中公文庫

中公文庫についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [中公文庫] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

中公文庫を含むブログ記事

libsaitamaさん
秀春さん
  • 「方法序説」デカルト 中公文庫
  • ブログをはじめる(無料)ログインHideのおすすめ本とエッセイと絵と詩等のブログおすすめ本やエッセイ、絵、自作詩などを載せていきたいと思っています。「方法序説」デカルト 中公文庫2018/01/18 17:41おすすめ本哲学科学フランスデカルト近代科学の祖、デカルトの代表作です。デカルトはパスカルと同時代人で面識もありますが、両者はまるで違った人物です。パスカルはカトリックの...
  • Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩等のブログ秀春さんのプロフィール
neico*さん
book-mystery-master-813さん
  • 今、何を読んでいる?
  • 合間に読んでいます。夕食後、手元にある小説の続きを読んでいこうと思います。 PS  2月新刊文庫(予告)  限界点(上・下)  ジェフリー・ディーヴァー著    文春文庫               中公文庫から内藤了の新作(題名未定)文庫が出版予定。...
  • 歴史に名を残さない男book-mystery-master-813さんのプロフィール
Guinness好きさん
劇団NACさん
  • 演出家、そして作家への歩み
  • 事を書くときも、あるかも知れませんけれど、練習ではなく、本番が 始まります。そんな昨日、編集長から、是非、読むようにと、勧められた本が あります。チャイコフスキー・コンクール―ピアニストが聴く現代 (中公文庫)Amazon中村紘子 著ピアニストの中村紘子さんが書いた本です。第20回大宅荘-ノンフィクション賞受賞ピアニストでありながら、作家である女性。編集長から、励まされました。モチロン、さっそく、今日...
  • 劇団NAC劇団NACさんのプロフィール
蓮さん
  • どこから読んでも読める文章
  • に読むものである。》  《我々が本を読むのはどうもかうして息を整へる為にであるといふ気がする。》  以上、わかったようでわからないことも含めて気に入った言葉を抜書きしてみた。『わが人生処方』吉田健一/中公文庫2017年6月25日初版発行この記事に>芸術と人文>文学>ノンフィクション、エッセイ吉本隆明が語った江藤淳コメント(0)絵文字×オリジナルSoftBank1SoftBank2SoftBan...
  • 中国語翻訳者日誌蓮さんのプロフィール
読書家Aさん
  • 色褪せない人生と食事のエッセイ「食味風々録」を読んだ。
  • 本食味風々録 (中公文庫)まえがきちょっと前、といっても今年の1月12日の出来事なので3日前なのですが『書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」』の運営さんから、「本が好き」で書評を投稿しませんか?と勧誘を受けました。正...
  • 読書家のPC生活読書家Aさんのプロフィール
むぎちょこさん
  • 「平成細雪」第2話あらすじ&感想:マグロで空回りする松尾スズキが面白い
  • に惹かれたのかが疑問だわー。啓坊が神戸ポートアイランドで歌う「やっぱ好きやねん」。 「好っきゃねーん」の音程が明らかに違ってて、気になってしゃーなかった。 わざとオンチに歌ったんだろうか^^;細雪 (中公文庫)posted withヨメレバ谷崎 潤一郎 中央公論新社 1983-01-10Amazonで探す楽天ブックスで探す7netで探す▼ロケ地についてはこちらで書いています(第2話分更新しました)「平成細...
  • いつでもドラマな毎日むぎちょこさんのプロフィール
devonshireさん
  • ご存知ですか? 1月15日は「わらわし隊」が中国に向け出発した日です
  • からだ。朝日の社員たちは、合唱を止めようと、持参の社旗を激しく横に振ったものの、わらわし隊の一行はそれを激励の意味にとったらしい(早坂隆『戦時演芸慰問団 「わらわし隊」の記録 芸人たちが見た日中戦争』中公文庫)。 わらわし隊は危険な第一線にも赴きながら各地で歓迎された。その後、中支班は2月13日、北支班は16日に帰国し、19日からは全国で凱旋公演も行なわれる。わらわし隊はその後も1938年11月には第2回...
  • 自由空間2007devonshireさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

中公文庫について