城壁

城壁についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [城壁] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

城壁を含むブログ記事

architectecさん
  • 鳥取・民芸美術館のある通り
  • 白壁土蔵造りの城壁の衣装蔵を使った風格ある建物。隣には、鳥取県の民芸品や食材を使った割烹店があり、趣のあるまちなみです。 にほんブログ村...
  • architectecの楽画喜帖architectecさんのプロフィール
ユズキさん
  • 片翼の召喚士-ReWork-:episode487
  • | 用語説明 | キャラクター紹介 |片翼の召喚士-ReWork- 勇気と決断編:episode487 すでに陽も落ちかかり、巨大な城壁に取り囲まれたハーメンリンナの中は闇色に包まれている。しかし、街の中は電灯の柔らかな白い光があちこち灯っており、街並みの美しさも相まって、幻想的な雰囲気を醸し出していた。 皇王から差し向けられた迎えの...
  • 夢の時間(とき)ユズキさんのプロフィール
byronkoさん
  • 水長城(シュエイチャンチェン)
  • 上へ。 西門からダムに向かうと、上り坂が多くなるので、東門から入るのがお勧め。この日は、ロープクライミング(の逆バージョン)をやってる人達がいました。水長城は、ダムの建設で水没した万里の長城。水長城の城壁は整備されてない、という噂があるようですが、「明長城」は整備されていて、登れます。翌日は、ふくらはぎが筋肉痛に。 ちょっとキツイ思いをすると、美しい景色がひときわ輝きます。にほんブログ村byronko...
  • life is short the word is greatbyronkoさんのプロフィール
あ☆きぃさん
  • マルタ6 イムディーナ
  • 15発。到着まで1時間15分位かかった。バレッタまでバスに行って乗り換えてからイムディーナまでバスで行った方が方が早かったかも・・・ 10時半頃 ようやくイムディーナの前のバス停(ラバット)に到着。 城壁沿いを歩くと入口がある。 イムディーナの城壁の中の街はこんな感じだ。 城壁の中に入ると、中世の街並みにトリップしたよう。  城壁の中のメイン通りを進んだ。 イムディーナの大聖堂 (入場料?5のチケット...
  • あきぃの旅 &食べある記あ☆きぃさんのプロフィール
ETRETATさん
  • 長崎市の超安心ホテル
  • インYahoo!ブログを始めるYahoo! JAPANすべての機能をご利用いただくためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。設定方法は、ヘルプをご覧ください。パリを歩くために通りにある城壁、馬車の車輪よけ、日時計などに心奪われる。歩きつくせないパリ。昨年6月のパリ紀行がまだ続きます。全体表示リストキジ、カボチャの畑に登場長崎市の超安心ホテルクリップ追加思うこと長崎県2018/4/24(...
  • 世界の美術館紀行ETRETATさんのプロフィール
okachan18さん
  • 香川遠征!!(2)
  • 山(標高66m)に築城したことから亀山城(かめやまじょう)、末永かれとの願いが込められてか蓬莱城(ほうらいじょう)とも呼ばれている。明治6年(1873年)の廃城令で軍用地として残す存城処分となり、櫓、城壁などが解体された。その後、 丸亀市が山上部を借地し、亀山公園として開設した。 天守は日本一小さいが、内堀から四層に積み重なった石垣は美しく、高さは約60mあり日本一。平成18年(2006年)には日本1...
  • 100名城とか四国遍路およびSFC修行とか・・・okachan18さんのプロフィール
旅中毒女 ようめさん
  • ポルトガル旅行記 41:オビドスの朝
  • た。8時からだそうでして。 薄暗いと言っても、朝の色はやはり夕方とは違うねえ。 ディレイタ通りもいいけど、こういう外れた場所で寛ぐのがいいよねえ。 ポルタ・ダ・ヴィーリャから入った眺め。雲がきれい! 城壁の外側。東側はこのようにライトアップされております。 こういう小さい門もあった、そう言えば。 さあ、明け切った。 洗礼者サン・ジョアン教会と南端の見張り塔。まだライトアップが続いているね。 これは城壁...
  • 旅中毒 女一人旅旅中毒女 ようめさんのプロフィール
xml_xslさん
  • 雨の日の釣り師-2562
  • きがすばらしい!。  あいかわらず、たらたらとひたすら拡散するばかりで、なかなか掴まえがたい。  決して好きになれない部類である。  埋没する危険もないだろう、だから安心できる。  常に前奏曲風に長い城壁が連なる、これを辿ってはいかん、眺めるべきもの。  深く脳の奥深く残ってしまう一撃がある、裏切りの斧。  打ち下ろされ露呈したホッサマグナ、深い緑を帯び悲嘆にくれている、随所にキラリ!と魅力的なサウン...
  • ◇JavaScript DHTML XML CSSxml_xslさんのプロフィール
あゆ&ゆかさん
  • 【中国 蘇州・南京】1日目(その2) 蘇州の世界遺産めぐり
  • 蘇州は、中国においても、かなり歴史の古い街として知られています。そのはじまりは、紀元前514年。春秋時代の呉国の王がここに城壁を築いてからというので、なんと2,500年もの歴史。運河に囲まれていることで、近年では東洋のベニスなどとも呼ばれているようですが、実は、蘇州を訪れるのは2度目。前回は会社の研修旅行で、1997年に訪れ...
  • seiの弾丸 海外一人旅blogあゆ&ゆかさんのプロフィール
oyaniniさん

城壁を含むトラコミュ

姫路城
  • 姫路城
  • 白漆喰の城壁の美しさから白鷺城とも呼ばれる。今や全国に12箇所しか現存していない、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つである。国宝四城(姫路城・松本城・...
  • トラックバック数:68 TB参加メンバー数:24人カテゴリー:歴史ブログ
崇礼門(南大門)
  • 崇礼門(南大門)
  • 崇礼門(スンネムン、すうれいもん)は、大韓民国の首都ソウルの中心部中区にある門である。一般的には南大門(ナムデムン)の通称で知られ、大韓民国の国宝第1号に指定さ...
  • トラックバック数:67 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:旅行ブログ

城壁を含むブログ村メンバー

  •  
うつわたびさん
ユダ・エフライムさん
enjoy_tsuyamaさん