スピノザ

スピノザについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • スピノザの政治哲学 『エティカ』読解をとおして
  • [スピノザ] ブログ村キーワード飯島昇蔵『スピノザの政治哲学 『エティカ』読解をとおして』に興味があったので書評を調べてみたのだが、「エティカの注解書としては悪くないけど、政治哲学というタイトルとはズレている」という趣旨の評価がありました。正直に言って、主たる関心が政治哲学にあったわけだから、購入を迷ってます…。エティカは昔一度読んだきりで内容をほとんど覚えていないので、この機会に本書とともに読みなお・・・続きを読む
  • 読書で人生を豊かにする こまちさんこまちさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

スピノザを含むブログ記事

未来のための哲学講座さん
  • 哲学の再構築 認識論 まとめ&更新情報
  • る再検査 5.1.1.4.8 「我々がどんなものの認識にも到達し得ない」ということを否定する限り、我々が、我々の本性の創造者によって欺かれているかもしれないということは、否定される。(バールーフ・デ・スピノザ(1632-1677)) 5.1.1.4.9 人間は自然の一部分であって他の諸部分と密接に結合している。だから、もしこの自然がいまとは異なった仕方で創造されていたとしたら、我々の本性もまた、それら創造...
  • 横断整理編 未来のための哲学講座未来のための哲学講座さんのプロフィール
未来のための哲学講座さん
  • 哲学の再構築 ルネ・デカルト(1596-1650)まとめ&更新情報 (2)認識論
  • る再検査 5.1.1.4.8 「我々がどんなものの認識にも到達し得ない」ということを否定する限り、我々が、我々の本性の創造者によって欺かれているかもしれないということは、否定される。(バールーフ・デ・スピノザ(1632-1677)) 5.1.1.4.9 人間は自然の一部分であって他の諸部分と密接に結合している。だから、もしこの自然がいまとは異なった仕方で創造されていたとしたら、我々の本性もまた、それら創造...
  • 個別整理編 未来のための哲学講座未来のための哲学講座さんのプロフィール
marcoの手帖さん
宇都宮隆法さん
  • 拡張する学校: 協働学習の活動理論
  • いる。「教育とは社会が行う生活の協働自治的組織化である」とし、子供たちの「野生」に秘められた「人間的価値」を見出した。本を読む教育から、本をつくる教育を行い、創造性を高めると考えた。「エチカ」を著したスピノザは「善及び悪の認識は、我々に意識された限りにおける喜びあるいは悲しみの感情にほかならない」と主張した。遊びの中で子どもたちが示す自己規制こそ、スピノザの言う道徳原理に合致するものであり、「喜びとしての...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
矢嶋武弘の部屋さん
  • イエス・キリストと「山上の垂訓」
  • 力し、投稿ボタンを押してください。コメントを投稿する「思想・哲学・宗教・エッセー」カテゴリの最新記事イエス・キリストと「山上の垂訓」全てが“必然”である『思想家』とは何か?ドン・キホーテよ、現われよ!スピノザと汎神論天は人の上に人を造り、人の下に人を造るディオゲネスと人間の“誇り”日本人と島国根性現代社会と考えることイエス・キリストの痛切な一言とNPT・核拡散防止条約関連するみんなの記事フェルメール「牛乳...
  • 矢嶋武弘の部屋矢嶋武弘の部屋さんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 着飾らない辞世の言葉
  • : 1週程度図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】哲学的、正しい人生の終わり方とは。同意論の基本を提示したストア派のゼノン、ピュロンの懐疑主義、展開者デカルトが示す同意論、スピノザの同意論批判などを取り上げ、「人生の総括」について哲学的に検証する。...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
llfor2069さん
  • 英語の名言集(381-390)
  • n 【386. lament “嘆き悲しむ哀歌”】“No to laugh, not to lament, not to detest, but to understand.” by バールーフ・デ・スピノザ(1632-1677、オランダの哲学者)(笑わず、嘆かず、嫌がらず、ただ理解するのみだ。)“Spinoza” by BK- Wikimedia Commons - Public Domain 【38...
  • 英単語暗記をわかりやすくllfor2069さんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 知性改善論 神、人間とそのさいわいについての短論文
  • 知性改善論 神、人間とそのさいわいについての短論文スピノザ 佐藤 一郎予約数: 4予想待ち時間: 2か月程度図書館で予約する 携帯から【内容紹介】ユダヤ社会から追放されたスピノザの初期思想を伝え、後年の主著「エチカ」へと至る哲学の根本動機と独自の方法論を記述...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
茨城の母さん
  • 霊視のバイアス とアカシックレコード★シュタイナーの霊界通信
  • まり、人類の進化の過程で、脳に供えられたものです。 想念は、一度形成されると長く残るが、それが人類魂の中に蓄積されて、 アーリマンと成って行った。こうして悪の根源は、人間が作ったものなのだ」 「宇宙はスピノザ的であること。 無数の属性は、それぞれ意識魂に進化する。つまり、霊体(意識)は四体では無い。 それを人の自我が見る(ビジョン) 肉眼でモノを見るとき、観察、は、自分の外にある物を見ているが、 魂の世界...
  • 霊界実話・ibamama茨城の母さんのプロフィール

スピノザを含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ

スピノザを含むブログ村メンバー

  •  
メルさん
yunさん
anti-novelさん

スピノザを含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

スピノザについて