神経伝達物質

神経伝達物質についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [神経伝達物質] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

神経伝達物質を含むブログ記事

川相ルミさん
  • 依存症を克服する方法
  • が】 他に夢中になることができた 熱意を向ける何か・目的ができた ※脳の報酬系のホルモン(快感を覚える)ドーパミンがドバドバでる対象が他にできた ということ。 依存症は、その行為を行う時に放出される 神経伝達物質ドーパミンによって感じる 「快感」の記憶によって起こるのですが ドーパミン自体が悪もんということではなく 本来は生きる喜び、意欲、やる気、向上心等 を与え、行動の原動力になるのですがその「快楽を感じる...
  • 運を最大限に引き出す8つの法則 川相ルミ川相ルミさんのプロフィール
アルハカさん
  • ネトリン1、ADNPを増やす(アルツハイマー病 36の発症因子)
  • ia.org/wiki/下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチド(PACAP)?PACAPは、当初ADNPを活性化させるペプチドホルモンとして発見されたが、その後の研究で、神経栄養因子、神経保護、神経伝達物質、免疫調節剤及び血管拡張剤として作用するなど、多彩な生理学的作用に関わることがわかってきた。www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3157688/PACAPは、神経...
  • アルツハッカー 若年性アルツハイマーブログアルハカさんのプロフィール
LGBTさん
  • ADHDがお風呂に入らないのは?
  • HDの人がお風呂に入れないのは、お風呂が嫌いだからではありません。「入らないといけないと分かっているけど実行に移せない」のです。ADHDの脳は行動を切り替えるのがとても苦手です。行動の切り替えは脳内の神経伝達物質ドーパミンの役割です。ADHDはドーパミンの働きが弱いのです。テレビを見ていたり、スマホをいじっていたりと何か楽しいことをはじめてしまうと、行動を切り上げて「入浴」という次の行動に移ることができなくな...
  • 岡山LGBT虹の会LGBTさんのプロフィール
右脳x左脳派ホメオパス 成瀬麻記子さん
  • サプリなどの栄養素を取りすぎることの危険性【Dr.Amy Yaskoプロトコルセミナー レポ】
  • るのが難しい疾患のため、ここに通じる方法はすべてに通じる手法になり得ます。 メチレーションに問題がおきると、以下のような問題が起きます。 糖尿病心臓血管系疾患甲状腺機能不全神経学的炎症慢性ウイルス感染神経伝達物質バランス異常アテローム性動脈硬化症癌加齢神経管欠損アルツハイマー病自閉症 ... このプロトコルでは緻密に調べられた体内での酵素や栄養素の関わりからこれらにアプローチしていきます。 栄養学とい...
  • ホメオパシーでママとこどもの心身の健康サポート♪右脳x左脳派ホメオパス 成瀬麻記子さんのプロフィール
LGBTさん
  • パーソナリティー障害
  • は、まだ十分に明らかになっていません。しかし現在急ピッチで解明が進められていて、生物学的特性や発達期の苦難の体験が関連していることがわかっています。たとえば、衝動的な行動パターンは中枢神経系を制御する神経伝達物質であるセロトニンが作用している神経系の機能低下によるものだと考えられています。また、養育者が身近にいられなかったなどの養育環境が不十分だったことや、養育期につらい体験をしたことなどが、発症と関連してい...
  • 岡山LGBT虹の会LGBTさんのプロフィール
LGBTさん
  • 注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬解説
  • 動的で落ち着きがないなどの症状を改善する薬 ADHDはドパミンやノルアドレナリンなどの脳内伝達物質の不足などによっておこるとされる本剤は脳内のドパミンあるいはノルアドレナリンの働きを強めたり、これらの神経伝達物質のシグナル伝達を改善する作用をあらわし、その作用の仕組みは薬剤によって異なる成長期の小児などは特に食欲減退の副作用に注意する 。ADHD(注意欠陥・多動性障害)は脳内の神経伝達物質であるドパミンやノル...
  • 岡山LGBT虹の会LGBTさんのプロフィール
しまこさん
  • 幸せとは何か?幸せになるホルモンの秘密
  • を作っていきたいですね。3.科学的に考えると幸せってなんなのかいろいろ精神論みたいなことを書いてきましたが、そもそも科学的には幸せってどういう状態なの?という疑問にぶつかります。人が感情を感じるのは、神経伝達物質と呼ばれるホルモンが放出されているから。この放出されるホルモンの種類によって、人は嬉しい、悲しい、幸せなどの感情を抱きます。そのうち、幸せに関係が深いものの一つとして、「セロトニン」が挙げられます。安...
  • ナマケモノしまこの日々しまこさんのプロフィール
エンジェルさん
  • にこちゃんアロマのカークリップ 
  • 的な匂いが苦手な人も多いですね。この日来た友人もファブリーズの香りが苦手だったのですが、そんな人には天然の精油を使ったアロマがとってもおすすめ。実際に精油を嗅ぐことでセロトニン・ドーパミンといった脳内神経伝達物質が分泌することがわかっているそうです。喜びや悲しみといった喜怒哀楽の感情は脳が支配しているので、脳に刺激を与えて心を癒したり、ホルモンの分泌を促したりすることが知られています。ストレスに強くなるために...
  • simpleslowなペイントライフエンジェルさんのプロフィール
miyuyu20さん
  • 土に触れる週末
  • たり、発熱時のほてり熱がこもりやすい方の熱を冷ますのに役立ちます。そのほか、骨や歯を丈夫にしたり、生活習慣病を予防する働きもありますよ。土のなかには数多くのバクテリアがいて。ある種のバクテリアには脳内神経伝達物質の1つであるセロトニンを増やす働きがあるんですセロトニンは人にやる気を起こさせると同時に不安な気持ちを抑制する働きがあることで知られていて土に触れたりしてこのバクテリアを吸いこむことによりセロトニンを...
  • 良縁koi   〜ある占い師の日記miyuyu20さんのプロフィール
たまさん
  • 【ブレイン・フーズで老化防止とダイエット! ニューヨークトップ皮膚科おススメ食品】
  • 30品目の中で代表的なものは、それぞれ枝豆(大豆製品)、卵、いわしと鮭です。 どれも良質なタンパク質。肌の再生にもダイエットにも良質なタンパク質は欠かせません。 チロシンは非必須アミノ酸で、 神経伝達物質、やる気のホルモン「ドーパミン」と、意欲・怒りのホルモン「ノルアドレナリン」の原料です。 この2つのホルモンのバランスが崩れると、抑うつになったり、過食や拒食を招くこともありダイエットを成功する上で...
  • たまの簡単ダイエットたまさんのプロフィール

神経伝達物質を含むトラコミュ

「精神病は心の病ではない」プロジェクト
  • 「精神病は心の病ではない」プロジェクト
  • 精神病について、「心の病」、「心が弱い」、果ては「怠けである」というのが残念ながら世間の一般的な理解であると思います。また、精神病の捉え方について、患者の立場か...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:メンタルヘルスブログ

神経伝達物質を含むブログ村メンバー

  •  
ipadpodphonemacさん
*空*さん
  • *空色の日々**空*さんのプロフィール
  • 極軽症うつです。フリーランスに戻りました。かなり元気になったけど「晴れ時々天気雨」な毎日です。
  • I’m home!
Dopamineさん

神経伝達物質を含むアンケート&掲示板

  •  
  • うつ病治療に薬は必要か?レス: 0/24(29件)メンタルヘルスブログ
  • え方や捉え方の偏りが減る程度でうつ病との相互関係は薄いと思っています。うつ病に関しては脳内の神経伝達物質の減少が原因なので完全に脳代謝の障害です。薬物療法が覿面です。
  • 鬱、心の病についてレス: 0/10(17件)メンタルヘルスブログ
  • 心のかぜ」という表現が「うつ病は誰でもかかる病気なんだよ」ということを浸透させた反面、うつ病は脳内の神経伝達物質の分泌不足も関わっている脳の病気でもあるという面を薄めてしまっていたり、「かぜと同じならすぐになおる...

にほんブログ村

>

キーワード

>

神経伝達物質について