重陽の節句

重陽の節句についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 重陽の節句
  •  [重陽の節句] ブログ村キーワード重陽の節句について、またまた『絶滅寸前季語辞典』から。 菊の着綿  きくのきせわた  *重陽(九月九日)の行事の一つ。 高きに登る  たかきにのぼる  *「重陽」の行事の一つで、茱萸の実を入れた袋を持ち、高い所に登って菊酒を飲む。「登高」とも言う。それにしても、季語っておもしろいものです。日本の季節の伝統行事や風習、それも有名なものから地方色豊かなものまで、一般的・・・続きを読む
  • ライフスタイルblog彩り 彩さん彩さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

重陽の節句を含むブログ記事

Kさん
  • 2018/11月分 鈴木社長の備忘・日記
  • 上巳:三月三日。中秋:八月十五日。重陽の節句:九月九日。音速:(331+0.6×気温)m/秒。『無名抄』:鴨長明の歌論書。『明月記』:藤原定家の日記。古語「とみ」の意味は「急」。1212年鴨長明『方丈記』成立。『金葉和歌集』の撰者は源俊頼。『古...
  • KブログKさんのプロフィール
山手サービス 高橋(代理)さん
  • 歴史の中の「経緯」・・19(再掲載)
  • と記憶する。神宝海部氏伝世鏡(約二千百年前、昭和六十二年十月三十一日初公開)海部氏伝世鏡 息津鏡(学名 内行花文長宜子孫八葉鏡) 邊津鏡(学名 内行花文昭明鏡)昭和六十二年十月三十一日(旧暦九月九日・重陽の節句)に二千年の沈黙を破って突如発表されて世に衝撃を与えたこの二鏡は、元伊勢の祀職たる海部氏が當主から次の當主へと八十二代二千年に亘って厳重に伝世され来ったものである。日本最古の伝世鏡たる二鏡の内、邊津鏡...
  • 憧れのAudio☆お知らせブログ☆山手サービス 高橋(代理)さんのプロフィール
金ない 知恵ない 根性ない そんなオヤジの独り言 さん
  • 師走十二月  第九・歓喜の歌
  • ... |トップ |このブログの人気記事貴乃花部屋 消滅か?五十九候:朔風払葉  木枯し一号  十四里立て看板七十二候 鶏始乳 夏至の次候 菖蒲華立夏 初候は蛙始鳴貯金よりも貯筋だ白露の初候:草露白 重陽の節句田圃アート六十三候 鱖魚群コメントを投稿名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメント※絵文字はJavaScriptが有効な環境でのみご利用いただけます。▼ 絵文字を表示携帯絵文字リスト1リスト2...
  • 金ない 知恵ない 根性ない そんなオヤジの独り言 金ない 知恵ない 根性ない そんなオヤジの独り言 さんのプロフィール
銭無のとっつあんさん
  • 晩秋から初冬の花(^^♪小さな黄色い花を房状に咲かせる「イソギク(磯菊)」
  • このブログの人気記事秋の味覚がいっぱい(^^♪ほくほく食感を楽しもう!...晩秋の庭の彩り(^^♪彩りの寂しい時期のアクセント...晩秋の安芸巡り(^^♪広島からのおみやげは「尾道レ...和菓子教室「重陽の節句 ねりきり(菊、紅葉)と...国宝「石川年足墓誌」が発見された「荒神塚」富田の新酒の酒粕で「酒まんじゅう」「布袋さん」は七福神(^^♪「弥勒菩薩」の化身茨木市のマスコットキャラクター(^^♪人懐っこい...
  • 日々是好日 とっつあんの雑記帳銭無のとっつあんさんのプロフィール
早苗さん
  • 双子座満月を超えて〜クリアさとスムーズさ
  • トオープンから蠍座新月木星が射手座へ移動してゆく時〜遥かなる旅へ出る『満月の予祝ブレス』ご注文本日締切です今日の大金運日をホロスコープで見てみると傷ついたヒーラー〜キロンが示す魂が負った傷星のお話会〜重陽の節句と乙女座新月※個人鑑定付き記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 祝福しかない…?双子座満月の...プロフィール読者登録中読者になる読者になるtwitter性別女...
  • トリニティセラピスト早苗の日々是好日早苗さんのプロフィール
みゅーじっくふうちゃんねる �・show我が青春さん
  • 冬の花火はおもいで花火
  • りませんでした。ヒントは、菖蒲の読み方にあったのですね。「菖蒲」という漢字は「ショウブ」とも読み、「尚武」に通じる。5月5日の端午の節句は「尚武の節句」とも言います。さらに調べてみますと、九月九日は「重陽の節句」。つまり、端午の節句にはアヤメを、重陽の節句にはキクと、それぞれ飾るが、それらの花を手に入れるのが遅れて翌日になれば何の意味もないことから、タイミングを失して役に立たないことのたとえというわけです。...
  • みゅーじっくふうちゃんねる �・show我が青春みゅーじっくふうちゃんねる �・show我が青春さんのプロフィール
almaさん
  • 名古屋市北区 別小江神社 平成30年7月から9月の御朱印
  • 用意されていました。挿み紙 天王祭挿み紙 後拾遺集の上総乳母の歌だそうです。八月 通常御朱印 祈りお盆や終戦記念日など祈る機会が多いからだそうです。八月 挿み紙九月 通常御朱印お月見仕様ですね(^^♪重陽の節句挿み紙 昭和天皇の詩です。観月祭 書置き 挿み紙 正岡子規の句です。観月祭 斎行記念 直書きこの御朱印は観月祭に参加した人のみいただけます。挿み紙観月祭の様子琴とバイオリンのコラボ、事とピアノのコラボ...
  • ぐだぐだ月記almaさんのプロフィール
まあふさん
  • 「1月1日」のテキスト
  • ったかもしれません。国境で地続きで違う国と接していませんものね。 日本文化を大切にし、外国人の方々から日本文化について尋ねられたら、「胸を張って言える何か」を持っていたいと思いました。 これは10月の重陽の節句。外国人の方バージョンです。 11月は桃太郎でした。 これからは外国の方ともたくさんお友達になっていきたいと思います。 英語が問題ですが。。(笑)日本の美しい音楽も伝えたいです。...
  • ヒーリングミュージックまあふさんのプロフィール
kazu2000さん
  • 【芭蕉の句碑】国道308号線(奈良街道)沿いに建つ松尾芭蕉の句碑
  • 時代の俳人であり、紀行本『奥の細道』の著者として有名な松尾芭蕉は、(1644〜1694)は伊賀国で生まれ、生涯を旅に過ごしました。 元禄7年(1694年)、病をおして伊賀を発った芭蕉は、旧暦9月9日の重陽の節句(菊の節句)に奈良から大坂に向かって暗峠を越えました。 その時詠まれたのが「菊の香に くらがり登る 節句かな」の句です。この暗峠越えが芭蕉最後の旅となり、大坂に入って間もなく、10月12日に亡くなりま...
  • kazu2000のブログkazu2000さんのプロフィール
やっとこさん
  • Autumn Day . :秋の日。
  • S[アットエス] by 静岡新聞SBS今日の芭蕉俳句 :  菊に出でて奈良と難波は宵月夜   (きくにでて ならとなにわは よいづきよ) 時代背景&解説 :  芭蕉が奈良を出発したのは重陽の節句に菊薫る9月9日。そしてその夜は大坂 に着いて之道宅へ草鞋を脱いだ。重陽の節句のこととて奈良も大坂難波の街も菊の香が辺り一面香っている。そして二つの街とも菊の花の上に夕月が美しい。窪田意専・服部土芳宛...
  • 「Day&Night」(bottom line of ・・・)やっとこさんのプロフィール

重陽の節句を含むブログ村メンバー

  •  
五節句さん
  • 重陽の節句を祝う五節句さんのプロフィール
  • 齢、50年と少し、日々の暮らしでの考えごとを自分なりに真摯に書いています。

にほんブログ村

>

キーワード

>

重陽の節句について