神経伝達物質

神経伝達物質についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [神経伝達物質] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

神経伝達物質を含むブログ記事

kanaさん
  • 不眠、不安
  • きたい時に用いられます。よくチョコレートに入っている「GABA(ギャバ)」という名前を聞いた事がある方も多いと思いますが、このGABAとは、「γ-アミノ酪酸」のことで、このγ-アミノ酪酸は神経を静める神経伝達物質で、脳に微量存在しています。バレリアンは、このγ-アミノ酪酸に作用するので、神経の興奮を抑える効果があるのです。又、香りがとても強く、なかなか臭いのですが、この香りが心身をリラックスさせてくれます。な...
  • カナノキkanaさんのプロフィール
不眠症の解消方法!自宅でできる対策〜薬に頼る前に〜さん
pari88さん
  • 多くが悩む「ふるえ」って何? 症状や治療法を専門医解説
  • 安静時のふるえ」「その他」に大きく分類される。 「姿勢・運動時のふるえで代表的なのが、本態性振戦、甲状腺機能亢進症、アルコール依存症、ぜんそくや精神科の治療薬によるふるえなどです。安静時のふるえでは、神経伝達物質の異常などによるパーキンソン病が挙げられます」 ■病名を知るだけで症状が軽減する人も 榊原教授の経験上、ふるえを訴えて受診する患者のほとんどが本態性振戦とパーキンソン病で、その割合はだいたい8対2。本...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
YOCOCOさん
  • 【オンラインでセロトニン活性エクササイズを。脳から元気になろう。のCMを作ってみた。
  • 。セロトニン道場でまた買ってしまった本たち。タイに持って帰れるかなぁ。セロトニン道場の代表、脳科学者でDr.の有田先生はセロトニン研究の第一人者。世界でも珍しいMr.セロトニンで、幸せをもたらす脳内の神経伝達物質、セロトニン・オキシトシンに関する本をたくさん出してます。先生から、この本を買ってくださいと言われたことは一度も無い。セロトニン道場で教えてくださる先生方は、世界で活躍されていたり、カラダ・健康に関す...
  • バンコクでNo1のウォーキング講師になる!YOCOCOさんのプロフィール
まるふくさん
  • ノルアドレナリン神経の多様性を発見
  • を恐怖条件づけ学習といいます。その後、音のみを繰り返し提示すると、音に対するすくみ反応は徐々に減少してきます。これを消去学習といいます。これら二つの学習には、脳幹にある青斑核という脳領域から分泌される神経伝達物質のノルアドレナリンが重要であることが分かっています。また、これまでの定説では、青斑核ノルアドレナリン神経の神経細胞群は全て均一で、脳の各領域に一様に分布し、音などに対して一様の反応をするというものでし...
  • 糖鎖ブログまるふくさんのプロフィール
kitamu39さん
  • 5-HTPそのリラックス作用から、大人気&リピーター続出のサプリメント!
  • 、自分でも散々ネットや友人の情報などを統合した結果、セロトニンを生成するには、5-HTPが一番だと思ったからです。[IrwinNaturals]ダブルポテンシー・5-HTPエクストラセロトニンは、三大神経伝達物質の一つで、心の安定や心の安らぎなどに関与し、幸せホルモンとも呼ばれる物質です。不足すると、うつ病や不眠症などを発症するといわれています。そして、5-HTPは、そのセロトニンの原料になるといわれて、アフ...
  • 体と心の悩みは今この瞬間に解決!kitamu39さんのプロフィール
トザフジ1204さん
  • お酒を飲む機会が増えるこの時期に!
  • うブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります読者になる記事はありませんこの時期の広告チラ・・・画像つき記事強いオピオイド系鎮痛… おととい受容体から離れられる 2017-12-02受容体と神経伝達物質… 2017-11-30今日から3日間、便秘… 2017-11-29もっと見る記事はありません次の記事この時期の広告チラ・・・ブログトップ記事一覧画像一覧プロフィールf1030da性別:男性全体ブログ...
  • 楽しむブログトザフジ1204さんのプロフィール
心理カウンセラー 中坂 裕計さん
  • 本当の弱さと思わせるワナ ストレス
  • 格の方でも ストレスの多い現代社会ではうつ病にかかる方はいらっしゃいます。 自分はかからないと思う人が以外とかかっています。 ですから、性格が弱い人が必ずしもうつになるとは言えないです。 うつ病は脳内神経伝達物質の働きが低下する(脳の疲労)ために生じる病気なので うつ病を克服するには脳内神経伝達物質のバランスの乱れを調整するための 抗うつ薬の服用、十分な休養、規則正しい生活、ご家族、職場の病気に対する 理解な...
  • カウンセリングルーム佐世保心理カウンセラー 中坂 裕計さんのプロフィール
けいじさん
  • 孤独感からのうつ病を克服する方法
  • 。こんな理由から更年期をむかえると孤独感を感じることがあります。うつ病の克服には定期的に太陽の光も浴びて!うつ病の場合に限ったことではないですが、マイナス思考な状態が心の中でいっぱいになっている時は、神経伝達物質のセロトニンを増やすことが大切になってきます。セロトニンを増やすとどうなるかと言うと、神経が興奮しているの鎮めてくれて、気持ちを落ち着けることができます。セロトニンを増やす方法のひとつとして誰でも簡単...
  • うつ病改善コーチが教える栄養でうつを改善する方法けいじさんのプロフィール
ホリスティックスタジオ・リケアさん
  • ?未来が不安定で不安なときは
  • ├介護施設・デイケア・ショートステイ ( 1 )◆占星術 ( 8 )◆体質・気質 ( 4 )├ヒポクラテスの体液論 ( 1 )├シュタイナーの気質論 ( 1 )├クレッチマーの気質論 ( 2 )◆脳内神経伝達物質/セロトニン 他 ( 2 )├タッピングタッチ ( 2 )◆ボランティア ( 18 )◆おすすめ本 ( 23 )◆スピリチュアル ( 14 )◆フラワーエッセンス ( 7 )◆植物/花 ( 4 )◆詩...
  • 根津・足裏分析リフレ&メディカルアロマ&ヒプノホリスティックスタジオ・リケアさんのプロフィール

神経伝達物質を含むトラコミュ

「精神病は心の病ではない」プロジェクト
  • 「精神病は心の病ではない」プロジェクト
  • 精神病について、「心の病」、「心が弱い」、果ては「怠けである」というのが残念ながら世間の一般的な理解であると思います。また、精神病の捉え方について、患者の立場か...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:メンタルヘルスブログ

神経伝達物質を含むブログ村メンバー

  •  
ipadpodphonemacさん
*空*さん
  • *空色の日々**空*さんのプロフィール
  • 極軽症うつです。フリーランスに戻りました。かなり元気になったけど「晴れ時々天気雨」な毎日です。
  • あれから3年。
Dopamineさん

神経伝達物質を含むアンケート&掲示板

  •  
  • うつ病治療に薬は必要か?レス: 0/24(29件)メンタルヘルスブログ
  • え方や捉え方の偏りが減る程度でうつ病との相互関係は薄いと思っています。うつ病に関しては脳内の神経伝達物質の減少が原因なので完全に脳代謝の障害です。薬物療法が覿面です。
  • 鬱、心の病についてレス: 0/10(17件)メンタルヘルスブログ
  • 心のかぜ」という表現が「うつ病は誰でもかかる病気なんだよ」ということを浸透させた反面、うつ病は脳内の神経伝達物質の分泌不足も関わっている脳の病気でもあるという面を薄めてしまっていたり、「かぜと同じならすぐになおる...

にほんブログ村

>

キーワード

>

神経伝達物質について