新田次郎

新田次郎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 桜は大気汚染のない国で人々に見守られて咲き誇る
  • '18年3月24日(土)[新田次郎] ブログ村キーワード茨城県日立市ではまもなく、映画『ある町の高い煙突』の撮影が始まる。新田次郎の同名の小説(文春文庫)が原案である。「高い煙突」とは、旧日立鉱山の「大煙突」を指す▼かつて市のシンボルだった煙突は、高さ156?、大正3(1914)年の建設当時は世界一だった。平成5年に崩落し、3分の1の高さになる。植樹されたオオシマザクラに囲まれて、現在も使われている▼小説は実話を基に・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

新田次郎を含むブログ記事

mixsさん
  • 月刊誌『山と溪谷』は、2018年8月号(7/14発売)で通巻1000号!
  • 2018年:中高年登山ブームから新時代へ[第3部]『山と溪谷』を巡る雑学集 活躍した執筆者・著名人:芦澤一洋、植村直己、瓜生卓造、串田孫一、小島烏水、近藤等、沢野ひとし、椎名誠、田中澄江、田部井淳子、新田次郎、橋本龍太郎、深田久弥、不破哲三、本多勝一、みなみらんぼう、山野井泰史、吉沢一郎/誌面で振り返る山岳写真の歴史/創業者・川崎吉蔵とは/『山と溪谷』が1000号続いた理由/広告に見る登山史/歴代編集長想...
  • mixs - ブログ - イーキャンパーmixsさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180714-4
  • 開幕式産経ニューススピーチで「フランスと日本の間には心と心で結ばれた文化の長い歴史がある。多くの方に日本文化の『粋』をご堪能いただければ」と呼びかけると、仏のニセン ... 藩主目線で幕末の激動描く 新田次郎文学賞「葵の残葉」朝日新聞名古屋市在住の作家奥山景布子さんの「葵の残葉」が第37回新田次郎文学賞に選ばれた。幕末の尾張藩主徳川慶勝(よしかつ)ら4兄弟の目から激動の時代を ... ふくしま城(しろ)フ...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
kasayanさん
  • 西日本 乾燥熱風吹き降ろしエリアに!3連休の空模様は?(180713)
  • 続く・・・ということ確かでしょう。 今のところは3連休に影響しないということだけで良しとしましょう(猛暑には間接的に影響はしていますけど)。 ※この状態でいきなり台風が発生・北上するようなことがあれば新田次郎の”聖職の碑”になってしまいますよね。そんなことはないと思いますけど。 府県週間天気予報(更新11時・17時): http://www.imocwx.com/weekd.htm 府県週間天気予報(マー...
  • 気象予報士Kasayanのお天気放談kasayanさんのプロフィール
宮内則幸さん
  • ナポレオン狂(阿刀田 高):書評「短編小説の味わいというよりミステリーかな」
  • から2篇が受賞対象だから、阿刀田氏のような受賞は珍しいかもしれない。 何しろこの短編集には13篇の短編が収録されているから、そのすべてが受賞に値するかといえば決してそんなことはない。 例えば選考委員の新田次郎氏は「作品集「ナポレオン狂」の中で、「ナポレオン狂」「来訪者」「ゴルフ事始め」「縄」の四作を勝れた作品」と選んで、選評しているが、それが正しいような気がする。 さらに新田委員は「一言半句も無駄のない、...
  • 本のブログ ほん☆たす宮内則幸さんのプロフィール
Yoshiさん
  • 今夜、宇宙の片隅で・・・
  • ったなあ!?荷物が増えます(−−; ま、仕方なし・・・外は満天の星空・・・宇宙の片隅でソロテントのランタンの灯りのもと読む本は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっぱ山岳小説!? 読んでいない新田次郎さんの孤高の人かなあ? 本についても何かいいものないか探してみたいと思います(^^) いつも応援ありがとうございます!!よろしければポチッとお願いします(^^)↓  ↓  ↓にほんブログ村...
  • アスリートな薬剤師のリトリートブログYoshiさんのプロフィール
リラさん
  • 「至上の印象派展」 於九州国立博物館
  • ば、撮影が許可されたのも、嬉しい事でした。ジャンル:ウェブログ«劇的な幕切れ |トップ |このブログの人気記事トルーマン・カポーティ 著 『ミリアム』芍薬 〜氷点〜クライネ・シャイデックの新田次郎記念碑劇的な幕切れ父の日背振山ドライブ千葉県庁(7)「レオナルド・ダ・ヴィンチ 美の理想」 展俳人杉田久女(考) 〜秀句が次々に〜 (30)俳人杉田久女(考) 〜夕顔の句〜 (31)「お出かけ」カテゴ...
  • 日々の暮らしに輝きを!リラさんのプロフィール
うさぎくんさん
  • 『八甲田山』映画鑑賞
  • 壊された場合を想定して、日本陸軍が八甲田山で雪中行軍の演習を行った。演習前からこの雪中行軍は無謀であることが想定されていたのだが。そして、参加部隊は記録的な寒波と吹雪に遭遇することになる。原作となった新田次郎の「八甲田山死の彷徨」がフィクションである部分が多いため(これはこれでとても興味深く読める小説だが)、この作品も各場面で史実と相違する場面が見られる。史実を忠実に知りたいのであれば、小笠原弧酒の著作「...
  • うさぎくんのお薦め映画ブログうさぎくんさんのプロフィール
風紋さん
wadamyさん
  • HUREC AFTERHOURS 人事コンサルタントの読書備忘録
  • に死す」 【2523】 ○ 「名探偵ポワロ(第43話)/ヒッコリー・ロードの殺人」 【2522】 ○ アガサ・クリスティ 『死との約束』/△ 「死海殺人事件」 【2521】 ○ 森谷 司郎 (原作:新田次郎) 「八甲田山」 【2520】 ◎ 滝田 洋二郎 「おくりびと」 【2519】 △ 犬童 一心 (原作:松本清張) 「ゼロの焦点」 【2518】 ○ トニー・スコット 「スパイ・ゲーム」 【2517】...
  • HUREC AFTERHOURS 人事コンサルタントの読書備忘録wadamyさんのプロフィール
風紋さん
  • 【佐藤優】内外政事情の全体像、読解術、精神科受診へのハードルを低くする努力
  • ミング、他人の気持ちになって考える力、科学と職人芸が融合した食品」「【佐藤優】『ゼロからわかるキリスト教』の著者インタビュー 〜「神」を論じる不可能に挑む〜」「【佐藤優】組織の非情さが骨身に沁みる 〜新田次郎『八甲田山死の彷徨』〜」「【佐藤優】プーチン政権の本質、2017年の論点、ロシアと欧州」「【佐藤優】国際人になるための教科書、ストレスが人間を強くする、日本に易姓革命はない」「【佐藤優】ロシアでも愛さ...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール

新田次郎を含むブログ村メンバー

  •  
kaz_nowさん
  • 暇なときにお勧めな中古本kaz_nowさんのプロフィール
  • 通勤時間に中古本を読んでいます。「なんかいい本ないかな〜」と思ったときに参考になれば幸いです。

にほんブログ村

>

キーワード

>

新田次郎について