現行制度

現行制度についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [現行制度] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

現行制度を含むブログ記事

とうりさん
  • 【2018株主優待】カゴメ
  • 現行制度(年二回)、最後の優待が届きました次回来るのは一年後。年一になるのは寂しいけれど、楽しみにしてます今はどこも下げ下げ...
  • 私と語学と株式投資ととうりさんのプロフィール
大五郎さん
  • 帰国渡航費は組合持ち 組合保管書類増 申請書類簡素化
  • 旧制度と同じと思ったら大間違い。実習生の渡航費旧制度から現行制度に移行してからは、技能実習生帰国時の渡航費は監理団体が負担します。かつては「帰国の際の渡航費は監理団体が担保すること」でしたので、企業負担にしたり監理団体負担にしたり融通が効きました。現在うちの組合は...
  • 外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!大五郎さんのプロフィール
大五郎さん
  • 全ての職種が3号に以降できるわけではない
  • 験合格者であれば戻ってこれますしね。居室のスペースは一人4.5平方メートルこれをきちんと守っていない企業が多いっ!旧制度では寝室、厨房等全面積÷人数で3畳(4.5平方メートル)あればよかったのですが、現行制度では面積を算出する際、居室以外のスペースを含めてはならず、押入れ等のスペースを除いて3畳ないといけません。外国人技能実習生の部屋割りについて 個室が一番!というわけで、企業さんには無理を言って部屋替え...
  • 外国人実習生受け入れを赤裸々にっ!大五郎さんのプロフィール
taxMLメンバーさん
  • 相続法改正で省令案 金融機関ごとの上限額は150万円
  • 平成30年10月8日 第3334号  法務省が相続関係の改正民法で新たに創設される「相続された預貯金債権の仮払い制度」における、金融機関ごとの上限額を150万円とする省令案をパブコメに付している。  現行制度は、平成28年最高裁判決により、預貯金債権が遺産分割の対象財産とされたことで、共同相続人による単独での払い戻しができないことになっている。  そのため、生活費や葬儀費用の支払い等で相続人が不便を被るこ...
  • taxML税法実務情報taxMLメンバーさんのプロフィール
税理士 河津牧子さん
  • 償却資産税の改正が早期に決まってほしい
  • 価の方法に関する調査研究を行い、国、地方公共団体等の諸施策の推進に資することを目的とする団体で、総ての地方公共団体が会員となっています。公表された報告書によると賦課期日の1月1日はそのまま申告期限は?現行制度(1月31日)と?法人の申告期限とさせる新方式(ただし新方式は電子申告のみ)との選択制との方向性が示されています。電子申告という条件はついていますが、法人の場合には電子申告の利用もだいぶ広まっています...
  • 猫のいる税理士事務所 河津牧子のブログ税理士 河津牧子さんのプロフィール
yumede-ai  『夢逢人』さん
  • 相続民法大改正、夫を亡くした妻は居住権が確保され、妻にとっては何よりの朗報、と私は思い深めて・・。
  • 大きなポイントの1つが、「配偶者の権利の拡充」だ。妻と子が相続人となるケースでは、民法で定められた法定相続分に従うと、遺産は配偶者に2分の1、残り2分の1が、子供たちの人数によって配分される。しかし、現行制度下では、法定相続分通りに遺産分割しようとすると、妻が自宅を処分せざるを得なくなるケースが、少なからずあった。夫を失ったばかりの高齢の妻が、長年住み慣れた家からの引っ越しを余儀なくされるのは、肉体的にも...
  • 夢逢人かりそめ草紙yumede-ai  『夢逢人』さんのプロフィール
ハギノカムイオーさん
  • 【雑記】一口馬主考 (番外編?)補足「収支プラス」の目的
  • プラス」はそれで生計を立てるような大幅なプラスを目的とするのではなく、あくまでも持続可能的に一口を楽しめるようなもの、損失を最小限に押さえ、あわよくば一口会計内でのプラスを目指す出資フォームでした。 現行制度では、組織全体としては営利を目指すのではない団体が、収益を求める事業である「収益事業」を運営することは認められています。非営利団体である国や地方自治体の公営ギャンブルが典型ですし、宗教法人や社会福祉法...
  • 出資馬・共有馬カルテハギノカムイオーさんのプロフィール
定年のんびりさん
  • 年金の繰り下げ。損得、メリット、デメリットについて。
  • 繰り下げによる特徴やメリットは、難しいです。(^-^ゞ自分自身の家族関係・現在の財産状況・使うお金の予定額などを個別に当てはめて検討する必要があるのでしょうね。―――――――――――――――――――<現行制度>現在の制度では、年金は65歳から受取ることが原則とされています。年金の受給開始する年齢は、原則65歳です。でも、本人が希望すれば、開始する年齢を60歳〜70歳の範囲で選ぶことができます。・65歳より...
  • 定年のんびり定年のんびりさんのプロフィール
タツヤさん
cpafukudomeさん
  • ミス修正の事務負担軽減のため、連結納税の対象となる各社が個別に税務申告書をつくる案が浮上
  • 度の見直しにより、「人員が限られ、十分な調査ができない」(国税庁関係者)という現状の改善につながる。 上記以外には、連結納税における企業のM&A(合併・買収)の増加に対応する見直しなどは課題であり、現行制度では、新たに買収した会社を連結納税の対象に加えようとすると、その会社の資産の含み益に応じた税金を事前に払う必要が生じが、せっかく買収した企業の価値が目減りしかねず、課税の繰り延べなどが検討課題である。...
  • 日米公認会計士日米税理士国家公務員1種経済職合格記cpafukudomeさんのプロフィール

現行制度を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 小学校英語必修の件レス: 0/40(188件)教育ブログ
  • ただでさえ一人でいろいろな教科を受け持って大変な思いをされているところに英語まで一人で受け持つような現行制度では、これ以上の負担を強いることはできないと思います。英語教師の確保ができれば可能だと思いますが、そ...

にほんブログ村

>

キーワード

>

現行制度について