鐘楼

鐘楼についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [鐘楼] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

鐘楼を含むブログ記事

hasyan の 旅の散歩道さん
  • 花の寺 如意寺の紫陽花 2018.06.22
  • の地にあります。 境内に隣接する一万株の<ミツバツツジ>自生林の散策道“花のトンネル”は、一帯をピンク色に染めて見事ですが、残念ながら咲いていません。今は、紫陽花が咲いているようです。 少し高台にある鐘楼、如意寺だけが海沿いにある寺で美しい久美浜の海が見えます。 ミツバツツジの見頃は過ぎましたが、「回遊散策道」を歩いてみました。 紫陽花の字のごとく本当のムラサキの紫陽花が? 咲いています。 ガクアジサ...
  • hasyan の 旅の散歩道hasyan の 旅の散歩道さんのプロフィール
MR.コールマンの挑戦日記さん
  • ぶら散歩〜柴又帝釈天
  • じます参道の先には、「柴又帝釈天題経寺」の二天門に到着し、二天門は、入母屋造りで創建120年の唐破風の素晴らしい楼門で、増長天と広目天が安置されています。二天門の左手には、四手先の舛組と木彫を施した大鐘楼が見られ、昭和の名鐘と言われているようです帝釈天のご本尊を祀る帝釈堂では、樹齢450年の大きく枝を伸ばした「瑞龍の松」との素晴らしい景観となっており、「瑞龍の松」は、東西南北に長く枝を延ばし龍が這うよ...
  • MR.コールマンの挑戦日記MR.コールマンの挑戦日記さんのプロフィール
横丁大家さん
鶴間正二郎さん
  • ?海老名?有鹿神社の御朱印とTwitterで話題の「パンダ宮司」
  • もいい神社であり、最近では「パンダ宮司」がTwitterで取り上げられて話題になっています。有鹿神社の由緒有鹿神社の御朱印御朱印所御朱印Twitterで話題になった「パンダ宮司」有鹿神社の境内一の鳥居鐘楼拝殿本殿境内社三社様有鹿天神社有鹿神社の由緒有鹿は、古代語の水の意味であり、相模川支流の鳩川沿いに形成された地域を有鹿郷といいますが、この地域に豊かな恵みをもたらす豊かな泉は水神として人々の信仰の対象...
  • 酒と車と御朱印と鶴間正二郎さんのプロフィール
いとこいさんさん
  • 西国33ヶ所巡礼 観音正寺に行ってきました
  • スです。タクシーを降りてから 山道をしばらく歩きます。道にはところどころ お地蔵さんがあります。途中の山道で 見かけました旗が見えてきて 近いように思います。こちらにもおじぞうさんが到着しました 早速鐘楼が見えます山門がなく 仁王像がお出迎えです優しい言葉がうれしいです。境内はアジサイが満開です正面には本堂がありますいたるところに 仏像がります本堂には 本尊千手千眼観世音菩薩坐像がお祀りされています本...
  • いとはんのセカンドライフいとこいさんさんのプロフィール
城新聞さん
  • 第653号荒隈城
  • である忠氏の意見を入れて亀田山を選地し、以後城郭として使用されることはありませんでした。現在は、遺構はなく、縄張りの西側は住宅地となっていますが、東側には1638年に建てられた天倫寺があります。また、鐘楼にある梵鐘は朝鮮鐘で国の重要文化財となっています。ここからの眺望は、宍道湖十景や松江八景にあげられています。訪城したときは朝方でしたが、炎天下で、景色を眺めるより、日陰をひたすら探してました。【近隣の...
  • 城新聞城新聞さんのプロフィール
tabikichiさん
  • 【アマルフィ旅行記】1:憧れのアマルフィ海岸。最も効率的な交通手段と、過去の栄光がまばゆいリゾート
  • らライトアップされるのかな。?港と海岸海の方に出てみました。ビーチです。4月はまだ少し寒いです。埠頭の先の方まで行って、振り返ったところ。見事に山と崖に囲まれた地形です。マヨルカ焼きのタイルで覆われた鐘楼。大聖堂のファサードのモザイク部分は、張りぼて式だった。海が透明。リゾートで人気になるのもわかります。?アマルフィで買い物大聖堂広場を中心に、お土産屋がたくさんあるのですが、港のすぐ近くにアマルフィ紙...
  • 超個人的☆ヨーロッパ旅行のHow Totabikichiさんのプロフィール
さく。さん
  • あじさいが咲き誇る名所「雨引観音」。
  • が現れます。朱塗りの建物で細かい彫刻も見事!こちらで参拝する事が出来ます。中央に銅鑼・両端に鈴があり、どちらも参拝者が鳴らす事が出来ますのでお好きな方を!本堂すぐ横には多宝塔があります。石段の途中には鐘楼堂がありました。ゴーン、ゴーンと鐘をつく音が聞こえてきます。こちらも見事な造形ですね!上る事は出来ませんが、鐘の音がとっても綺麗に響きますので耳を傾けてみて下さい。孔雀やアヒルの姿も! 実は雨引観音で...
  • my favorite things!さく。さんのプロフィール
じゅみーcocoさん
  • あおによし東大寺5 鐘楼の丘 前篇
  • 天平時代の梵鐘 奈良太郎 2018-5-19参拝 2018-6-22東大寺だけを7時間かけて巡る旅です。本日のコース東大寺 南大門→大仏殿→鐘楼の丘エリア→手向山八幡宮→法華堂(三月堂)エリア→二月堂エリア→正倉院エリア→戒壇堂エリア→氷室神社鐘楼と梵鐘、ともに国宝です。とくに梵鐘は天平時代の創建当時からの物とされ、「奈良太郎」と呼ばれていま...
  • ちはやふる 神代の国よりじゅみーcocoさんのプロフィール
kawamoteraさん
  • 箟峯寺(箟岳観音)
  • 坂上田村麻呂がこの地に堂宇を創建したといわれています。(後略) (涌谷町ホームページより)箟峯寺の仁王門です。仁王像にしては珍しい優しい顔立ちから「微笑み仁王」と言われているそうです。箟峯寺本堂です。鐘楼です。箟峯寺の御朱印です。箟岳山頂から大崎平野を望む。この記事に>Yahoo!サービス>Yahoo!ブログ>練習用涌谷城跡と涌谷神社コメント(2)立派な仁王像です!御朱印が増えましたね!早や、週末の金...
  • 四季の風景kawamoteraさんのプロフィール

鐘楼を含むトラコミュ

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
  • サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
  • サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(サンタ・マリア・デル・フィオーレだいせいどう、伊:Cattedrale di Santa Maria del Fiore)は、イタリアのフィレンツェにある...
  • トラックバック数:3 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:哲学・思想ブログ

鐘楼を含むブログ村メンバー

  •  
西鳴波斯さん
  • 眠り猫は笑わない西鳴波斯さんのプロフィール
  • ブログ小説を書かせてもらってます西鳴波斯のブログです。