叙事詩

叙事詩についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [叙事詩] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

叙事詩を含むブログ記事

osudameさん
  • 白夜行:東野圭吾の感想
  • 99年08月01日 白夜行悪の吹きだまりを生きてきた男。理知的な顔だちの裏に、もう一つの顔を持つ女。偽りの昼を生きた二人の人生を、“質屋殺し”を追う老刑事の執念に絡めて描く。ミステリーの枠を広げた一大叙事詩。 (「BOOK」データベースより)2002年05月25日 白夜行 (集英社文庫)19年前の大阪の質屋殺し。迷宮入りしたこの事件に関係した少年と少女が歩んだ道は…。絶望の白い光の中、魂の荒野を行く男と...
  • オスダメ!?ミステリー小説osudameさんのプロフィール
あいびーさん
  • 今、皆に選ばれている人気のバラ(予約大苗)はコレ! 2018年10月版
  • 10月17日NO2 ガブリエル予約苗 バラ苗 ガブリエル 国産大苗河本オリジナル角鉢6号 四季咲き中輪 白系 ヘブンシリーズ 河本バラ園【2019年1月下旬順次配送】イギリスの17世紀の詩人ミルトンの叙事詩「失楽園」に登場する天使たちの名を冠した一連のバラ「ヘブン・シリーズ」のひとつ。作出者の河本純子さんらしさが凝縮されたような儚く、繊細で、美しい花色と花姿をもつ人気のバラ「ガブリエル」。ややグレーを帯...
  • バラと小さなガーデンづくりあいびーさんのプロフィール
うしみつさん
  • 「日本、北欧、ギリシャ、エジプトの神話」→有名 「中国神話」→誰も知らない
  • t 一番古い神話ってなんやろ シュメール? 49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/18(木) 10:25:45.48 ID:8ILJJaK5a.net >>43 ギルガメッシュ叙事詩はシュメール起源やったな確か ギルガメシュ叙事詩『ギルガメシュ叙事詩』(ギルガメシュじょじし)は、古代メソポタミアの文学作品。実在していた可能性のある古代メソポタミアの伝説的な王ギルガメシュを巡る物語...
  • うしみつ-2ch怖い話まとめ-うしみつさんのプロフィール
麦さん
  • 祈り−ヴァジャ・プシャヴェラ作品集 その?
  • 羽目になったアルダ一家だが、道中に嘆く母や妻に対し、家長のアルダはこう言い放つ。「要らぬ口を利くな。俺について来い。進むのだ。これも神の思し召し。祠の怒りに触れるな。村を呪うな。しっかりしろ!」 この叙事詩はヘヴスレティに伝わる伝承を下敷きにしているそうだ。ある男がキスティの盗賊を追って殺したが、その堂々とした戦いぶりに感服し、その後度々キスティの魂に捧げたという、本当に在ったと思われる話に基づいている...
  • トーキング・マイノリティ麦さんのプロフィール
だめうささん
  •  愛を歌う花 (2016) 韓国
  • 歌と愛に生きた女たちの生涯を妓生が紡ぐ歌に乗せてつづる、切なくも美しい叙事詩天性の歌声と美貌を併せ持つ幼なじみの妓生が同じ歌と男を愛し、運命が狂い始めていく。「ビューティー・インサイド」のハン・ヒョジュが純情かつ挑発的なヒロインを好演。ユ・ヨンソク、チョン・ウヒら豪華キャスト...
  • Personal preferenceだめうささんのプロフィール
麦さん
  • 祈り−ヴァジャ・プシャヴェラ作品集 その?
  • 、こう始まっている。―ヴァジャ・プシャヴェラ(1861―1915)は、ジョージア(グルジア)文学を代表する詩人・作家の1人です。本書はヴァジャ・プシャヴェラの数多くの作品のなかから、代表作である3篇の叙事詩「アルダ・ケテラウリ」、「客と主人」、「蛇食う者」と、散文の短編「仔鹿の物語」、「ヤマナラシの木」、「カケスの結婚式」の日本語訳を収めました。 ヴァジャ・プシャヴェラ(Vazha-Pshavela)は...
  • トーキング・マイノリティ麦さんのプロフィール
saijoさん
  • やる夫とハルヒの故国復興奮闘録
  • ともあってその辺りは躓いた。それにしても中二な要素が強過ぎて、話もキャラもあまり好みに合わずでどうにも。合う人には合うんだろうけど、ちょっと向いてなかったみたい。やる夫まとめサイトへやる夫パクトやる夫叙事詩...
  • 最上のSS感想saijoさんのプロフィール
あっこにおまかせさん
  • 龍さんの色と光の色と
  • ですが…)だから引き続きよろしくお願いします。ねねさんの最近のブログである漫画を思い出し、その時代を知ってみたいと思ったら、色々とびっくりすることを知ってしまいました。古代メソポタミア 「ギルガメシュ叙事詩」紀元前にお香(お線香)があり、先祖の供養に使用していたなんて…とびっくりしてしまいました。ここから… ギルガメシュの懇望にまけて、ウトナシュティムは自分が神々に列せられた経緯を語って聞かせる。神々が...
  • エジソンの母あっこにおまかせさんのプロフィール
龍さんさん
  • 「タイ旅行 5 伝統舞踊他」
  • 。にほんブログ村タイ舞踊は、伝統的な古典舞踊と庶民の身近にある民族舞踊とに大別されます。もともとは宮廷用の舞踊として、スコータイ王朝やアユタヤ王朝時代から伝承されてきました。踊りは、サンスクリットの大叙事詩「ラーマヤナ」を翻訳した「ラーマキエン」の中から題材を集めたものが代表的。手や指さきの微妙な動きが踊りを一層魅力的にします!コーン・マスクという魔神の仮面をかぶり、以前は男性の踊り手だけで踊られていた...
  • 沼津あれこれ龍さんさんのプロフィール
kakinomotoさん
  • 第八章「結末への方向性は?」のまとめ@ゲーム・オブ・スローンズ
  • て進んでいくんだろう?という件に関してです。とりあえず、現時点まで私が注目している予想をまとめておきます。ドラマの結末に関する関係者の反応HBOのお偉いさんが第八章の脚本を読み、結末に関しての印象は「叙事詩的である」と述べていました。そして、出演俳優たちが脚本の読み合わせが終わった際、「涙ぐむ人もいた。そして全員が拍手をした」と。結末に関して、出演俳優はインタビューで「驚いた」「素晴らしい結末ではあるが...
  • awesome的なkakinomotoさんのプロフィール

叙事詩を含むトラコミュ

セイント・ビースト
  • セイント・ビースト
  • アニメ「セイント・ビースト〜光陰叙事詩天使譚〜」や「セイント・ビースト」に関することなら何でもOKで〜す♪
  • トラックバック数:76 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:アニメブログ

叙事詩を含むブログ村メンバー

  •  
いけ君さん
とめちゃんさん
詞健(tsuchen)さん
マイティさん
  • 栃木でお家建てたい!マイティさんのプロフィール
  • 奈良出身の関西人が栃木県で家を建てようと奮闘する一大叙事詩
備中 準さん
  • 備中の作品備中 準さんのプロフィール
  • 歌詞を中心に書いています。作曲される方は、ご連絡下さい。

にほんブログ村

>

キーワード

>

叙事詩について