吉本隆明

吉本隆明についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [吉本隆明] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

吉本隆明を含むブログ記事

ゆうわファミリーカウンセリング新潟さん
  • 日下紀子『不在の臨床−心理療法における孤独とかなしみ』(2017、創元社)を読んで−「待つ」ことの意味(再録)
  • 番組に出てくるランキングってなに?じーじ怒る!−どさんこじーじのひとりごとフロイト(藤山直樹編・監訳)『フロイト技法論集』(2014, 岩崎学術出版社)を再読して−フロイトを正確な日本語で読む(再録)吉本隆明・北山修『こころから言葉へ』(1993、弘文堂)を再読して−ばななさんのお父さんと北山修さんの対談フロイト(高橋義孝・下坂幸三訳)『精神分析入門』上・下(1977, 新潮文庫)を再読して−フロイトを丁...
  • ゆうわファミリーカウンセリング新潟ゆうわファミリーカウンセリング新潟さんのプロフィール
NOBORU CutUpさん
  • 6月28日(木)のつぶやき その2
  • のは、アジアの極東地区の辺境国家に見られる「生き神様信仰」の一つなんです。「生き神様信仰」はチベット、ネパール、東南アジア、オセアニアなどにも見られます。 『私の「戦争論」』 p.tl/n8nE ― 吉本隆明bot (@T_Yoshimoto)2018年6月28日 - 10:061974年4月ポル・ポトによって破壊されたカンボジア中央銀行。 #カンボジア #共産主義 pic.twitter.com/K2d...
  • NOBORU CutUpNOBORU CutUpさんのプロフィール
ゆうわファミリーカウンセリング新潟さん
  • 北山修監修・高野晶編著『週一回サイコセラピー序説−精神分析からの贈り物』(2017、創元社)を読んで(再録)
  • 番組に出てくるランキングってなに?じーじ怒る!−どさんこじーじのひとりごとフロイト(藤山直樹編・監訳)『フロイト技法論集』(2014, 岩崎学術出版社)を再読して−フロイトを正確な日本語で読む(再録)吉本隆明・北山修『こころから言葉へ』(1993、弘文堂)を再読して−ばななさんのお父さんと北山修さんの対談フロイト(高橋義孝・下坂幸三訳)『精神分析入門』上・下(1977, 新潮文庫)を再読して−フロイトを丁...
  • ゆうわファミリーカウンセリング新潟ゆうわファミリーカウンセリング新潟さんのプロフィール
ゆうわファミリーカウンセリング新潟さん
tsucchiniさん
  • 『どんなことが起こってもこれだけは本当だ、ということ』加藤典洋
  • でもいえばいいだろうか。ある大きな出来事に直面して、価値観のことごとくが剥ぎ取られて心細いおもいをしているとき、これだけはまちがいない、これだけは動くことがない、とおもわれる感情がある。これを、まずは吉本隆明を通じて描いていく。吉本隆明は、その私的な感情を「文学的発想」と呼ぶ。『戦後的思考』でもくわしく分析されていたが、吉本隆明には、終戦をさかいにした転向経験がある。素朴な軍国青年だった吉本隆明は、敗戦を...
  • すっぴんマスターtsucchiniさんのプロフィール
ゆうわファミリーカウンセリング新潟さん
  • 伊藤良子『心理治療と転移−発話者としての<私>の生成の場』(2001、誠信書房)を再読して
  • てください。数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。コメントを投稿する「臨床心理学に学ぶ」カテゴリの最新記事伊藤良子『心理治療と転移−発話者としての<私>の生成の場』(2001、誠信書房)...吉本隆明・北山修『こころから言葉へ』(1993、弘文堂)を再読して−ばななさんの...きたやまおさむ・よしもとばなな『幻滅と別れ話だけで終わらないライフストーリー...河合隼雄・吉本ばなな『なるほどの対話』(...
  • ゆうわファミリーカウンセリング新潟ゆうわファミリーカウンセリング新潟さんのプロフィール
ゆうわファミリーカウンセリング新潟さん
  • 北海道東川町にいるカラスくんは人間の拍手が苦手なようです(?)−どさんこじーじの2017北海道の旅(再録)
  • 番組に出てくるランキングってなに?じーじ怒る!−どさんこじーじのひとりごとフロイト(藤山直樹編・監訳)『フロイト技法論集』(2014, 岩崎学術出版社)を再読して−フロイトを正確な日本語で読む(再録)吉本隆明・北山修『こころから言葉へ』(1993、弘文堂)を再読して−ばななさんのお父さんと北山修さんの対談フロイト(高橋義孝・下坂幸三訳)『精神分析入門』上・下(1977, 新潮文庫)を再読して−フロイトを丁...
  • ゆうわファミリーカウンセリング新潟ゆうわファミリーカウンセリング新潟さんのプロフィール
本当の、カール・バルトへ、イエス・キリストの教会へさん
  • K・バルト『教会教義学 神論?/2 六章 ?の現実(上)』「三十節 神的愛の完全性 二神のあわれみと義」(その5−2)
  • 包括的な原理的な誤謬は犯していないと考えます。したがって、そうした論述の積み重ねの中で、その内容についての表現の仕方の練り直しと的確化だけでなく、その内容の深化と豊富化が為されていると考えます。また、吉本隆明に関しても、まだ補充すべき点はいろいろあるとしても根本的包括的な原理的な誤謬は犯していないと考えます)・(最後に、indemについてだけは、2017年3月12日以降、吉永正義訳の「……する間に」をすべ...
  • 本当の、カール・バルトへ、イエス・キリストの教会へ本当の、カール・バルトへ、イエス・キリストの教会へさんのプロフィール
ゆうわファミリーカウンセリング新潟さん
乃木坂46と「なんのために生きるのか」さん
  • 君の名は希望?〜絶対的価値観の崩壊
  • できるかもしれない。しかし、アイドルがキリスト教的価値観の代替となる、という主張は、どこかとぼけている。いや、ねとぼけている。すでに別の文脈で提示したが、濱野智史 著「前田敦子はキリストを超えた」は、吉本隆明の「マチウ書試論」などを援用して、AKBはある種の宗教だと述べているが、かりにそうだとしても、AKB信仰においては、主体は消失しており、盲目的な信仰といわざるをえない。具体的な価値観がないまま、ファン...
  • 乃木坂46と「なんのために生きるのか」〜アイドル文乃木坂46と「なんのために生きるのか」さんのプロフィール

吉本隆明を含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ
猫の本、猫の映画、猫雑誌〜ネコが好き〜
  • 猫の本、猫の映画、猫雑誌〜ネコが好き〜
  • 登場人物はネコ。主役でなくても脇役でもいいよ。小説家や作家は何故か猫が好き?(大佛次郎〜吉本隆明〜立花隆等々)猫好きな人や猫萌えな人、よっといで。映画や本、雑誌...
  • トラックバック数:34 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:猫ブログ
吉本隆明!
  • 吉本隆明!
  • 思想家〜吉本隆明さんコミュ!現代思想をえぐってください!
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:哲学・思想ブログ

吉本隆明を含むブログ村メンバー

  •  
山の峠さん
KOJIさん
TOKIOさん
tramondo3さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

吉本隆明について