ティンパニ

ティンパニについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ティンパニ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ティンパニを含むブログ記事

ゴンチさん
  • 尾高 神奈フィルのリャードフ、プロコ、ショスタコを聴く
  • ルセフのリサイタルがあれば聴いてみたいです。 後半のショスタコ。 プロコと同じく、ノーブルなタコ5といった印象。 尾高さんのスタイルに合致した第3楽章は絶美。 デュナミークの幅が大きく、第4楽章ではティンパニが煩い位の強打。 でも、何故か感銘は薄い。 どこか長閑で、ウォルトンでも聴いているように感じたのは偏見のせい? にほんブログ村...
  • 株と本と音楽とゴンチさんのプロフィール
メリーウイロウさん
  • 日本フィル・第702回東京定期演奏会
  • に大編成で堂々と響かせる。そこには演奏スタイルに拘る必要はないと思慮します。バッハはどう演奏してもバッハ、そういう懐の大きさこそが大作曲家の偉大な所でもありましょう。リピートを忠実に実行し、バロック・ティンパニを強めに響かせた第3組曲も素敵でしたが、後半のマニフィカトは圧倒的な感動。若き合唱団が溌剌と歌い交わし、ピュアな音質のソリストたちが感情豊かにバッハの世界を繰り広げる。表情豊かな音楽は広上の指揮に最も...
  • クラシカル・ウォッチメリーウイロウさんのプロフィール
スタさん
  • 納品について・・・
  • は元々がピアノ・オルガン講師だったのですが10数年前から楽器店を引き継ぎ営業してます楽器販売は勿論のこと管楽器のリペア・調整もやってましたリペア・調整は今の身体(右手)では出来ません販売は健常時の時はティンパニーや大型の管楽器などは一人で納品・調整がやれたんですが今ではカミさんに納品してもらい調整は私が喋ってその通りに調整してもらってますリペアに関しては流石に経験と感覚が必要なので現在リペアは出来ませんそん...
  • 空とピアノスタさんのプロフィール
ペタワロスwwwwwwwwwさん
Daisyさん
  • ニコラ・アルトシュテット/ハイドン・フィルのオックスフォード、チェロ協奏曲、驚愕(サントリーホール)
  • シュテットも黒づくめですが、カンフー選手のようにダボダボで動きやすそうな衣装。客席に向かってにこやかに一礼すると、すぐに振り返ってタクトは持たずにオックスフォードに入ります。よく見ると管楽器は古楽器、ティンパニはバロックティンパニ。演奏はファイを思わせるというか、ファイよりも攻めてくるように速めのテンポでキレ味と凝縮感を伴うもの。アダム・フィッシャー時代の演奏とは同じオケとは思えないほどの変化。アンサンブル...
  • ハイドン音盤倉庫 - Haydn Recordings ArchiveDaisyさんのプロフィール
パストラーレさん
  • 2018/6/17第8回定期演奏会part4
  • リネット7重奏「魔女の宅急便」メドレー 開演直前の舞台袖 2018年度吹奏楽コンクール課題曲よりコンサート・マーチ「虹色の未来へ」/郷間幹男指揮:瀬尾宗利 パストラーレのデビュー戦が、いきなりティンパニでも、うまくいきました 今回はミュージックナビゲーターという形で、齋藤先生(くたお先生)が曲の紹介 2018年度吹奏楽コンクール課題曲よりエレウシスの祭儀/咲間貴裕指揮:津堅直弘 弊団金管トレーナ...
  • パストラーレ 監督と団長のブログパストラーレさんのプロフィール
おかちゃんさん
  • 朝比奈隆指揮札響のブルックナー第0番ほか(1982.5.21Live)を聴いて思ふ
  • 1861)からの引用があり、いかにも敬虔なカトリック信者ブルックナーの真意、すなわち音楽という創造物が神という創造主につながるための手段であったことが顕著に示され、ここでの朝比奈の自信たっぷりの表情(ティンパニの強奏、そして金管の咆哮!)に癒され、勇気を奮い立たせられるのだ。これこそ勇気と思いやりの音楽。ちなみに、前プロのハイドンは軽快でありながら、朝比奈らしい弦楽器をたっぷり鳴らす素朴な演奏。朝比奈は、ハ...
  • アレグロ・コン・ブリオ〜第7章おかちゃんさんのプロフィール
ぱるすくさん
  • 今日は優秀録音盤三昧
  • ッパーレーベル初版) フランス録音はやはりフランス盤に限る。抉るように生々しい冴え渡ったサウンドがはじける快感!・ベルリオーズ レクイエム ミュンシュ/BSO、シモノー他・プーランク オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲 ミュンシュ/BSO、ザムコヒアン(いずれも米RCA LSC/LDS SDレーベル初版) 豪快!地を這う重低音、超絶スペクタキュラー。ミュンシュの男性的極太サウンドに溺れる。・ワーグナー...
  • 駆け出しアナログファンのつぶやきぱるすくさんのプロフィール
白玉さん
  • 40周年記念演奏会
  • そうです。今回のミサ曲も最初はあわれみの賛歌( キリエ )そして栄光の賛歌(グロリア)と聴いているこちらも気分がしだいに高揚しなんだか最後は、感謝の気持ちでいっぱいになりました…。合唱と管弦楽の演奏。ティンパニーもとても良かったです。今後もこの演奏会が続くように微力ながらも応援したいと思います...
  • ふわふわ日記白玉さんのプロフィール
akakadさん
  • Overtrues & Ballet music
  • (イタリア)〇クラシック最初の曲は静かな始まりから一気に高速になる派手なファンファーレがある曲も組曲っぽいものでもとにかくわかりやすい躍動感はかなりあってチャージしてからの加速には目を見張るものがあるティンパニの音が大きめで迫力もあるしそこまで人数が多くないのか音のキレがいい長調も短調も両方ある短い曲が多く非常にシンプルで親しみやすい...
  • 道端の石ころの裏にakakadさんのプロフィール

ティンパニを含むブログ村メンバー

  •  
萩原 広充さん
玲子さん
  • Colorful Essay玲子さんのプロフィール
  • アメリカンコッカースパニエル:ティンパニと過ごすキャリアコンサルタントの日常。

にほんブログ村

>

キーワード

>

ティンパニについて