神経伝達物質

神経伝達物質についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [神経伝達物質] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

神経伝達物質を含むブログ記事

Diet adviser ショウさん
  • 神経伝達物質2の2〜アドレナリンとの共通点・相違点〜
  • こんにちは!メンタルダイエット革命家土崎翔です。【自己紹介はこちらから】?土崎 翔のプロフィール三大神経伝達物質の1つノルアドレナリンの説明。今回は2回目になります。【前回までの投稿】〜ドーパミン〜●その? 効果・効能●その? 不足すると?●その? 増やすためには?●その?の1 過剰に出てしまうと?●その?の2...
  • ESOLA 〜「食」に感動し、「食」に感謝する〜Diet adviser ショウさんのプロフィール
メンタルヘルスケアさん
  • うつ病と季節性
  • つ病の特徴として、過眠が挙げられます。寒くて朝が起きられない。冬はもちろんそんな時もありますが、いつもより寝すぎるというのも特徴です。大きく関わってくるのが、日照時間です。人は太陽の光を浴びることで、神経伝達物質の生成が促進されます。これは、言わば元気の素。神経伝達物質が脳から出てこないと元気すら出てきません。この生成に光が大きく影響します。冬は特に日照時間が短くなります。元気の素を増やすには、積極的に太陽に...
  • 日本メンタルヘルスケアサポート協会メンタルヘルスケアさんのプロフィール
日向さん
  • 情と理
  • るしかできなくなっているのに。だから情という言葉だったのか。理でねじ伏せるしか考えてなかった私には、その時理解する術がなかった。大人になるって嫌ですね。一生気付かなければ良かったのに。感情って、脳内の神経伝達物質が見せているだけのもののはずなのに。コントロールが効かない。妊娠中のせいだと思いたい。蓋があいて、いいこともあったんです。運転ができるようになった。ハンドルを握っても呆然として何も思い出せなかったのに...
  • おかえりアスペルガー日向さんのプロフィール
ゆういちさん
  • 認知症薬は治療ではなく抑制するのが目的
  • の登場はそれまで薬物での治療が期待できないと思われていた認知症に対する見方を大きく変えました。アリセプトというのは製品名で、一般名はドネペジル塩酸塩と言いますが、この物質にはアセチルコリンという脳内の神経伝達物質を補完する働きがあり、アセチルコリンの減少に伴う認知機能の低下を抑制する効果があるのです。自宅で半ば軟禁状態におかれていた認知症患者も、この薬が使えるようになったことで、家族に付き添われて医師の下を訪...
  • 認知症の母を介護することになりましたゆういちさんのプロフィール
Diet adviser ショウさん
  • 神経伝達物質1の6〜ドーパミンの強化サイクル〜
  • でのダイエットの概念を改めて自分の存在価値を証明し【心】【体】【食】の3つを整え幸せになるためにダイエットをするという新しいダイエット概念を提案しています。ブログトップ記事一覧画像一覧« 神経伝達物質2−1・・・神経伝達物質1の5・・・ »神経伝達物質1の6〜ドーパミンの強化サイクル〜2018-02-17 21:00:00NEW !テーマ:神経伝達物質(ドーパミン)こんばんは!メンタル...
  • ESOLA 〜「食」に感動し、「食」に感謝する〜Diet adviser ショウさんのプロフィール
自然食くんさん
  • 2月17日のツイート
  • いですか。それほどものすごい数なんです。 ##kenkoposted at 14:30:2412時間前sengoku-san@sizenshoku_news【微量栄養素】亜鉛に対して銅が過剰になると、神経伝達物質のドーパミンが機能亢進する結果、神経が興奮しやすくなり、子供の場合は多動症(ハイパーアクティビティ)、大人の場合は分裂症などの精神障害を招きやすくなります。 ##kenkoposted at 14:0...
  • 健康日記自然食くんさんのプロフィール
Diet adviser ショウさん
  • 神経伝達物質1の5〜ドーパミンと睡眠〜
  • こんにちは!メンタルダイエット革命家土崎翔です。【自己紹介はこちらから】?土崎 翔のプロフィール三大神経伝達物質の1つ【ドーパミン】についての説明今回は5回目の投稿です。【前回までの投稿】●その? 効果・効能●その? 不足すると?●その? 増やすためには?●その?の1 過剰に出てしまうと?●その?の2 過剰に出...
  • ESOLA 〜「食」に感動し、「食」に感謝する〜Diet adviser ショウさんのプロフィール
健康と食材推進会さん
  • ピーナッツ〜レスベラトロール含有の茶色い薄皮に抗酸化作用がある〜
  • 、ビタミンB群やビタミンE、また、糖の代謝を助け、皮膚や粘膜の健康維持を助ける「ビオチン」も豊富です。ビタミンB群の中の「コリン」と「レシチン」は、記憶力や認知力の保持に関わる「アセチルコリン」という神経伝達物質の生成材料になり、ピーナッツを食べることにより、記憶力アップや学習能力アップ、アルツハイマー病の予防などが期待できます。ポリフェノールの一種である「レスベラトロール」を多く含む茶色い薄皮には、強い抗酸...
  • shokuzaipedia健康と食材推進会さんのプロフィール
自然療法薬膳士Okinoriさん
  • 睡眠薬を止めるための、乳酸菌の注意点とは?
  • タミンBも取れますし、脂質も少な目です。更に、余裕がある人は、自分で漬物をつけるのをおススメします。 漬物は、日本が生んだ素晴らしい発酵食品で、腸ケアには、ピッタリです。腸ケアする事で、 幸せを感じる神経伝達物質、セロトニンが出やすくなります。これが、眠りに付きやすくしますから、 腸ケアは、非常に大事です。 腸ケアについて、質問など、ありましたら、 お気楽に、こちらをクリックしてください。 本日も、私のブログ...
  • 体質を改善して、睡眠薬を止める方法自然療法薬膳士Okinoriさんのプロフィール
心理カウンセラー 中坂 裕計さん
  • 薬が失敗した本当の理由 ストレス  
  • が失敗した本当の理由 ストレス さて、なぜうつが治せる薬がないのか 効かないのは私だけでしょうか 治るなら 患者は減るのに薬が増えている日本は世界の逆の現実。 うつは、脳の機能の中で、脳内ホルモン (神経伝達物質)が分泌されにくくなるバッテリー切れの状態です。気持ちをなんとか すぐにしてほしいと思うのですが 急がばまわれです。 特に、不安などを減少させる作用の 「セロトニン」、集中力や積極性などを 高めたり、...
  • カウンセリングルーム佐世保心理カウンセラー 中坂 裕計さんのプロフィール

神経伝達物質を含むトラコミュ

「精神病は心の病ではない」プロジェクト
  • 「精神病は心の病ではない」プロジェクト
  • 精神病について、「心の病」、「心が弱い」、果ては「怠けである」というのが残念ながら世間の一般的な理解であると思います。また、精神病の捉え方について、患者の立場か...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:メンタルヘルスブログ

神経伝達物質を含むブログ村メンバー

  •  
ipadpodphonemacさん
*空*さん
  • *空色の日々**空*さんのプロフィール
  • 極軽症うつです。フリーランスに戻りました。かなり元気になったけど「晴れ時々天気雨」な毎日です。
  • あれから3年。
Dopamineさん

神経伝達物質を含むアンケート&掲示板

  •  
  • うつ病治療に薬は必要か?レス: 0/24(29件)メンタルヘルスブログ
  • え方や捉え方の偏りが減る程度でうつ病との相互関係は薄いと思っています。うつ病に関しては脳内の神経伝達物質の減少が原因なので完全に脳代謝の障害です。薬物療法が覿面です。
  • 鬱、心の病についてレス: 0/10(17件)メンタルヘルスブログ
  • 心のかぜ」という表現が「うつ病は誰でもかかる病気なんだよ」ということを浸透させた反面、うつ病は脳内の神経伝達物質の分泌不足も関わっている脳の病気でもあるという面を薄めてしまっていたり、「かぜと同じならすぐになおる...

にほんブログ村

>

キーワード

>

神経伝達物質について