関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦いについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [関ヶ原の戦い] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

関ヶ原の戦いを含むブログ記事

名言メモさん
  • 戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである
  • 高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。秀吉の死後に台頭した徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利して天下を掌握し、豊臣家は凋落。慶長19年(1614年)から同20年(1615年)の大坂の陣で豊臣家は江戸幕府に滅ぼされた。墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
*村ちゃんの古城跡散策  *尾張の城跡を訪ねる!さん
  • *村ちゃんの歴史ぶらり旅!     *尾張地方の名所古写真集!     *稲沢市編!
  • !*名古屋城・本丸御殿完成!*名...*村ちゃんの歴史ぶらり旅!*稲沢あじさい祭り(性海寺境内)!...*村ちゃんの歴史ぶらり旅!*御裳(みも)神社(あじさい祭り)!...*村ちゃんの歴史ぶらり旅!*関ヶ原の戦い!(西軍・石田三成X東軍・...記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« *村ちゃんの歴史ぶらり旅!...gooブログ お知らせgooブログ公式スマホアプリみんなが...
  • *村ちゃんの古城跡散策 *尾張の城跡を訪ねる!*村ちゃんの古城跡散策  *尾張の城跡を訪ねる!さんのプロフィール
tadaohさん
名言メモさん
  • 主従や友達の間が不和になるのは、わがままが原因だ
  • 高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。秀吉の死後に台頭した徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利して天下を掌握し、豊臣家は凋落。慶長19年(1614年)から同20年(1615年)の大坂の陣で豊臣家は江戸幕府に滅ぼされた。墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
名言メモさん
  • 側に置いておそろしい奴は、遠くに飛ばす
  • 高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。秀吉の死後に台頭した徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利して天下を掌握し、豊臣家は凋落。慶長19年(1614年)から同20年(1615年)の大坂の陣で豊臣家は江戸幕府に滅ぼされた。墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
名言メモさん
  • 金を貯め込むのは、良き士を牢に押し込むに等しい。
  • 高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。秀吉の死後に台頭した徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利して天下を掌握し、豊臣家は凋落。慶長19年(1614年)から同20年(1615年)の大坂の陣で豊臣家は江戸幕府に滅ぼされた。墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
葵 北風さん
  • 街道紀行 3 東海道 小夜の中山
  • (1335年9月7日)に小夜中山合戦を行ない、今川頼国により名越邦時が討ち取られ、頼国の手による邦時の墓、とされる鎧塚が今も残り、戦国時代にもしばしば合戦場となっています。また、1600年 慶長3年 関ヶ原の戦いとなる要因となった会津の上杉討伐のために、京都から江戸へ下向する徳川家康がこの峠を通った際、領主で掛川城主の山内一豊が家康を道中の久遠寺境内に茶室を作って饗応して関係を深め、一豊は戦後、小山評定での家...
  • 日本歴史紀行葵 北風さんのプロフィール
名言メモさん
  • この黄金の輝きも 茶の一服に勝るものかな
  • 高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。秀吉の死後に台頭した徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利して天下を掌握し、豊臣家は凋落。慶長19年(1614年)から同20年(1615年)の大坂の陣で豊臣家は江戸幕府に滅ぼされた。墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
群馬の鶴子さん
  • 桐生のおしゃれが詰まってる USUI AKIKO gallery
  • 前からUSUI AKIKOタイツファンのあたくしとしてはもぉ、待ちに待ったブランドショップ”桐生は日本の機どころ”って 上毛かるたの札にもあるとおり 桐生の織物、桐生織は歴史の教科書にも載っているあの関ヶ原の戦いでも「白絹の旗」として用いられたというほどとにかく歴史のある織物 そんなルーツに誇りをもっていらっしゃるうすいあきこさんこだわりのショップが2018年7月にオープン 画像の暖簾もちろん桐生織角度によ...
  • 群馬専門 鶴をかぶった販売員 群馬の鶴子ブログ群馬の鶴子さんのプロフィール
名言メモさん
  • 主人は無理を言うなる者と知れ
  • 高制などの全国に及ぶ多くの政策で国内の統合を進めた。理由は諸説あるが明の征服を決意して朝鮮に出兵した文禄・慶長の役の最中に、嗣子の秀頼を徳川家康ら五大老に託して病没した。秀吉の死後に台頭した徳川家康が関ヶ原の戦いで勝利して天下を掌握し、豊臣家は凋落。慶長19年(1614年)から同20年(1615年)の大坂の陣で豊臣家は江戸幕府に滅ぼされた。墨俣の一夜城、金ヶ崎の退き口、高松城の水攻め、中国大返し、石垣山一夜城...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール

関ヶ原の戦いを含むトラコミュ

直江兼続
  • 直江兼続
  • 越後・長尾(上杉)氏下士の出。その才を認められ上杉景勝の近習となった。絶えた直江氏を継ぐ。豊臣秀吉に降った上杉氏が会津120万石に封じられると、陪臣としては破格の...
  • トラックバック数:564 TB参加メンバー数:45人カテゴリー:歴史ブログ
関ヶ原の戦い
  • 関ヶ原の戦い
  • 1600年,美濃国 (岐阜県)の関ヶ原で行われた徳川家康(東軍・10万)と石田三成(西軍・8万)の戦い。戦いは家康側の勝利に終わり徳川氏の覇権が確立した。秀吉死後、かね...
  • トラックバック数:192 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:歴史ブログ
小早川秀秋
  • 小早川秀秋
  • 1582年〈天正10〉生1602年〈慶長7〉没1582:豊臣秀吉の正室ねね(北の政所)の甥に生まれて秀吉の養子1592:丹羽国亀山城10万石を与えられる1593:(文禄2)秀吉に実子、秀...
  • トラックバック数:9 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:歴史ブログ
蒲生秀行
  • 蒲生秀行
  • 蒲生氏郷の子。氏郷の死により13歳で会津若松92万石を相続。豊臣秀吉の命で徳川家康の娘と結婚、家康と前田利家の後見を受けた。1598年(慶長3年)家臣の内紛が元で厳封。...
  • トラックバック数:7 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ
脇坂安治
  • 脇坂安治
  • 1554年生1626年没近江出身戦国時代の武将通称、甚内豊臣秀吉の部将賤ヶ岳の七本槍の一小田原征伐、文禄・慶長の役に参加1600(慶長5)年 関ヶ原の戦いで東軍に参加戦後は伊...
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ

関ヶ原の戦いを含むブログ村メンバー

  •  
mansaku21さん
  • 関ヶ原ブログmansaku21さんのプロフィール
  • 関ヶ原の戦いのエピソードやデータを中心に、戦国武将の話を書いています
  • テスト / テスト
菊千代さん
ポンド円エリオット波動さん
みずのさん
リンクスさん
  • 武器:にくきゅうリンクスさんのプロフィール
  • 歴史をテーマにしたボードゲーム・アナログゲームの製作日記です。交流会のようなゲームイベントも有。

関ヶ原の戦いを含むアンケート&掲示板

  •  
  • 大河ドラマで扱ってほしい時代は?レス: 0/47(248件)歴史ブログ
  • いろんな武将の戦いやドラマがあるので良いと思います。関ヶ原の戦いとかいいですね〜竹中半兵衛、石田三成、真田幸村、毛利元就、長宗我部元親、大谷吉継、などめっち...
  • 戦国無双3に出て欲しい武将は?レス: 0/471(1320件)ゲームブログ
  • 虎は、忍者扱いに慣れている。 高虎に忍者を使わせると他の忍者使いには、決して負けなかった。 ちなみに関ヶ原の戦いの時は、徳川家康率いる東軍だった。 東軍に所属していた武将は、 福島正則・井伊直政・黒田長政...

にほんブログ村

>

キーワード

>

関ヶ原の戦いについて