山岡荘八

山岡荘八についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [山岡荘八] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

山岡荘八を含むブログ記事

桜田 史弥さん
  • 20180827-9
  • 一方、現存する日本最古の歌集『万葉集』や源実朝らの雄々しく、迫りくるような調べを持つ歌を絶賛。〈歌は感情を述ぶる〉として〈実景〉〈真心〉といった言葉を連ね ... 【文豪の湯宿】「この部屋に籠城する」山岡荘八が『徳川家康』執筆を決意した宿アエラドット 朝日新聞出版文豪たちの作品に登場する温泉宿を訪ねる連載「文豪の湯宿」。今回は「山岡荘八」の「和泉屋旅館」(栃木県・塩原温泉郷福渡温泉)だ。 【露天風呂の写真...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
masimasiさん
  • 徳川家康 26 立命往生の巻
  • 【書名】徳川家康 26 立命往生の巻【著者】山岡荘八 徳川家康(26) 立命往生の巻 (山岡荘八歴史文庫) [ 山岡荘八 ] 【感想】忠輝は、死んでなかったんですね(^_^;)この26冊で堪忍の大切さを学びました! にほんブログ村にほんブログ村Fac...
  • 継続は力なり!〜副業で副収入〜masimasiさんのプロフィール
戦国未来さん
  • 原稿№101 【週刊 戦国未来】 徳川家臣・石川数正
  • 平康俊の件、水野信元の件) ・直接の原因は「終活」 ・50歳を過ぎたら「終活」。隠居後の生活、子に何を残せるか? ・陪臣(豊臣秀吉の家臣の徳川家康の家臣)か、大名(豊臣秀吉の家臣)か? ・史実と小説 山岡荘八は、インタビューで、「最も好きな戦国武将は石川数正」だと言っている。その気持ち(贔屓目)が「出奔=スパイ説」を生んだと思われる。 ・時代小説家・戦国未来の意見 時代は繰り返させる。2つの意味で。 石川...
  • 戦国未来の戦国紀行戦国未来さんのプロフィール
やだ&たまさん
  • 山岡荘八の小説太平洋戦争第3巻
  • 山岡荘八氏の小説太平洋戦争第3巻を読み終えた。著者は大本営報道班員で、代表作は徳川家康でNHK大河ドラマの原作。緒戦の勝利で占領したインドネシアの緩やかな軍政が、中央から批判されていることから始まる。別の本で...
  • レールはつづくやだ&たまさんのプロフィール
shionさん
  • NHK大河ドラマ一覧
  • 戦国時代、甲斐国で強固な家臣団と統率力で信長・家康を震撼させた武田信玄の生きざまをダイナミックに描く。1987年・第25作「独眼竜政宗」【出演】渡辺謙(伊達政宗)北大路欣也、岩下志麻、勝新太郎【原作】山岡荘八「伊達政宗」【あらすじ】奥州の暴れん坊と恐れられ、一代で仙台62万石の礎を築いた伊達政宗。その波乱の生涯を描いた戦国ドラマ。家督を相続後、急速に勢力を伸ばし、中央への進出を図る政宗だが…。1986年・...
  • 紫苑のドラマノートshionさんのプロフィール
Mandomさん
Mandomさん
Mandomさん
電書王さん
ああ 黎明はちかづけりさん
  • きょうの聖教から
  • 018-08-20 17:06:04 |日記◎今週のことば◎さあ、 座談会から歓喜踊躍のスタートだ!「我をも唱へ他をも勧」皆で明るく仲良く「今生人界の思い出」を〈名字の言〉 2018年8月20日作家・山岡荘八氏の小説『高杉晋作』の連載が本紙で始まったのは56年前の8月のこと。連載は2年続き、64年(昭和39年)12月に完結した▼『高杉晋作』の執筆当時、山岡氏は他紙で大長編の新聞連載を抱えていた。50年(同...
  • ああ 黎明はちかづけりああ 黎明はちかづけりさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

山岡荘八について