古今和歌集

古今和歌集についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [古今和歌集] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

古今和歌集を含むブログ記事

マダムNさん
  • 歴史短編1のために #33 扇面和歌を通して考察したこと?
  • 殿御遺物」が展示されており、萬子媛の御遺物には解説が付けられている。その解説の中に萬子媛が二十一代巻頭和歌を愛読されていたとあった。二十一代集(勅撰和歌集)は、撰和歌集として平安時代に最初に編纂された古今和歌集(905)から室町時代に編纂された新続古今和歌集(1439年)までの534年間に編纂された21の勅撰和歌集のことで、合わせて23万44首といわれる。二十一代集は、平安時代から室町時代までの文化史が歌と...
  • マダムNの覚書マダムNさんのプロフィール
ngo-spotterさん
  • 年寄りの冷や水
  • ならば 日にこそ見えぬ 身をば離れず” 最近読んだ本にあり,メモしておいたものです。訳が間違っているかも知れませんが(人によって受け止め方が違いますから),こういう相方に出遭いたいものです。 万葉集・古今和歌集・新古今和歌集などの中には,恋しい相手を思っての歌がたくさんあります。そして相当の勉強とともに風流を解せなければ,意味が分かりません。 西洋には,あるいは東洋には,(一概には言えませんが)詩というと長...
  • スポッターのひとりごとngo-spotterさんのプロフィール
マダムNさん
  • 13日に、循環器クリニック受診。皇居歌会始
  • 皇后陛下のお歌からは、語らいながら寄りそってご散策なさる天皇・皇后両陛下のお姿が浮かび上がってくる。祐徳稲荷神社の創建者・萬子媛をモデルとした小説第二稿の下調べで、萬子媛が愛されたと思われる八代集(『古今和歌集』『後撰和歌集』『拾遺和歌集』『後拾遺和歌集』『金葉和歌集』『詞花和歌集』『千載和歌集』『新古今和歌集』の8集)について調べる必要が出てきたが、わたしは俳句には若いころから関心があったけれど、和歌につ...
  • マダムNの覚書マダムNさんのプロフィール
平成和歌所さん
  • 鎌倉散策(第二回)〜春を探して〜
  • せ連歌会」平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶寄せ連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう! 「四季を味わうルールブック」〜古今和歌集で知る日本文化の基本〜「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始し...
  • 古今和歌集を遊び倒せ!」平成和歌所平成和歌所さんのプロフィール
萬年さん
  • アンソロジカル山雅、の目指すところ。
  • アンソロジー(anthology)とは、文学や歌の世界で、さまざまな作品を、特定のテーマによって集めたもの。日本語では、選集、などと言いますな。萬葉集、古今和歌集といった歌集を多く持つ日本人は、アンソロジーが得意な民かも知れません。この単語の語源は、ギリシャ語の「花集め」「花摘み」らしい。ふーむ、ロマンティックで、なかなか洒落た命名ではありませんか。これほどま...
  • 萬年界隈萬年さんのプロフィール
言の葉花壇さん
  • 1月11日(木)のつぶやき
  • のつぶやき2018年01月12日 |お気に入りのつぶやき#雪ぞふりける……★☆ 冬ごもり 思ひかけぬを 木の間より 花とみるまで 雪ぞふりける: 紀貫之 : ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ #古今和歌集 第六巻より■□■ ― 言の葉花壇 (@kotonohakadan)2018年1月11日 - 14:05ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほん...
  • 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
モクモク羊さん
  • 書評(1083)誰が、なぜ?加来耕三のまさかの日本史 加来耕三著 さくら舎
  • たのにもかかわらず、「いいものを食べたら死んだ同志たちに申し訳ない」と言いながら、リッチな弁当を食べていた他の政府高官たちの前で食べていたそうだ。そして、好きなものがウナギだった。 西行と言えば、「新古今和歌集」に94首の歌を残したことで知られる。出家していたので質素な生活を送っていたのかと思ったらそうではなかった。西行の本名は佐藤義清(のりきよ)といい、佐藤家は、紀州(現在の和歌山県)に田中荘を持っていて...
  • 書評モクモク羊さんのプロフィール
じゅん爺さん
  • 敵から塩が届きますか?
  • d:jungee1962読者です 読者をやめる読者になる 読者になる検索リンクはてなブログブログをはじめる(無料)お知らせはてなブログ グループ最新記事敵から塩が届きますか?酸っぱい味二〇一八年の抱負古今和歌集年の瀬 繁華街 イルミネーション月別アーカイブ参加グループその他にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村はてなブログをはじめよう!jungee1962さんは、はてなブログを使っています。あなたもはて...
  • 筆の動く儘にじゅん爺さんのプロフィール
平成和歌所さん
  • 【和歌マニア(第51回)】「茶道と和歌のちょっといい話」その…
  • せ連歌会」平成和歌所では、誰でも歌を楽しめる茶寄せ連歌会を開催しています! 数寄に通じている人も、初心者の方も、誰もが楽しめる歌会です。一緒に風雅の誠を探求しましょう! 「四季を味わうルールブック」〜古今和歌集で知る日本文化の基本〜「日本は四季が素晴らしい! 」なんて言葉をよく聞きます。ではその素晴らしい四季、みなさん堪能していますか?おそらく大半の方は、春の「お花見」、秋の「紅葉狩り」を楽しむ程度に終始し...
  • 古今和歌集を遊び倒せ!」平成和歌所平成和歌所さんのプロフィール
ゆうき蘭さん
  • 経済学部などいらない。むろん経済学者もいらない。
  • 万人が続いた。たが今は2万人前半で日経平均2.5倍、有効求人倍率25年ぶりの高水準、失業率3%に低下、だから今年は自殺者は2万人を割るだろう。実際、自殺者と不況は表裏一体、不離一体の相関関係がある。新古今和歌集に於いて仁徳天皇が読んだとされる『高き屋に、のぼりて見れば煙たつ民のかまどはにぎはひにけり』は仁徳天皇が民はちゃんと飯が食えているのかと気になり、高台に登ると太陽が沈むのを見ながら下を見ていた。 何し...
  • 勇気凛々ゆうき蘭さんのプロフィール

古今和歌集を含むブログ村メンバー

  •  
七会静さん
平成和歌所さん
くえんさん
花☆さん
  • 言の葉花☆さんのプロフィール
  • 日々の想い。。いつか「今は恋しき」と言えるように・・
かしはぎさん
  • 古今和歌集散歩かしはぎさんのプロフィール
  • 古今和歌集」の一首一首を「源氏物語」のヒーロー”柏木衛門督”が口語訳をして解説・批評するサイト

にほんブログ村

>

キーワード

>

古今和歌集について