琉球王朝

琉球王朝についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [琉球王朝] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

琉球王朝を含むブログ記事

Ritsukoさん
  • 沖縄旅2018 備忘録?
  • あり! ※ぬちまーすの工場にカーナビをセットすると変な場所に誘導されるのでみんな何もない場所で立ち往生してた(笑) 果報バンタ側からぬちまーす工場を見ると↓ この宮城島は琉球王朝時代には思想犯の流刑地でした 思想犯の流刑地・・・琉球王朝時代にここに生まれていたら私も流されていたのかな・・・ ユタさんたちも害されてきた歴史があるいわゆる’’視える’’とか’’聞こえる...
  • 札幌のアーユルヴェーダサロン ≪Cand-ra≫Ritsukoさんのプロフィール
鮎と戯れて・・・魚族に感謝さん
  • 劇はいいですね、
  • ては沖縄のとるべき道はただひとつ、”独立”です。沖縄の日本国からの独立を目指すことが一番いい方法ではないですか。 もちろんすんなりといくことはないでしょう。とてつもなく大変なことでしょうが、もともとは琉球王朝があり、薩摩藩による侵略があってのことですから、歴史的には正当性が主張できるのではないでしょうか。その上で全方位外交をし、観光立国を目指していく。夢物語でしょうか。(沖縄の未来に栄光あれ!)  きょう...
  • 鮎と戯れて・・・魚族に感謝鮎と戯れて・・・魚族に感謝さんのプロフィール
琉球易学鑑定士 悦那(エナ)さん
  • 家の14神をご紹介します☆?屋敷の四角の神
  • 神とともに本当の自分へあなたの夢&人生を応援します!5つの祈願で沖縄の神とつなぐえなです 今回から6回シリーズでもっとも身近な琉球の神様、家庭にいる14の神と、それぞれの役割をご紹介します 遙か琉球王朝の古代から琉球では家庭の繁栄を神々に祈ってきました。 それが日常の生活であり、神々はいつも傍にいて、私たちを護ってくれる大切な存在でした。第1回目の今日は、家、屋敷を護っている神様から。 ?屋敷の四角...
  • *埼玉・東京・沖縄* 〜琉球の神々とまじゅん〜琉球易学鑑定士 悦那(エナ)さんのプロフィール
セラピストAKOさん
  • 沖縄・久高島ツアー? 久高殿・外間殿・ウッチ小
  • ている外間殿(ふかまどぅん・ウフグイ)も島の祭祀場所です。女性の性器が木の根であらわされている祈りの場所 ↓↓↓子孫繁栄を願ったのだと思います。そして、もう一つの祭祀場所久高殿(ウドンミャー)ここに、琉球王朝時代には国王や聞得大君が久高に来たの時の御殿があったそうです。久高島の案内人のおじさんの声が聞こえてきました。ミャーとはお庭という意味だそう12年に一度(午年)に30歳から41歳の女性が神になる儀式・...
  • 日本マインドフルネス・セラピスト協会セラピストAKOさんのプロフィール
万楼さん
  • 岡本太郎『沖縄文化論』を読む
  • 望するんだろうなあ・・・と思いながら読みました。ただ、本書で語られている物事が、全て消滅してしまったわけではなく、沖縄の古層としてしっかり残っている部分があるように思えます。面白かったのは、岡本太郎が琉球王朝の文化をあまり評価していない点です。結局、外国、特に中国の模倣色が強く、独自性に薄いのみならず、生命の根源、太郎の言葉に沿うと「生きるよろこび」が溢れて出ていないということなんですね。岡本太郎という人...
  • 沖縄移住で人生リセット!万楼さんのプロフィール
kazさん
  • 伊是名島その4
  • ます。公園のほぼ中央に建立された銅像は、沖縄を代表する版画家、名嘉睦稔さん作の「金丸像」。金丸とは若き日の尚円王の名で、農民の家柄から琉球の国王にまで登りつめた伊是名島のヒーローです。北(ニシ)の松金琉球王朝第一尚氏7代目尚徳の後を受け、明治12年の琉球処分まで19代 410年も続いた第二尚氏の始祖、尚円は伊是名島諸見の百姓の出で、若い頃の愛称を北(ニシ)の松金と呼んでいた。松金が耕作している水田は毎年よ...
  • 沖縄探訪 ウォーキング見〜つけたkazさんのプロフィール
ポチ太郎さん
  • 沖縄陶器のふるさと「壺屋やちむん通り」
  • 好な環境だったからです。壺屋うふシーサー シーサーはライオンをモデルとする架空の動物で、その発祥は、古代オリエントやインドだと言われています。長い歳月をかけシルクロードを旅し、ここ沖縄には15世紀頃、琉球王朝の大交易時代に中国から伝わったと言われています。今では、赤瓦の屋根や門柱などにその勇姿を見ることができ、福を招き、邪を払う、家々の護り神として、広く沖縄県民に親しまれています。壺屋の新しいシンボルであ...
  • 黒しばわんこの気まま人生ポチ太郎さんのプロフィール
琉球易学鑑定士 悦那(エナ)さん
  • 琉球易学?神事って何?
  • 護神とともに本当の自分へあなたの夢&人生を応援します!5つの祈願で沖縄の神とつなぐえなです 琉球の神々があなたの人生をサポートします〜 琉球は昔から神の島と言われ、15世紀から19世紀の琉球王朝時代にはノロ (神職の女性) を中心に神事が盛んにおこなわれていました。 神と人々が一体となり、政治や祭りを行っていた琉球王朝時代は国は豊かで人々も助け合い生きていました。 しかし、薩摩侵攻により...
  • *埼玉・東京・沖縄* 〜琉球の神々とまじゅん〜琉球易学鑑定士 悦那(エナ)さんのプロフィール
nocoさん
  • まもなく那覇→泡盛物色
  • さぁこの橋越えたらまもなく那覇〜港には中国からの豪華客船が停泊している大型スーパーに寄り、泡盛を物色自宅にいつも買って帰る琉球王朝古酒もちろん今回も購入でも今晩飲むのは違うやつのちほど公開するね...
  • OLだって毎月旅したい!nocoさんのプロフィール
鈴さん
  • 真玉の祈り
  • 王国だった時代は貿易が盛んで、富山の昆布と琉球の漢方薬の物流があったり、諸外国との繁栄の時代がある事を広めたい」と仰っる言葉が心に残りました…確か私達は、沖縄と言えば戦争の悲惨なイメージがあり、本来の琉球王朝時代の繁栄などの情報は知らない…そして「セジ」という祈りの事も興味深く拝聴しました。惣士郎さんの「色」の話には、すすり泣く声が彼方此方からしてきました…赤外線から紫外線の話から…人は赤ちゃんという「赤...
  • ひとやすみ鈴さんのプロフィール

琉球王朝を含むブログ村メンバー

  •  
ちゅらしっくさん
沖縄ひろしさん
ツムラ組さん
seikoさん
沖縄かりゆしさん
  • の〜んびり暮らそっと!沖縄かりゆしさんのプロフィール
  • 「心と身体」が癒される空間で、ロハス&医食同源生活を探求し始めました。

にほんブログ村

>

キーワード

>

琉球王朝について