坂上田村麻呂

坂上田村麻呂についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [坂上田村麻呂] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

坂上田村麻呂を含むブログ記事

なまさやさん
  • 猪名野神社の参道?西国街道・大鹿妙宣寺(伊丹市・大鹿)
  • の続き伊丹市を横断する西国街道を歩きましたが、その時の大鹿地区の記録です。伊丹市・大鹿マイマップ大鹿地区に入ると街道は2本に分岐しますが、史跡の多い右の道を進みました。大鹿の地名は大同2年(807)に坂上田村麻呂が当地の森で大きな鹿を弓矢で射止めたことが由来です。大鹿村の古くからの集落には、坂上氏の邸宅が多くあり。坂上田村麻呂の子孫と伝承されています。大鹿五辻文和3年(1354)大鹿の村人が日照りで困っていた...
  • エナガ先生の講義メモなまさやさんのプロフィール
sakatorinkoさん
  • 日本 ミステリーツアー
  • 串本から大島へ向かって海上に並ぶ40余りの奇石弘法大師と天邪鬼が大島まで一晩で橋を架ける競争をしたという伝説が残っている 鬼が城 鬼が口を開けているみたい 平安時代の桓武天皇の頃に坂上田村麻呂が鬼退治をしたという伝説がある有馬氏という武将が隠居城を建てたことに由来する 鬼が島かと思ったら、城なんですね。 次はどこへいくのでしょう。 行きつく先が分からないのは 人生もおなじでしょうか。...
  • 地球のどこかからsakatorinkoさんのプロフィール
しずかさん
  • 円通寺 寛永寺から移築した黒門〜彰義隊士の墓
  • 東京都荒川区南千住の円通寺。寺伝によれば、延暦10年(791年)、坂上田村麻呂によって開かれたと伝えられています。巨大な観音像明治維新の折、慶応4年(1868年)の戊辰戦争(上野戦争)で亡くなった彰義隊の隊員を現在上野公園の西郷隆盛像があるあたりで、当寺の住職が火葬を行いました...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
秩父・仙台まほろばの道さん
  • チャクラがパカパカ縄文芸術館
  • いつも神社を通り過ぎてしまうのですが、なんとなく寄りたくなって。考えてみれば、伊達神社は、フツヌシをお祀りしている。剣がほしい〜。元はフツヌシ一柱だったので、香取宮とよんでいた。古墳の上に立つ神社で、坂上田村麻呂の東征の折に勧請されたといった伝承がある。大きなイチョウ。一説には、この地にやってきた播磨国飾磨郡付近に住んでいた人々が、飾磨郡伊達の射楯兵主神社から射楯大神(五十孟神)を勧請したともいう。こっちの説...
  • 秩父・仙台まほろばの道秩父・仙台まほろばの道さんのプロフィール
misiriさん
  • 明通寺
  • 敦賀駅から東小浜駅へ移動。レンタサイクルを借りました。ここも身分証明書がいらなかった。明通寺に向かいます。806年に坂上田村麻呂が創建とか。本堂と三重塔が国宝。駅から5?以上あったけど松永川沿いがサイクリングロードになっていて快適。すれ違う人もほぼいなかったので20分くらいで到着。赤い橋を渡って川の水もきれいでした。 山門。...
  • ミシリノキmisiriさんのプロフィール
三田 ゆきさん
  • 来宮神社と
  • と、新幹線や在来線が止まるような中でしたが、お宮の中は通常モード。落ち葉でハートが作ってある余裕ぶりでした(笑)。 こちらが本堂です。来宮神社は、熱海の地主の神様を祀った神社で、平安期の征夷代将軍 坂上田村麻呂が勝利を祈願に訪れたという歴史ある神社。 特に、奥にある大楠がパワスポとして有名なんです。こちらの大楠は、国指定天然記念物に選定されていて、樹齢2000年を超え、平成4年の環境省の調査では、全国2位...
  • 木の床には木の家具が三田 ゆきさんのプロフィール
かずらさん
  • 日本文化×不思議の世界を味わおう! 和風ファンタジーおすすめ13選
  • むブログ (98件) を見る?honkuimusi.hatenablog.com?『鬼の橋』伊藤遊 福音館文庫妹を亡くした篁は、井戸に落っこちて信じられないものを見る。そこには死んだはずの征夷大将軍、坂上田村麻呂がいたのだ。彼は鬼から都を守っている……。小野篁の伝説をモチーフにしたファンタジー小説。篁が少しずつ成長していく過程に感動します。「相手を大切に思う気持ち」を丁寧に描いています。そして、エンタメとして...
  • ブックワームのひとりごとかずらさんのプロフィール
ヤッホーさん
  • 判官森(伝源義経公胴塚)
  • 道はここから岩崎(いわがさき)の黒岩城の側を抜けて現在の一関の市野々(いちのの)を通り、磐井川が流れる厳美渓を渡って少し行くと、悪路王伝説で有名な達谷窟(たっこくいわや)に突き当たります。 この地は、坂上田村麻呂が、悪路王と呼ばれる蝦夷(えみし)の族長を滅ぼした時、その慰霊を弔って、建てた京都の清水寺の舞台を小さくしたような堂が建っていて、西光寺と呼ばれています。 ここから平泉までは、およそ5キロほどで、この...
  • 山歩クラブヤッホーさんのプロフィール
EBI印さん
  • 福島県田村市 大鏑矢神社
  • 、ゆるゆる更新します。福島県田村市 大鏑矢神社2018年10月12日 20時51分46秒 |御朱印田村市船引町に鎮座する、大鏑矢神社。この日に福島行は、ここが目的地。周辺は、思ったよりも新しい住宅街。坂上田村麻呂が桓武天皇の勅命を受け、陸奥国への出征の際、この地に鏑矢を奉納し、戦勝祈願したという言い伝えが残る。御祭神が高皇産霊神・大鏑矢神・坂上田村麻呂の三神。この日は、台風一過で強風。鳥居をくぐると、両脇に狛...
  • EBI印近隣探索日記EBI印さんのプロフィール
JE2LUZさん
  • 熊野の旅 賽の河原
  • す。 まさに、「賽の河原」? 後ろは鬼ヶ城ですが、ここの鬼さんは埋める砂利を払いのけたりしません。 ここの鬼は「海賊」ですし、地元の豪族だったはずの「多蛾丸」なんてのが筆頭格ですからね。 征夷大将軍「坂上田村麻呂」に負けたくらいです。 安倍晴明の出番にもならない「鬼」ですからね。 鬼の代わりに土木業者があまり張り合いの無い仕事をこなすことになります。 銭になっても張り合いの無い仕事ってあると思いますし、これが...
  • LUZの熊野古道案内JE2LUZさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

坂上田村麻呂について