
  • [哲学者] ブログ村キーワードNed Block(ネッド・ブロック)とSusan Carey(スーザン・ケアリー)って結婚していたんですね。ボケーっとウィキペディアを読んでいたらそんな記述が出てきたびっくりしました。私みたいな門外漢には意外な情報でした。ネッド・ブロックの方は心の哲学の大家と言ってもいい哲学者ですけど、日本語ではインタビューくらいしか読めないんですね。他方、スーザン・ケアリーについては著作が翻訳されてい・・・続きを読む
  • とある学生の読書メモ とある学生さんとある学生さんのプロフィール
  • 12/06/02 12:15土屋俊カヤさんカヤさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

哲学者を含むブログ記事

言葉の救はれ――時代と文學さん
  • 「時事評論石川」平成30年12月号
  • 友人です。小浜逸郎・ことばの闘い批評家、国士舘大学客員教授。思想、哲学など幅広く批評活動を展開。鍜治本方程式劇団『キャラメルボックス』の俳優です。九州で教へてゐた時代の教へ子です。芦田の毎日話がうまい哲学者。文章を讀ませる哲学者。なかなかかういふ方はゐませんね。gooブログ お知らせgooブログ、リニューアルします「スタッフにアピール」いただいた記事の掲載先が増えますgooブログ、アプリを使ってみよう【...
  • 言葉の救はれ??時代と文學言葉の救はれ――時代と文學さんのプロフィール
内山和也さん
  • 北欧発の幸福の法則「ラゴム」
  • イフスタイルと言われる「LAGOMJ とは、スウェーデン語で「仲間と円座する」という意味で、「全員に公平に行き渡るように各人が妥当な分け前を取る」という考えに由来します。 同様の考えは、ギリシャの哲学者アリストテレスや、中国の老子の「足るを知る者は富む」にも見られ、別段、新しい考えとは言えません。 ただ、この節度とバランスを大切にする「ラゴム」がトレンドになる背景には、現代の過剰な競争社会と消費...
  • 自分を好きになれば、人生うまくいく!内山和也さんのプロフィール
kazuさん
  • 759冊目 悲しみのイレーヌ/ピエール・ルメートル
  • ――この作品には随所に引用、あるいはそれに少し手を加えたものがちりばめられている――」とあり、ルイ・アルチュセール、ジョルジュ・ペレック、アレクサンドロ・デュマ、オノレ・ド・バルザックなど20名近くの哲学者や小説家の名前が挙げられている。 どこに引用があるのか私には分からなかったが、それらをモチーフにした事により本作を単なるミステリィ作品でなく文学性の高さを感じさせる作品に昇華したのであろう。 読んで気...
  • ヘタな読書も数撃ちゃ当るkazuさんのプロフィール
Mr.Dacyさん
  • シンイの世界ギャラリー作品590[blooming]   儚夢 〜十里桃林(桃花潭)にて〜
  • ン[和縣])などで敵が8千隻に乗ってと回安城(淮安城)を包囲しよう日夜励んで戦って撃退した。敵が再び侵犯したが、チェヨウンウン何度もウィンドウに当たるも奮戦して敵マガジン殺したり捕らえた。 中国古代の哲学者である老子、荘子、勇猛果敢で才知にたけた曹操、三国時代の名医である華佗...
  • twilight of 開城Mr.Dacyさんのプロフィール
プーちゃんさん
  • あの世と魂 〜経験知の向こう側〜 (14)
  • 拠にした場合、「あの世」も「魂」も存在しないと判断するのが正しかろう。しかし、「魂」や「死後の世界」は、「経験知」を超えたところにあるかもしれないのだ。・・・アイザック・ニュートン(イングランドの自然哲学者、数学者、物理学者、天文学者)は、どうして「万有引力」が物体間の距離の2乗に反比例するだとか、物体の質量に比例するなんてことが分かったんだろうか。そもそも「引力(重力)」が、なぜ「万有」であることに気...
  • いつか迎えに来てくれる日まで(番外編)プーちゃんさんのプロフィール
仏教を楽しむさん
  • 死を超えるということ
  • 前少し触れました茨城の真宗寺院出身の筧次郎著『ことばと無明』、歯が立ちませんでしたが同氏が書かれた『死を超えるということ』は、興味深く読みました。筧次郎氏は京大とフランスの大学で哲学や言語学を習得した哲学者ですが“私の百姓暮らしは社会的な行動であるとともに、修行でもあると自覚された。・・私の百姓暮らしも工業社会では「外から我欲の制御を強いる」生活になる・・百姓が自然から教えられるこの「任せる心」が、自我...
  • 仏教を楽しむ仏教を楽しむさんのプロフィール
余白さん
  • 12/15のツイートまとめ
  • 新刊】『キリスト教講義』若松英輔・山本芳久(文藝春秋) https://t.co/MfYOjRR1ciともに同じ神父に学んだ二人が、中世哲学・神学の巨人トマス・アクィナスと、彼に影響を受けた近代日本の哲学者や文学者たちの言葉を読み解く。非キリス… 12-15 06:45 RT @201yos1: 若松英輔・山本芳久『キリスト教講義』(文藝春秋)の、「まえがき」として、「<言葉>と出会う、<神>と出会...
  • 「南無アッバ」を生きる余白さんのプロフィール
にんげん科学研究会さん
  • ちょっと一休み。
  • 面の現われだと見られているのです」(ディーン・レイディン博士)「今日、私たちとともにポスト物質主義の道を歩む人は 神聖なるメッセンジャーだといえるでしょう」(リサ・ミラー博士)だが、17世紀フランスの哲学者デカルトの『精神指導の規則』や18世紀ドイツの哲学者ヘーゲルの『精神現象学』といった著書のタイトルからも分かる通りこれまで人間の精神や意識を主題として扱ってきたのは哲学者らであることを考えると今回のト...
  • もっと暖気に生きてみませんか?にんげん科学研究会さんのプロフィール
バルテマイさん
  • 東西哲学を統合した新しい世界哲学の時代 西田幾多郎
  • 見る者によって限定されているように見える」とクザーヌスは述べていますが,これは西田の言う「無の自覚的限定」と同一の立場といえるでしょう。  また,西田幾多郎の前々世は,ギリシャ哲学を総合・体系化した大哲学者プロティノスです。 プロティノスは神のことを一者と呼び,その神は対象的に見ることはできず,人間が神と一つに合一することによって直観できるものだとしました(「エネアデス」)。 プロティノスの一者と西田...
  • 真理の研究バルテマイさんのプロフィール
館長さん
  • 2018年12月14日のつぶやき
  • kan: 【本日発売】『キリスト教講義』(若松 英輔、山本 芳久著 文藝春秋)【Amazon紹介文】「ともに同じ神父に学んだ二人が、中世哲学・神学の巨人トマス・アクィナスと、彼に影響を受けた近代日本の哲学者や文学者たちの言葉を読み解く。」【Am… at 12/14 13:04fortune_ukyou / 占い師 右京RT @201yos1: 若松英輔・山本芳久『キリスト教講義』(文藝春秋)の、「まえが...
  • 占い館ルネッサンス姫路☆オフィシャルブログ館長さんのプロフィール

哲学者を含むトラコミュ

ものづくり道
  • ものづくり道
  • 日本を支えるものづくり。ものづくりは、人づくりであり、夢づくりにも通じます。そして、一所懸命に技を磨き究めて行くさまは武道家や哲学者を髣髴とさせるものがあります...
  • トラックバック数:3264 TB参加メンバー数:113人カテゴリー:企業ブログ
日本の哲学者について
  • 日本の哲学者について
  • 日本の哲学者について、どんなことでも構いませんのでお気軽にトラックバックやコメントしてください。全ての学問の根幹は表現力。文章表現・言葉・読解・思考…国語作文教...
  • トラックバック数:15 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:哲学・思想ブログ
実存主義
  • 実存主義
  • 古代哲学では、ヘラクレイトスのロゴスの思想の影響下に、イデア論を構想したプラトンを批判的に継承したアリストテレスが、第二実体 (普遍者) と第一実体 (個物に対応) と...
  • トラックバック数:25 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:哲学・思想ブログ
アトランティス (オービタ)
  • アトランティス (オービタ)
  • アトランティス(Space Shuttle Atlantis、NASA型名:OV-104)はNASA スペースシャトル・オービタの5機の内の1つである。4番目に建造され、機材の中で現存している3機のシ...
  • トラックバック数:3 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:科学ブログ

哲学者を含むブログ村メンバー

  •  
ごんだいママさん
colocolokentaさん
ロサアンティカさん
本木 ななさん
御坊哲さん

哲学者を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

哲学者について