新田次郎

新田次郎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 桜は大気汚染のない国で人々に見守られて咲き誇る
  • '18年3月24日(土)[新田次郎] ブログ村キーワード茨城県日立市ではまもなく、映画『ある町の高い煙突』の撮影が始まる。新田次郎の同名の小説(文春文庫)が原案である。「高い煙突」とは、旧日立鉱山の「大煙突」を指す▼かつて市のシンボルだった煙突は、高さ156?、大正3(1914)年の建設当時は世界一だった。平成5年に崩落し、3分の1の高さになる。植樹されたオオシマザクラに囲まれて、現在も使われている▼小説は実話を基に・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

新田次郎を含むブログ記事

yamamiruhibiさん
  • 岩の要塞(@9月15〜16日)
  • 横尾を過ぎると、屏風岩がある。新田次郎さんの小説で読み、どんなところなんだろう、と想像していた。岩壁と言うか、巨大な岩、いや、岩でできた巨大な要塞みたい……。...
  • 山見る日々yamamiruhibiさんのプロフィール
くりまるさん
  • 星空
  • 涸沢への一人登山を機に、新田次郎さんの「孤高の人」を読んでいる。主人公が初めて北アルプスに行って、山の上で夜の空に包まれるシーンの描写に震えた。私も山の上にある小屋に泊まって、星空を眺めてみたい!...
  • 一握の星の砂〜アラフィフのおひとりさまは今日も健在くりまるさんのプロフィール
てっちさん
  • メロンと鳩
  • ユーザー作品▲ 閉じるコメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。コメントを投稿する「本」カテゴリの最新記事メロンと鳩富士に死す*算士秘伝 「新田次郎」零式戦闘機新・冒険論日航123便墜落の新事実旅先のオバケ大黒屋光太夫逆軍の旗三十六の鷹星野道夫さんの本記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 釣りプロフィール読...
  • 日々是好日てっちさんのプロフィール
風紋さん
  • 【佐藤優】五木寛之氏の小説論が明かされた学生たちとの対話
  • ミング、他人の気持ちになって考える力、科学と職人芸が融合した食品」「【佐藤優】『ゼロからわかるキリスト教』の著者インタビュー 〜「神」を論じる不可能に挑む〜」「【佐藤優】組織の非情さが骨身に沁みる 〜新田次郎『八甲田山死の彷徨』〜」「【佐藤優】プーチン政権の本質、2017年の論点、ロシアと欧州」「【佐藤優】国際人になるための教科書、ストレスが人間を強くする、日本に易姓革命はない」「【佐藤優】ロシアでも愛さ...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
風紋さん
  • 【佐藤優】文化は操作可能な道具か
  • ミング、他人の気持ちになって考える力、科学と職人芸が融合した食品」「【佐藤優】『ゼロからわかるキリスト教』の著者インタビュー 〜「神」を論じる不可能に挑む〜」「【佐藤優】組織の非情さが骨身に沁みる 〜新田次郎『八甲田山死の彷徨』〜」「【佐藤優】プーチン政権の本質、2017年の論点、ロシアと欧州」「【佐藤優】国際人になるための教科書、ストレスが人間を強くする、日本に易姓革命はない」「【佐藤優】ロシアでも愛さ...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
thomazさん
  • 未踏蜂(笹本稜平)
  • キングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングコメントTweet«遥かなり神々の座(谷甲州) |トップ |このブログの人気記事富田の英文読解100の原則(上)銀嶺の人(新田次郎)AVENGER(FREDERICK FORSYTH)COLD VENGEANCE(Douglas Preston,Licoln Child)BLUE LABYRINTH(PRESTON & CHIL...
  • ミステリーな森の生活thomazさんのプロフィール
てっちさん
  • 釣り
  • 8月2018年07月2018年06月2018年05月2018年04月2018年03月2017年12月2017年11月2017年10月2017年09月2017年05月最新記事釣り富士に死す*算士秘伝 「新田次郎」高校バスケ同期会>> もっと見るアクセス状況アクセス閲覧47PV訪問者34IPトータル閲覧31,931PV訪問者21,004IPログイン編集画面にログインブログの新規登録最新コメント最新フォトチャン...
  • 日々是好日てっちさんのプロフィール
はじかみ神主さん
  • 山里の栃の実(トチノミ)干し風景
  • できない気の遠くなるような作業ですが、ここまで念入りにアク抜きをしてやっと食べやすい味になるのだそうです。 で、これが栃餅(トチモチ)であります。 あの武田信玄も、滋養に効く栃餅を食べたとの記述が、新田次郎の小説『武田信玄』にあります。 労核(ろうがい=結核)を患っていた信玄は、西上途中で病に伏せますが、自領の飛騨より届いた栃餅の蜂蜜煮を食べて、みるみる回復したと伝えています。 当県側の別当出合から霊...
  • はじかみ神主のぶろぐ(毎日更新中)はじかみ神主さんのプロフィール
風紋さん
  • 【佐藤優】孤独な作家にとっての憩い
  • ミング、他人の気持ちになって考える力、科学と職人芸が融合した食品」「【佐藤優】『ゼロからわかるキリスト教』の著者インタビュー 〜「神」を論じる不可能に挑む〜」「【佐藤優】組織の非情さが骨身に沁みる 〜新田次郎『八甲田山死の彷徨』〜」「【佐藤優】プーチン政権の本質、2017年の論点、ロシアと欧州」「【佐藤優】国際人になるための教科書、ストレスが人間を強くする、日本に易姓革命はない」「【佐藤優】ロシアでも愛さ...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
こつぶさん
  • 笠ヶ岳 ? 〜夏から秋へ〜
  • は笠ヶ岳に登った時、槍ヶ岳に絶対に登りたいと思ったそうな。。それまで、槍に何度もチャレンジし失敗していたのだけれど笠からの槍ヶ岳の眺めが素晴らしく、諦めきれない気持ちが再燃した…" 槍ヶ岳 開山 新田次郎 著"には、そんなことが書いてあったように記憶しています。笠方面から見る槍は小槍を従えてとても神々しく空を突きさしています。うん、確かに惚れ惚れする…標高が上がったからか、ちょっと息が切れてきました。...
  • 山に行きたい!こつぶさんのプロフィール

新田次郎を含むブログ村メンバー

  •  
kaz_nowさん
  • 暇なときにお勧めな中古本kaz_nowさんのプロフィール
  • 通勤時間に中古本を読んでいます。「なんかいい本ないかな〜」と思ったときに参考になれば幸いです。

にほんブログ村

>

キーワード

>

新田次郎について