宇喜多秀家

宇喜多秀家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [宇喜多秀家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

宇喜多秀家を含むブログ記事

tobejiさん
  • 島の歴史と宇喜多秀家(3日目その3)
  • は滅亡の危機に瀕しているとか・・・。 島焼酎を保管する容器。 元々八丈島は日本酒を主に作っておりましたが、説明書きにもありますが米が足りないとかで、代わりに作られたのが焼酎となっております。 この後は宇喜多秀家の住居跡へ。 八丈島へと着いた宇喜多秀家がここで住んでいたとのこと。 岡山城の石。 宇喜多秀家が流れ着いた際に一緒にこの石を持ってきたという訳ではなく、宇喜多秀家ゆかりのものとして保管しているだけです...
  • 超特急TB号tobejiさんのプロフィール
kompirakeiさん
  • 言い訳の東京旅行一日目(3)。浜離宮庭園への道すがら。都立竹芝ふ頭公園は穴場
  • れています。ふ頭にはコンテナが積まれてあります。農協の八丈島支店の銘が入ったコンテナもあります。八丈島の農産物も、東京の食生活を支えているのですね。八丈島と言えば、安土桃山時代に中国地方の大名だった、宇喜多秀家(うきたひでいえ)を連想します。彼は関ヶ原の戦で西軍の主力として大軍を率いて戦いますが、敗れて逃走生活の後、八丈島に流されました。以後、本土に戻ることなく島で一生を終えています。八丈島には今でも、宇喜...
  • 異次元に足を取られる旅kompirakeiさんのプロフィール
maejima1978さん
散文的で抒情的な、わたくしの意見さん
  • 映画「関ケ原」の感想 摩訶不思議なり
  • からない。私は当然関ケ原に登場する主要人物を全員知っているけれど、三成、家康、小早川秀秋、本多正信、大谷刑部、島左近、加藤清正、直江兼続、前田利家、豊臣秀吉の他は「その他大勢」として描かれている。誰が宇喜多秀家なのか、小西行長なのか、細川忠興なのか、福島正則なのか、黒田長政なのか、池田輝政なのか。「登場人物もストーリーも知り抜いている私」にすらわからない。・淀君は分かるが、殿上眉だから、誰が演じているのか、...
  • 散文的で抒情的な、わたくしの意見散文的で抒情的な、わたくしの意見さんのプロフィール
tobejiさん
  • 溶岩地帯の海岸線へ(2日目その4)
  • た。 その風景を作った張本人?である八丈富士と共に撮影。 南原千畳岩はごつごつしており、歩くにも一苦労します。 南原千畳岩からの太平洋の眺め。 反対方向。 こちらの方向へ歩いて戻りました。 その先には宇喜多秀家公とその妻である豪姫の石像がありました。 宇喜多秀家は関ヶ原の戦い後に流罪でここ八丈島へと着き、そのまま没するまで暮らしていました。 お昼の時間となったのでこちらの八島へ。 小料理屋という事でラーメン...
  • 超特急TB号tobejiさんのプロフィール
zeigenさん
  • 【紹介】拙著『論集 加賀藩前田家と八丈島宇喜多一類』で紹介した新出史料につき
  • 188頁)の購入は最寄りの書店か、こちら(桂書房さんのこの論集のページ・注文フォーム)から宜しくお願いします。目次は以下の通りです。<目次>・はしがき・初出一覧/凡例/宇喜多氏等略系図・序章 没落後の宇喜多秀家・第1章 加賀藩前田家と八丈島宇喜多一類・第2章 八丈島支援の諸相・第3章 宇喜多一類の赦免とその東京移住・終章 総括...
  • 閑人贅言zeigenさんのプロフィール
えつままさん
  • 11月の旅   八丈島へ  2泊3日の旅
  •    東京都でありながら常夏の島           街には沢山のハイビスカスが咲き目のの前には大きな八丈富士が           そびえています。                   宇喜多秀家住居跡                        岡山城内堀の石                      極楽鳥の花飾り                 極楽鳥 (ストレチア) 八丈島の花に...
  • えつちゃんの庭 2えつままさんのプロフィール
ふとっちょさん
  • 史跡とペダリングをチェックin関ヶ原
  • 戦場全体を眺めるここなら戦況が手に取るようにわかるわけやただ、多くの侍が命を落としたかと思うと複雑なものを感じてしまう築かれた柵が何ともリアリティーだし開戦地15に広がるすすき野が何ともはかない最後に宇喜多秀家の陣16に向かい何とも重いものを感じながら古戦場巡りは終了感覚的に2時間程で回れるかと思っていたがふたを開ければ5時間もうろうろしていた時計の針は4時、急いで帰らないと日が暮れてしまうトレランシューズ...
  • セカンド・ステージふとっちょさんのプロフィール
我呂羅さん
makyoさん
  • 12月17日 『 今日は何ぞ?の日! 』 じつは…の日です☆彡
  • 気 援助の申し出 § … § 〜 12月17日の歴史の出来事は? 〜 § … §☆ 1596年 酒井忠次の命日。… 徳川家康を支えた四天王の1人よね。だいぶ長生きされていたんですね。☆ 1655年 宇喜多秀家の命日。… 豊臣秀吉の養子にして関ヶ原の戦いで西軍の副将格。八丈島に流されてからの人生の方が長かったですね。☆ 1790年 メキシコで太陽の石が発見される。… アステカの暦石とも呼ばれ、大きな岩の中央...
  • まきょの歳時記makyoさんのプロフィール

宇喜多秀家を含むトラコミュ

宇喜多秀家
  • 宇喜多秀家
  • 1572(元亀3)年〜1655(明暦元)年11月20日    豊臣政権五大老の一人、備前中納言、備前岡山57万石の城主   関ヶ原の合戦では西軍の総大将、敗戦により八丈島に流...
  • トラックバック数:34 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:歴史ブログ

宇喜多秀家を含むブログ村メンバー

  •  
氣で癒す:田嶋治療院さん

宇喜多秀家を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

宇喜多秀家について