禁門の変

禁門の変についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 第437回 蛤御門と旧近衛邸〜京都御苑秋散策〜その3
  • [禁門の変] ブログ村キーワード高倉通の延長線上にある京都御苑内の建礼門前大通を北上し、京都御所南側の正門「建礼門」の前に来ました。今回はここから京都御所西側を北・・・続きを読む
  • 京の道 今日の道 ぴのぴなさんぴのぴなさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

禁門の変を含むブログ記事

JAPANなかたさん
  • 山本 覚馬 最期の言葉 (幕末の会津藩士)
  • 62年)、京都守護職に就任した藩主・松平容保に従い京に上り、黒谷本陣で西洋式軍隊の調練に当たるとともに、洋学所を主宰し、在京の諸藩士に洋学の講義を行った。元治元年(1864年)、砲兵隊を率いて参戦した禁門の変において勲功を挙げ、公用人に任ぜられる。これにより覚馬は、幕府や諸藩の名士等と交わる機会が増え、活動範囲を広げるが、不幸にも眼病を患い、ほとんど失明同然の状態になる。失明については、禁門の変での破片に...
  • 言心録JAPANなかたさんのプロフィール
JAPANなかたさん
  • 西郷 頼母 辞世の句 (会津藩の家老)
  • 2年(1862年)、幕府から京都守護職就任を要請された容保に対し、政局に巻き込まれる懸念から辞退を進言したために、容保の怒りを買う。その後も、藩の請け負った京都守護の責務に対して否定的な姿勢を覆さず、禁門の変が起きる直前に上京して藩士たちに帰国を説いている。ところが、賛同されずに帰国を強いられた。しかも、家老職まで解任された上に、蟄居させられる。この解任理由は、無断上京を咎められたからとも言うが定かではな...
  • 言心録JAPANなかたさんのプロフィール
胡蝶さん
  • そうだ着物で京都いこう 法輪寺・電電宮
  • うか?安定の裏口入門ですえぇぇーどこが正門なの???そしてここが電電宮!!!本尊航空像菩薩がの顕現する際、明星が展から降り注ぎ、その明星を『電電明神』をお祀りしてお宮「明星社」を作ったとの事。しかし、禁門の変により法輪寺が焼失、「明星社」も無くなりました。それまでの仮宮であった社殿を電気電波関係業界の発展を祈願するため、『電電宮』として新たに奉祀されたそうです。つまり、電気・電波・IT機器を守ってくださる...
  • 胡蝶の夢着物胡蝶さんのプロフィール
タイガース非公式サイトさん
  • 東部土佐見聞記その2
  • の藩校で剣術を教えていた武市半平太などと知り合って、のちの行動の基礎ができました。 「死後の弟子」と自称するほど吉田松陰先生を尊敬し、文久3(1863)年に脱藩したのちは長州に走り、久坂玄瑞などと共に禁門の変にも参陣しています。 その流れからか、相当の熱血で徐々に過激な考え方になっていったと言われています。 暗殺された当時は、血の革命のような維新を好まない龍馬と、「倒幕」から「討幕」へと武力革命を主張して...
  • タイガース非公式サイトタイガース非公式サイトさんのプロフィール
a87427さん
  • [転載]西郷(せご)どんウオーク その?
  • 布資料より) □元治元年《1864》年六月に池田屋騒動(池田屋事件)勃発。打撃を受けた長州藩は翌七月、大軍を率い釈明のため上洛するが、薩摩・会津などの幕府軍と激戦となり、多くの建物が類焼した。 □この禁門の変(蛤はまぐり御門の変)の戦いによって一時犬猿の仲となっ た薩摩・長州両藩であったが、土佐出身の坂本龍馬は、新しい日本をつくるため、力を合わせてもらわなければならぬ、と桂小五郎、西郷隆盛の間を奔走し、つ...
  • 私の原発日誌a87427さんのプロフィール
fuuranさん
  • 「おーい!室長!気になる風蘭を見せてよ!」「今日、良いかな?」
  • そこで、少しその光次ついての辞世と中岡光次について室長の説明より地元の烏ヶ森山頂付近と辞世と立札を以前のブログアップしますのでご覧になってくださいませ。慎太郎の辞世の句の碑が建てられています(長州で「禁門の変」に向かう時のもの)ところで、この「光次」は野村風蘭研究室のホームページ(http://www.fuuran.jp/)の写真館(室長の自慢の風蘭)に掲載しています。「バレンタインデーのチョコ(第1弾)...
  • 野村風蘭研究室 室長の独り言fuuranさんのプロフィール
Harryさん
  • 【近藤勇】17.非行五箇条
  • 煙が上がり、駆けつけた時には、真木和泉を筆頭に、十七名の志士達が、割腹して、火中に身を投じていた。 新選組は、大坂へ下り、長州藩兵が潜伏している可能性のある、市中の探索を続けた後、25日に帰京した。 禁門の変の翌月、永倉新八、斎藤一、原田左之助、島田魁、尾関政一郎、葛山武八郎の六名の隊士が、京都守護職の松平容保に対し、近藤勇の態度を遺憾として、非行五箇条を提出している。 非行五箇条の内容は不明である。 永...
  • 『正義』と『平和』Harryさんのプロフィール
kamabokoさん
  • 善西寺 − 関川代次郎の墓
  • 田町27−21)に関川代次郎の墓があるというので向かいました。  本名は関川代次郎克海。他に代治郎、代二郎。伊勢桑名藩士(御下横目・八石二人扶持)箱館新選組第四分隊隊士。京都所司代時代には池田屋事件、禁門の変にも出動。戊辰戦争時は藩主松平定敬の御供方の一員として各地に随行。明治元年9月、仙台で新選組に入隊。翌年5月、弁天台場で降伏。同10年、西南戦争には桑名士族約300名が応募したが、代次郎もこれに参加。...
  • 新選組&幕末 ばんざい!!kamabokoさんのプロフィール
ちゃーちゃんさん
  • 幕末ヒーロー列伝〜これが薩摩藩の底力だ!!〜
  • たら、どちらから成敗するか?」不測の事態に陥った時、どうやって対処していくのか?実践的な思考を養う伝統が、薩摩の英傑たちを生み出していきます。薩英戦争の翌年、京都で大事件が起こります。1864年7月、禁門の変です。過激な攘夷論を掲げる長州と、それを暴挙と見なす薩摩、会津の幕府連合軍が御所の前で激突しました。長州藩は、薩摩の軍事力の前に惨敗・・・御所に向かって発砲したことで、朝敵の汚名を着せられました。この...
  • 日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜ちゃーちゃんさんのプロフィール
文也さん
  • 島津久光・薩摩の国父は討幕派から新政府の抵抗勢力になった
  • した。結果的に久光たちが慶喜の意見を認める事になりましたが、両者の対立は続き参預会議は機能しなくなりました。久光は公武合体を諦め、小松帯刀や西郷隆盛に京を任せて薩摩に戻ります。久光が薩摩に戻ったあと、禁門の変、第一次長州征討、薩長同盟、第一次長州征討、徳川慶喜の将軍就任、孝明天皇の死去などが起こりました。長州の処分を巡って薩摩は徳川慶喜と対立。慶喜とは共に政治を行うことが出来ないと判断した久光は武力討幕を...
  • 大河歴史好きブログ文也さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

禁門の変について