古今和歌集

古今和歌集についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [古今和歌集] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

古今和歌集を含むブログ記事

Seasonsさん
  • ヒガンバナ(白花)
  • with MZD ED 300/4.0 + MC-14)ユリ科ヒガンバナ属の多年草です。マンジュシャゲ【曼珠沙華】とも呼ばれます。近年あちこちで白花のヒガンバナが目立つようになりましたあははあはは・新古今和歌集巻第四秋歌上題しらず上東門院少将407 かはらじな 知るも知らぬも 秋の夜の 月待つほどの 心ばかりは撮影場所:行徳野鳥観察舎ジャンル:ウェブログ季節の移りかわりを花鳥風月の写真で見ているブログ人気ブ...
  • SeasonsSeasonsさんのプロフィール
村雨庵さん
  • 忘るなよ
  • 募集中!!記事を書く検索ウェブこのブログ内で村雨庵 茶の湯日記日々是茶の湯忘るなよ2018-09-19 23:20:43 |村雨庵 稽古 忘るなよ たのむの沢を 立つ雁も いなばの風の秋の夕暮れ (新古今和歌集)和歌の作者は後京極摂政太政大臣九条 良経クジョウヨシツネ平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての公卿。従一位、摂政、太政大臣。後京極殿と号した。通称は後京極摂政、中御門摂政。摂政関白・九条兼実の次男...
  • 村雨庵 茶の湯日記村雨庵さんのプロフィール
佳音さん
  • 大原野神社
  • 。 ?業平は高子の清和天皇入内を阻むため駆け落ちをした?情熱的な恋の物語?私はそうではないと思います。高子は業平のことを愛していたと思いますが、業平はそうでもなかったのではないかと思います。その理由は古今和歌集の詞書に次のようにあるからです。五条の后)の宮の西の対にすみける人に、本意)にはあらで物言ひわたりけるを、これは「五条の后(仁明天皇の后、藤原順子)の宮の西側の建物に住んでいる人(藤原高子のことだと考...
  • 心の旅佳音さんのプロフィール
Seasonsさん
  • ソリハシシギ
  • たよあははあはは(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)岸にはなかなか近づかないので小さな写真ばかりです。それでもクチバシが上向きに反っているのが分かりますあははあはは・新古今和歌集巻第四秋歌上題しらず西行法師362 心なき 身にもあはれは 知られけり しぎたつ澤の 秋の夕暮撮影場所:谷津干潟ジャンル:ウェブログ季節の移りかわりを花鳥風月の写真で見ているブログ人気ブログランキング...
  • SeasonsSeasonsさんのプロフィール
yaseteruさん
まるさん
  • 秋風の短歌 古今集と万葉集から思う人に会えないわびしさと切なさ
  • 】秋風が初めて吹いた日から、その音がしていた音羽山の峰の梢も色づいたのだったよ注:下の山上憶良の歌の本歌取りと思われます。 あはれまたけふもくれぬと眺めする雲のはたてに秋風ぞ吹く作者:藤原定家出典:新古今和歌集?【歌の意味】ああ今日もまた暮れてしまったとながめる雲の果てに秋風が吹く。素直に整った美しい歌です。 万葉集から秋風の歌秋風の寒さが、人を待つ身の切なさと結びついたものが多いです。君待つと我が恋ひ居れ...
  • 短歌のことまるさんのプロフィール
yaseteruさん
ふくおかさん
  • 海界の村を歩く 玄界灘 宗像大島(福岡県宗像市)
  • 宗像市神湊の北西約7km、玄界灘に浮かぶ大島は、東西3.2km、南北2.7kmの瓢箪型をしており、福岡県で最も大きな島である。「万葉集」や「古今和歌集」にも登場し、海賊や水軍の根拠地、密貿易の中心地になっていたこともある。明治以降は石炭運搬船の寄港地でもあった。大島には宗像大社の中津宮、沖ノ島には沖津宮があり、本土の辺津宮とほぼ一直線上に並ぶ。島の...
  • 福岡県 観光・旅行 動画まとめふくおかさんのプロフィール
言の葉花壇さん
  • 9月17日(月)のつぶやき
  • 8月31日(金)のつぶやき8月30日(木)のつぶやき8月29日(水)のつぶやき8月27日(月)のつぶやき8月26日(日)のつぶやき>> もっと見るカテゴリーお気に入りのつぶやき(546)万葉集(47)古今和歌集(4)新古今和歌集(2)千載和歌集(1)続古今和歌集(1)拾遺和歌集(2)古事記(2)バックナンバー2018年09月2018年08月2018年07月2018年06月2018年05月2018年04月20...
  • 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
く〜にゃんさん
  • <オトコエシ(男郎花)> オミナエシより逞しく男性的?
  • にオミナエシとオトコエシの自然雑種が見られ「オトコオミナエシ」と呼ばれる。花色は淡黄色。 オトコエシはオミナエシに比べかなり影が薄い。オミナエシは古くから秋の七草の一つとして親しまれ、万葉集に14首、古今和歌集にも17首が登場する。一方のオトコエシ。万葉集に2首出てくる「児手柏(このてがしわ)」をオトコエシとみる説もあるにはあるが不明。磯野直秀氏の『草木名初見リスト』によると、江戸時代前期の歌人・俳人北村季...
  • く〜にゃん雑記帳く〜にゃんさんのプロフィール

古今和歌集を含むブログ村メンバー

  •  
七会静さん
くえんさん
平成和歌所さん
花☆さん
  • 言の葉花☆さんのプロフィール
  • 日々の想い。。いつか「今は恋しき」と言えるように・・
かしはぎさん
  • 古今和歌集散歩かしはぎさんのプロフィール
  • 古今和歌集」の一首一首を「源氏物語」のヒーロー”柏木衛門督”が口語訳をして解説・批評するサイト

にほんブログ村

>

キーワード

>

古今和歌集について