文机

文机についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [文机] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

文机を含むブログ記事

フェイニョオさん
  • フックをつける&キャスターをつける〜雨の日DIY2題
  • げ下げ窓が貴重です。香川県丸亀市にて(本文とは関係ありません)ニィハオ!フェイニョオです。雨の日の子守に、息子と「大工さんごっこ」(DIY)をすることに。まずはガラクタ屋さんで2000円で買っておいた文机。パソコン机にしているのですが、掃除がしにくいので、足にキャスターをつけます。天板は割れていますが、古いものだけに、蟻継ぎなんかしてあります。そしてなによりも、無垢の板の気持ちいいのが気に入ってます。...
  • 猫とせとかと時々古民家フェイニョオさんのプロフィール
めぐみさん
  • 韓流時代小説 炎の王妃〜月明かりに染まる蝶〜王妃より側妾が先に祝言を挙げるは言語道断−大妃激怒
  • 張淑媛が畏れ多くも国王殿下にねだったからこそ、嘉礼を実現の運びとなったと聞いておりますが」「何と、そうであったか。私は女狐の色香に血迷った主上が考えついた茶番だとしか考えていなかったが」 大妃は癇性に文机を指で叩いた。「世も末ではないか、楊尚宮。本来なら嘉礼は国王のつがいとなるただ一人の女人、つまりは中殿との婚儀のみであるべきで、側妾風情と嘉礼を挙げるなぞ言語道断。しかも、それを主上ではなく側妾の方が...
  • FLOWERS〜めぐみのブログ〜めぐみさんのプロフィール
めぐみさん
  • 韓流時代小説 炎の王妃〜月明かりに染まる蝶〜宮殿に帰っても、心はここに置いてゆく−再びの別離に
  • でさえ、やはり打ち明けられない心の想いはあるのだ。 午後からは荷造りをした。引っ越しをするというわけではない。ひと月前についに完成した龍袍を王宮に送り届けるためである。 今度こそ文を書こうと思い自室の文机の前に座ったものの、結局、今回は一文字も書けなかった。いざ本当に彼に手紙を書くとなると、あまりに伝えたいこと、彼への想いが溢れすぎて、かえって何も書けなくなってしまうのだ。 けれど、よくよく考えれば、...
  • FLOWERS〜めぐみのブログ〜めぐみさんのプロフィール