古今和歌集

古今和歌集についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [古今和歌集] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

古今和歌集を含むブログ記事

とらちゃんさん
  • 細川幽斎、天皇の命令で戦をやめて古今和歌集の伝授を伝える。歴史秘話リストリアより
  • 歴史秘話ヒストリアをちょっと見た。関が原の戦いの前夜、細川幽斎は籠城して戦おうとしていた。細川家では古今和歌集の読み方を伝授している古今伝授を伝えていた。一子相伝で口頭で伝えていたけど、すべての伝授を終えていなかった。そのために、貴族は困惑していた。みかど(天皇)もその点に苦慮しており、直接手紙を書いていくさ...
  • とらちゃんのゴロゴロ日記-blog.verとらちゃんさんのプロフィール
konokaさん
  • 「冬の和歌」10首〜日本人なら知っておきたい有名な歌(百人一首含む)
  • しいだけではなく、凛とした冬の風景の美しさを詠んでいる歌が好きです。日本人の感性の奥深さを感じますね。「百人一首」から6首1.田子の浦に うち出てみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪はふりつつ山部赤人・新古今和歌集(百人一首4番)(訳)田子の浦に出てはるか遠く見渡すと、真っ白な富士の高嶺に今も雪が降り続いていくんだ。山部赤人は、身分の低い役人でしたが、天皇の行幸にお供する宮廷歌人として重用されていて、道中たくさ...
  • 和のこころ.com〜日本の食材や文化を紹介するブログkonokaさんのプロフィール
ぴょんぴょんさん
  • フジバカマ(藤袴)がまだ咲いています。
  • に指定されています。↑ 11月15日 庭のフジバカマがまだ咲きつづけています。↑ 10月9日 つぼみの頃は淡いピンク色です。↑ 「宿りせし ひとの形見か 藤袴 忘られがたき 香に匂いつつ」 紀 貫之 古今和歌集↑ 花が咲きました。花は薄紫色の小さな筒状花の塊で、それぞれの筒状花の中心から、白いメシベが紐のように伸びだしてきます。↑ 花は地味ですが、その香りがよい。フジバカマは、花も匂うが、生の葉を乾燥させる...
  • 花鳥虫日記ぴょんぴょんさんのプロフィール
旅びっとんさん
  • 松尾芭蕉とさらしな、
  • す。しきりにすすむる秋風の 心に吹きさわぎて、という表現から、さらしな月を どうしても見たかった芭蕉の思いがわかります。芭蕉はどうして そんなにさらしなの月が見たかった のでしょうか。平安時代にできた古今和歌集の「わが心 慰めかねつ さらしなや 姨捨山に照る月を見て」 を、はじめとした「さらしなの月」の美しさを詠んだ多くの和歌を知り、さらしなの月を、実際に見てみたい強い気持ちを持っていたので「月なら さらし...
  • 放浪画家(@^−^@)「旅びっとん」の季節のたより旅びっとんさんのプロフィール
遠藤印昭堂さん
  • 落款
  • 今日は、山梨日日新聞からの記事を紹介します。第17回やまなし県民文化祭・書道展の作品です。県民文化祭賞の作品です。「燓阜詩」漢字318点の応募があったそうです。準県民文化祭賞です。「古今和歌集より」写真がうまく撮れません。申し訳ございません。優秀賞 「沈六修詩」  漢字落款印も押してありますが、小さくてよくわかりません。展覧会は、11月14日〜20日まで山梨県立美術館のギャラリーで開催され...
  • 遠藤印昭堂遠藤印昭堂さんのプロフィール
ときわさん
  • 古今和歌集  「    吹く風の 色のちぐさに 見えつるは          秋のこのはの ちれば なりけり     」    吹く風が 様々な色に 見えたのは    秋の 木の葉が 散ったせいでしょう    ...
  • ときわ日記ときわさんのプロフィール
rh1さん
  • #1866 わたつみの 浜の真砂を かぞへつつ ・・・
  • 込めようと言うのが千歳飴。これは江戸時代元禄の頃、浅草の飴売り七兵衛という人が売り出したことに始まると言われています。わたつみの 浜の真砂を かぞへつつ 君が千歳の あり数にせむ  〜詠み人しらず 『古今和歌集』 巻7-0344 賀大海の浜辺の砂を数えてはあなたの千歳の長寿の数といたしましょう にほんブログ村d ^_^; よろしければ 1Day 1Click を↑...
  • 万葉歳時記 一日一葉rh1さんのプロフィール
MC社員ブログさん
  • 紅葉の季節になってきました♪
  • 癒しを感じながら景色を楽しめます♪? 高台寺 戦国武将:豊臣秀吉の正妻「ねね」が愛した場所として有名なお寺です。 こちらでは10月下旬から紅葉が見られ、夜のライトアップは見事です!? 永観堂 禅林寺 古今和歌集に「モミジの永観堂」と詠まれるほどの紅葉の美しさで知られる有名スポットです! 紅葉が包み込む幻想的な光景は必見☆.京都は大阪から30-40分弱で行けるスポットで、歴史・文化・食だけでなく、街の雰囲気も...
  • 〜日々の活動を通してのブログ〜MC社員ブログさんのプロフィール
貢蕉の瞑想さん
  • はなかつみ 
  • みは、芭蕉と曾良が奥の細道で、郡山に着いた時、必死にこの花を探し求めたが、土地の人も分からず残念無念の日々をおくったという花だ。花かつみという花は、ヒメシャガのこと。 芭蕉達がこの花を探した動機は、『古今和歌集』にある。「みちのくの あさかのぬまの 花かつみかつみる人に 恋ひやわたらん」という歌がきっかけ。歌の意味は、「みちのくの安積の沼の花かつみの名の、かつみというように、かつがつに不満足ながら、ともかく...
  • 貢蕉の瞑想貢蕉の瞑想さんのプロフィール
rh1さん
  • #1865 宵に逢ひて 朝面なみ 隠野の ・・・他一首
  • ウとカエデの標本木があり、東京では大手濠緑地にイチョウの標本木が、そして大手町の気象庁の敷地内にカエデの標本木があるそうです。見る人も なくて散りぬる 奥山の 紅葉は夜の 錦なりけり  〜紀貫之 『古今和歌集』 巻5-0297 秋下見る人もなく散ってしまった奥山の紅葉はまさに夜の錦のようなものである この歌は少し趣がちがいます。夜の紅葉を詠んだ歌の体をなしていますが、現在のライトアップされた景色を想像して...
  • 万葉歳時記 一日一葉rh1さんのプロフィール

古今和歌集を含むブログ村メンバー

  •  
平成和歌所さん
七会静さん
くえんさん
花☆さん
  • 言の葉花☆さんのプロフィール
  • 日々の想い。。いつか「今は恋しき」と言えるように・・
かしはぎさん
  • 古今和歌集散歩かしはぎさんのプロフィール
  • 古今和歌集」の一首一首を「源氏物語」のヒーロー”柏木衛門督”が口語訳をして解説・批評するサイト

にほんブログ村

>

キーワード

>

古今和歌集について