大内義隆

大内義隆についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大内義隆] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大内義隆を含むブログ記事

よっしーさん
  • 信長の野望 大志【プレイレポートその4】厳島の戦い
  • 勢力に挟まれた格好となっており、そのうち大内の陣営につくことで命脈を保っている状態でした。天文(1532-1555)年間後期、その大内氏で内紛が勃発します。大内氏の家臣陶晴賢が頭角を現し、ついには主君大内義隆に謀反、これを討ち取ってしまうのです。大内氏の実権を握り、それまで元就に安芸国内の支配権を認めるなどの便宜を図ってきた晴賢でしたが、より強大となっていく元就に危機感を覚えます。領内支配権の返上などを元...
  • まったりゲームレビュー.comよっしーさんのプロフィール
ドルアーガさん
  • 国盗りクイズ 12月15日の答え
  • 問題:毛利元就が陶晴賢を破った「厳島の戦い」。この戦いがおこなわれた国は1. 周防国2. 長門国3. 安芸国4. 備後国正解3. 安芸国人気ブログランキングへ解説:主君・大内義隆を討つ下克上をみせた陶晴賢を、毛利元就が奇襲により破った「厳島の戦い」。この戦いは安芸国でおこなわれました。厳島にある厳島神社は、日本三景の1つ「安芸の宮島」として有名です。...
  • ケータイ国盗り合戦 戦国クイズの回答ドルアーガさんのプロフィール
応仁の乱以降の畿内史さん
  • 第七十回 尼子の歴史3
  • 1540年の安芸郡山城の戦い、1542年の第一次富田月山城の戦いにおいて痛み分けとなった尼子・大内の両家は疲弊し、安芸や備後への影響力を弱めることとなりました。また大内義隆は戦意を喪失してしまったため、以後の戦いは毛利元就と尼子晴久の争いが中心となっていきます。毛利元就続きを読む...
  • 応仁の乱以降の畿内史応仁の乱以降の畿内史さんのプロフィール
fujikenさん
  • 下松に雪舟の弟子によって造られた名庭・池泉観賞式庭園がある   その?
  • おきもり)は弘矩の娘を娶り(めとり)、内藤氏の当主となる。 19代当主・内藤隆世(ないとう たかよ)は父18代当主・内藤隆時(ないとう たかとき)が早世していたため、天文20年(1551年)陶晴賢が大内義隆に謀反(大寧寺の変)した直後に隠居した祖父興盛の跡を継ぎ家督を相続した。変の後に大友氏から迎えられた大内義長の元で、実権を握る義兄の陶晴賢と共に大内家重臣となった。20代当主・内藤隆春(ないとう たか...
  • 長州より発信fujikenさんのプロフィール
mixsさん
応仁の乱以降の畿内史さん
  • 第六十九回 尼子の歴史2
  • 1528年、安芸・備後・備中の情勢に干渉していた周防の大内義興が病死すると、後を継いだ嫡男大内義隆の興味は九州へと向かいました。そこで出雲の尼子経久は大内義隆と和睦し、東への進出を活発化させました。月山続きを読む...
  • 応仁の乱以降の畿内史応仁の乱以降の畿内史さんのプロフィール
おばりんさん
  • お祝旅行〜山口
  • も朝は朝でお腹が空きます。ダイエットは暫し忘れて〜蒸し野菜をシンプルに塩で頂くと甘さを感じます。家でも試してみよう〜っと。帰りは駅ひとつお隣の山口に足を延ばしました。毛利元就の長男である隆元が、養父の大内義隆の菩提寺として建立した寺『龍福寺』紅葉の季節はとってもきれいなのよ〜とコミュニティバスで隣り合わせた人懐っこいおばあちゃんのお奨め通り、季節は少しずれましたが散紅葉がとても素敵。地元の自慢の紅葉の名所...
  • ちょこちょこ毎日,夫婦で家飲みおばりんさんのプロフィール

大内義隆を含むトラコミュ

大内義隆
  • 大内義隆
  • 大内義興の長男。北九州などに勢力拡大を図る。晩年は文化的傾向が強く、海外貿易などで得た富も重なり、山口は西の京と呼ばれる繁栄期を迎えるも、武断派の家臣、陶隆房の...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ
大内義長
  • 大内義長
  • 大友義鑑の子。大内義隆の養子。義隆に実子が生まれたので、養子関係は解消されるが、謀反を起こした陶晴賢に担がれ大内家当主となる。毛利元就に攻められ、且山城陥落後、...
  • トラックバック数:3 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

大内義隆を含むブログ村メンバー

  •  
伊藤真一さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

大内義隆について