カラマーゾフの兄弟

カラマーゾフの兄弟についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [カラマーゾフの兄弟] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

カラマーゾフの兄弟を含むブログ記事

progressing pilgrimさん
  • 裁判
  •  『レ・ミゼラブル』に裁判の場面が出てきました。 これまでも、例えば、『カラマーゾフの兄弟』で裁判の場面を読んだりしてきました。ほかのことについて描くときでも同じなのでしょうが、法廷でのやり取りをいい加減に描くわけにはいかないでしょうから、筆者の力量がよく現れそうな気がします。にほんブログ...
  • 世界文学全集への挑戦、2年目に突入progressing pilgrimさんのプロフィール
くうさん
とにかく書いておかないとさん
  • 夏ドラマと朝ドラ
  • しい>> もっと見るカテゴリーどう思いますか(42)ニュース(7)映画評(14)スポーツ(35)ライブ・コンサート(9)著作権(9)現代文の参考書(24)折々のことば(15)音楽(7)パラグラフ(6)カラマーゾフの兄弟(3)騎士団長殺し(9)1年前シリーズ(11)高校国語改革(29)モンテディオ山形(12)国語(81)社会(140)書評(52)劇評(47)教育(29)落語評(9)政治(57)お題(27)TV(64)...
  • とにかく書いておかないととにかく書いておかないとさんのプロフィール
パンセ(みたいなものを目指して)さん
  • 判断基準は「それは子どもたちにとって良いことか?」
  • りきれない思いを持つ(今回は幸運にもそんなことはなかったが)世の中には理不尽なことでもなにか意味がある、、とする考え方に、少なくとも子どもに関してはそうではないと、圧倒的な迫力で否定の意見を述べたのがカラマーゾフの兄弟のイワン、有名な大審問官の少し前の章だ小さな女の子に何の罪があって、そんな悲惨な思い(確か親《領主?》の虐待だった、、ような記憶)をさせなければならないか後付の大人の理屈なんて、、子どもたちの苦しさに...
  • パンセ(みたいなものを目指して)パンセ(みたいなものを目指して)さんのプロフィール
二郎さん
  • 哲学者の自伝『エリック・ホッファー自伝 構想された真実』の感想
  • いて書いてある部分は面白い。不思議に思ったのが、どうやらホッファーはドストエフスキーの作品の中で、一番『白痴』を熱心に読んでいたらしいということだ。何で『白痴』なんだ? 大抵ドストエフスキーといえば『カラマーゾフの兄弟』か『罪と罰』、もしくは『悪霊』だけど、『白痴』を一番読んだって何か凄く面白いな。まぁ私はどれもそこまでピンと来ないんですけどね。強いて言えば『悪霊』が一番面白かったかな、ぐらいでね。それはともかく、...
  • 犀の角二郎さんのプロフィール
kuriさん
  • 自由研究
  • 書感想文も書いた事があります。やはり中学校時代の長男の部活が忙しかったので、仕方がないとやったのです。昔読んで印象に残っていた作品を選んだのですが、再度読み直すのが大変でした。最初はドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟にも向かったのですが、長くて挫折しました。そもそもあんなの小中学生が読むか(笑)。結局、有島武郎の生まれいずる悩みにしましたが、子供の目線で書くのが面倒でした。生まれいずる悩みと、藤村の破戒はいまだに...
  • ダイワCo.社長のひとりごとkuriさんのプロフィール
名言メモさん
とにかく書いておかないとさん
  • 「羅生門」シリーズ? 「批評する〈語り手〉」(田中実)
  • ム)>> もっと見るカテゴリーどう思いますか(42)ニュース(7)映画評(14)スポーツ(35)ライブ・コンサート(9)著作権(9)現代文の参考書(24)折々のことば(15)音楽(7)パラグラフ(6)カラマーゾフの兄弟(3)騎士団長殺し(9)1年前シリーズ(11)高校国語改革(29)モンテディオ山形(12)国語(81)社会(138)書評(52)劇評(47)教育(29)落語評(9)政治(57)お題(27)TV(63)...
  • とにかく書いておかないととにかく書いておかないとさんのプロフィール
竜さん
  • ゴッド・ファザー「愛のテーマ」
  • が、ボクシング山根会長の携帯の呼び出し音がこの曲で、1日に何回もニュースで流れる。今、この曲が流れると山根会長の顔が浮かぶ。これは最悪。ゴッド・ファザーはマフィアの世界の話で残念。ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」が原案だそうだ。昔見たけど悲しく、切ない愛のテーマの曲だけが記憶に残る。...
  • 絵手紙・ぼやき竜さんのプロフィール
駅弁祭りさん
  • ジミー・ペイジについて
  • ギタリストとしてのジミー・ペイジに惹かれる。 『自明性の喪失』は、また本棚にしまってしまった。精神病理学の本を読むことは、いまの自分にとってはそんなに治療的ではないような気がした。それよりも、やはり『カラマーゾフの兄弟』をもう一度読み直したり、エックハルトとか読んだほうが充実感が得られるんじゃないかと思った。とりあえず、いまパソコンの横にエックハルト、クザーヌス、トマス・ア・ケンピス、『カラマーゾフの兄弟』とか置い...
  • 駅弁祭りの読書、音楽、食べ物日記駅弁祭りさんのプロフィール

カラマーゾフの兄弟を含むブログ村メンバー

  •  
mirさん

カラマーゾフの兄弟を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

カラマーゾフの兄弟について