オバマ政権

オバマ政権についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [オバマ政権] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

オバマ政権を含むブログ記事

にじの家さん
  • 終戦直後の日本の給食
  • は理解してるけど、  それでもやっぱりビックリだ…… ブラジル■ 忘れちゃいけない、ケチャップも野菜だぜ。 +6 アメリカ (※給食のジャンク化などによってアメリカでは肥満児が増え、   2011年にオバマ政権はヘルシーフードの導入を求めたが、   利権を持つジャンクフード企業が政治家に圧力をかけた結果、   「トマトソースたっぷりのピザは野菜」と米国内で認定された)   ■ パンの近くにあるあの赤いのはケ...
  • にじの家にじの家さんのプロフィール
中島さん
  • 【朝鮮日報/コラム】「親中」文大統領の国賓訪中を注視するトランプ政権
  • :43.81 ID:CAP_USER >>1の続き。 トランプ大統領訪韓の時、晩さん会のメニューになった「独島(日本名:竹島)エビ」を見て、「外交的無知と無礼さに驚いた」という専門家もいる。オバマ政権で韓国関連業務を担当していたある官僚は10日、「ワシントンの『コリア・ウォッチャー(Korea watcher)』たちは最近、『文在寅政権には親中・反日、そして若干の反米傾向がある』と感じている」と語...
  • おもしろ韓国ニュース速報中島さんのプロフィール
newsclip.beさん
  • 軍政下のタイ、EUが関係改善へかじ
  • との自由貿易協定(FTA)交渉の再開も検討する。 タイ外務省は12日、EU外務理事会の方針について、「心より歓迎する」と表明した。 2014年のクーデターで民主政権を倒し発足したタイ軍政に対し、米国のオバマ政権と欧州各国は、早期の民政復帰を要求し、閣僚レベルの交流を停止するなど、外交関係を引き下げた。しかし、米国のトランプ政権はタイとの関係改善にかじを切り、今年10月には軍政のプラユット首相が訪米し、トラン...
  • newsclip.be タイ発ニュース速報サイトnewsclip.beさんのプロフィール
アヒルの母さん
  • 徐々に真相に近づく トランプ ロシア疑惑
  • めに 盗聴器、 尾行などを 正当化する法律なので、トランプ大統領は ダシエーという捏造された事件によって アメリカ政府、FBIから 合法的に 尋問や 捜査が 行われることになったのです。この法によってオバマ政権下の国連大使 サマンサパワーは毎日毎日 オバマ政権がトランプ政権に移る数か月間には240名あまりの個人情報を 一般に 発表したそうです。そして この捏造されたダシエー事件で選挙前に何回かフュージョンG...
  • フロリダの驚き!ワイルド生活アヒルの母さんのプロフィール
まったりさん
  • オバマ時代に採択されて、トランプ時代に覆されたこと5つ
  • 代に採択されて、トランプ時代に覆されたこと5つ公開日:2017年12月12日by:Google アラート - 精神障害者精神疾患を持つ人が銃器を入手しないように作られた規制が、2月18日に廃止された。オバマ政権が2016年12月に制定したこの規制は、社会保障局が特定の精神障害者に関する病歴情報を銃購入者の身元確認システムに登録することを義務付けている(CNN)。2012年のサンディフック小学校銃乱射事件など...
  • 精神障害者とその家族まったりさんのプロフィール
ミッティーさん
  • 米反核兵器組織(NAPF)の会報(12月号)①
  • グラシアノ国防委員会会長は、他国も条約を批准するよう促した。「各国政府は、核軍縮に抵抗する代わりに、貧困や飢餓などもっと重要な世界的問題に取り組むべきだ」。この条約の発効には50か国の批准が必要。▼ オバマ政権は、ロシアがINF条約に違反してミサイルを製造していると、長年の調査により確認した。レーガン大統領が署名したこの米ロ二国間協定は射程距離500-5,500キロのミサイルの製造、テスト、配備を禁止する。...
  • 広島の視線ミッティーさんのプロフィール
アメリカ研究会さん
  • 元経済ヤクザが分析する「トランプ日本訪問の本当の狙い」
  • が用意しなければならない。ヤクザ組織の戦闘力とは「懲役に行ける組員を何人所属させているのか」と同意なのだが、そうした人員を支えるものこそ経済力なのだ。この意味で、緊張状態は金を生む、のである。(中略)オバマ政権下では米・サウジ関係は冷え切っていたものの、トランプ政権となり両者の関係は劇的に改善。今年5月、アメリカはサウジへの約12兆円の武器輸出と10年間で約39.2兆円の追加輸出の契約を結んだばかりだ。まさ...
  • アメリカ→官邸→マスコミの共認支配アメリカ研究会さんのプロフィール
トレーダーさん
  • トランプ政権「怒濤の規制緩和」に漂う不安
  • 然の辞任である。辞任と同時にコーデレー前局長は、正式に後任が決まるまでの局長代行に、かつて自らの首席補佐官を務めたことのあるレアンドラ・イングリッシュ氏を指名した。コーデレー前局長は、民主党のバラク・オバマ政権が指名した局長であり、規制の厳格な運用で知られる。そのコーデレー前局長が見込んだイングリッシュ氏も、同じ路線を歩むと目されていた。 これに反発したのが、規制緩和を公約としてきたトランプ政権である。トラ...
  • お金を稼ごう!!お金ザックザックトレーダーさんのプロフィール
長野市議 市川さん
団塊の世代のつぶやきさん
  • ★発覚したロシアとクリントンの不適切な関係
  • との関わりを追及する動きが高まり始めたのだ。 当初「ロシア疑惑」は共和党のトランプ政権とロシア政府機関との不正なつながりの疑いが指摘され、司法長官が特別検察官を 任命するに至った。だが今度は、民主党のオバマ政権時代に行われたとみられるロシア側の買収工作に光が当てられている。米国 のウラン資源を保有するカナダ企業をロシア政府が購入した際、米国政府が与えた許可に疑義が生じているのだ。 司法省が「新たな捜査の必要...
  • 団塊の世代のつぶやき団塊の世代のつぶやきさんのプロフィール

オバマ政権を含むトラコミュ

オバマ政権
  • オバマ政権
  • バラク・オバマ氏が2009年1月20日、米国の第44代大統領に就任。1776年の建国以来初の黒人大統領。
  • トラックバック数:281 TB参加メンバー数:49人カテゴリー:政治ブログ
在韓米軍と韓国
  • 在韓米軍と韓国
  • オバマ政権に入った、北朝鮮と対峙する在韓米軍の動向について。韓国、北朝鮮をはじめ、日本、中国、ロシアに関する動きについての関係する投稿も歓迎。
  • トラックバック数:0 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:政治ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

オバマ政権について