遺贈

遺贈についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 『タウンニュース』(港北区版)記事掲載のご紹介(H24.10.4)
  • [遺贈] ブログ村キーワード本日(平成24年10月4日),当職事務所の記事が『タウンニュース』(港北区版)に掲載されました。10/11(木)・24(水) 地元行政書士無料で法務相談 予約不要 日吉で 地域に密着し,厚い信頼を得る『行政書士・海事代理士加賀雅典法務事務所』が,10月11日(木),24日(水)に予約不要の「無料法務相談会」を行う。会場は,日吉本町東町会会館(日吉駅・中央通り直進5分)。両日とも,13時半から16時半。・・・続きを読む
  • blog 行政書士・海事代理士事務所の舞台裏 行政書士・海事代理士加賀雅典法務事務所さん行政書士・海事代理士加賀雅典法務事務所さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

遺贈を含むブログ記事

まーくんさん
  • 譲渡所得における非課税所得2018年9月3級学科
  • 規定する農林債の譲渡による所得です。(4)国又は地方公共団体に対して財産を寄附した場合や、公益を目的とする事業を行う法人に対する財産の寄附で国税庁長官の承認を受けた場合の所得法人に対して財産を贈与又は遺贈(以下「寄附」といいます。)した場合には、時価で財産の譲渡があったものとして譲渡所得が課税されますが、国や地方公共団体に対して財産を寄附した場合や、公益を目的とする事業を行う法人に対する財産の寄附で国...
  • まーくんのFP無料相談&FP試験問題解説まーくんさんのプロフィール
kt01mkさん
  • 3級学科201809問56
  • 問56: 死因贈与により受贈者が取得した財産正解: 1死因贈与により受贈者が取得した財産については、遺贈に関する規定を準用する(民法第554条)ので、課税の対象とならない財産を除き、相続税の課税対象となる。よって、正解は 1 となる。 | 3級学科の出題傾向(201809) | 問57 >>関連問題...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール
中小企業のホームドクターさん
  • 最近よく取り上げられる家族信託について〜その理由と具体例を中心にして
  • 契約書の規定になってしまうから、なんでも細かく規定を作れば良いというものでもない。  また、改正によって、色々な新たなシステムが導入された。たとえば、今まで、どの制度、たとえば遺言ではできなかった後継遺贈型連続信託。財産の承継を直系血族に限るといった仕組み。この仕組みで配偶者の一族には財産がいかないようにすることができる。それはたとえば、実家や不動産が空き家にならないための資産の有効活用を図るシステム...
  • 中年税理士独立開業奮闘記中小企業のホームドクターさんのプロフィール
おびちゃんさん
  • 無効な遺言書でも実現させることが出来る?!?
  • 、遺言書通りに遺産分割を進めることが出来たのです。どういうことかといいますと、死因贈与とは、“私が死んだらこの財産をあげる”といったような、人の死を条件に、ある人に財産を渡すといった契約を指し、相続や遺贈とは異なり、“贈与者があげます・受贈者がもらいます”と互いに意思を示した上で、相続によって効力が生じることになります。死因贈与は特に決まった形式が定められていないので、口約束であっても問題ないのですが...
  • 世界一わかりやすい?!相続知識配信BLOGおびちゃんさんのプロフィール
mocha0328さん
  • ペットに財産を残す3つの方法  遺言書に書いても無効 
  • が、別の方法があります。・ペットの世話をしてくれることを条件に、世話をしてくれる人に財産を残す。・その財産でペットの世話をしてください。というものです。具体的には、次の3通りの方法があります。?負担付遺贈?負担付死因贈与契約?ペットへの信託「負担付贈与とは?」「負担付遺贈」とは、財産を残すので、代わりに、ペットの世話を見てください、という内容を遺言書に書く方法です。ただし、「負担付遺贈」のデメリットは...
  • 投資・起業・副業・節約・法務を研究するブログmocha0328さんのプロフィール
中小企業のホームドクターさん
  • 人生色々。終活以前に、信託を考えてみませんか!?〜やり方には創意工夫が必要です!
  • とがよくとりあげられます。財産の承継や自分の望んだお葬式、病気になる以前どこで暮らしたいとかいうこと等、考えるようになっているようです。私からするとそれ以前の話しが重要だと思えて仕方がないのです。  遺贈や贈与や信託。これらは相続と並んで財産承継という点では類似の役割を果たします。異なる点は生前にできるものか、そうでないか、ということになります。生前からできるものが、あるいは効力が生ずるものが、信託と...
  • 中年税理士独立開業奮闘記中小企業のホームドクターさんのプロフィール
澤田直哉さん
  • 飼い主が死亡したらペットはどうなるの?遺言書で託すペットの幸せ
  • 。法律上、ペットは「物」として扱われるからです。ということは、考え方としては、遺言者にとっては「ペットも財産」なのです。つまり、遺言書では、お金や不動産を〇〇さんに遺すのと同様に、ペットも相続させる(遺贈する)人を指定しておくことが重要です。「遺言者は、長男の澤田直哉に、愛猫(くるみ)を相続させる」という感じでしょうか。ペットの所有権を移すという発想です。負担付き遺贈を検討する飼い主にとってペットは、...
  • さわだ行政書士事務所のブログ澤田直哉さんのプロフィール
ろうごーさん
  • 【相続税の障害者控除の計算方法】控除の仕組みを分かりやすく解説
  • 本を知る!】相続税が発生する条件はこれ! 障害者控除の条件障害者控除は障害者であれば誰でも受けられるわけではなく、以下の条件を全て満たしている必要があります。国税庁の障害者の税額控除では(1) 相続や遺贈で財産を取得した時に日本国内に住所がある人(2) 相続や遺贈で財産を取得した時に障害者である人(3) 相続や遺贈で財産を取得した人が法定相続人(相続の放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした...
  • 老後のあれこれブログろうごーさんのプロフィール
panchan1014さん
  • 【エクセルで】相続税法第18条(相続税額の加算)
  • "第18条(相続税額の加算)               H30.10.10現在" 1 相続又は遺贈により財産を取得した者が当該相続又は遺贈に係る被相続人の一親等の血族※1及び配偶者以外の者である場合においては、その者に係る相続税額は、前条の規定にかかわらず、同条の規定により算出した金額にその百分の...
  • 税法勝手に解釈panchan1014さんのプロフィール
panchan1014さん
  • 相続税法第15条(遺産に係る基礎控除)
  • 第15条(遺産に係る基礎控除) 1 相続税の総額を計算する場合においては、同一の被相続人から相続又は遺贈により財産を取得した全ての者に係る相続税の課税価格※1の合計額から、三千万円と六百万円に当該被相続人の相続人の数を乗じて算出した金額との合計額※2を控除する。 ※1 第十九条の規定の適用がある...
  • 税法勝手に解釈panchan1014さんのプロフィール

遺贈を含むブログ村メンバー

  •  
浅野実税理士事務所さん