古今和歌集

古今和歌集についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [古今和歌集] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

古今和歌集を含むブログ記事

Seasonsさん
  • ススキ
  • キの穂が開きましたあははあはは(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)ススキはうまく写すと吹いている風を表現することができるのですがなかなかうまくいかないねあははあはは・新古今和歌集巻第六冬歌題しらず和泉式部624 野べ見れば 尾花がもとの 思ひ草 かれゆく冬に なりぞしにける撮影場所:東京港野鳥公園ジャンル:ウェブログ季節の移りかわりを花鳥風月の写真で見ているブログ人気ブログラ...
  • SeasonsSeasonsさんのプロフィール
言の葉花壇さん
  • 11月14日(水)のつぶやき
  • 7日(水)のつぶやき11月6日(火)のつぶやき10月30日(火)のつぶやき10月29日(月)のつぶやき10月28日(日)のつぶやき>> もっと見るカテゴリーお気に入りのつぶやき(574)万葉集(48)古今和歌集(4)新古今和歌集(2)千載和歌集(1)続古今和歌集(1)拾遺和歌集(2)古事記(2)バックナンバー2018年11月2018年10月2018年09月2018年08月2018年07月2018年06月20...
  • 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 式子内親王 −たえだえかかる雪の玉水−
  • 親王 −たえだえかかる雪の玉水−奥野 陽子ミネルヴァ日本評伝選予約数: 0予想待ち時間: なし図書館で予約する 携帯からAmazonを見る 携帯から【内容紹介】賀茂斎院をつとめ、藤原俊成を師とし、「新古今和歌集」第一の女流歌人となった後白河院皇女、式子内親王。定家との出会いを通じて深めた虚構の歌の世界に底流する、人生とこの世に対する思索の到達点を探る。...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
Seasonsさん
  • もみじ
  • ヤマハゼヌルデ/ツタ/カツラサクラ/サクラ/ニシキギ(E-M1 with MZD ED 300/4.0 + MC-14)サクラがダブってて ごめんね ごめんね〜 (C) by U字工事あははあはは・新古今和歌集巻第六冬歌天暦の御時神無月といふことを上におきて歌つかうまつりけるに藤原高光552 神無月 風にもみぢの 散る時は そこはかとなく ものぞ悲しき撮影場所:東京港野鳥公園ジャンル:ウェブログ季節の移りか...
  • SeasonsSeasonsさんのプロフィール
イタチさん
イタチさん
銀チョコさん
  • 謎は深まるばかり
  •   古今和歌集の雅歌の初め、題しらず 読人しらず と書かれた左側に「わが君は千世にやちよに さゝ?れ石の巌となりて苔のむすまで」とあるというのはもう何度も書いた。  先日澄川図書館にあった新潮日本古典集成の古今和歌...
  • 松木幸夫的思考銀チョコさんのプロフィール
Seasonsさん
  • 谷津干潟初冬
  • 3 |まち歩き初冬と云うのはまだ気が早いかなあははあはは(E-P3 with Lumix G 20/1.7)あんまり水鳥は渡ってきていませんでしたがこの日は風もない穏やかな一日でした。あははあはは・新古今和歌集巻第八哀傷歌無常の心を西行法師831 いつ歎き いつ思ふべき ことなれば 後の世知らで 人の過ぐらむ撮影場所:谷津干潟ジャンル:ウェブログ季節の移りかわりを花鳥風月の写真で見ているブログ人気ブログラン...
  • SeasonsSeasonsさんのプロフィール
言の葉花壇さん
  • 11月12日(月)のつぶやき
  • 日(火)のつぶやき10月30日(火)のつぶやき10月29日(月)のつぶやき10月28日(日)のつぶやき10月25日(木)のつぶやき>> もっと見るカテゴリーお気に入りのつぶやき(573)万葉集(48)古今和歌集(4)新古今和歌集(2)千載和歌集(1)続古今和歌集(1)拾遺和歌集(2)古事記(2)バックナンバー2018年11月2018年10月2018年09月2018年08月2018年07月2018年06月20...
  • 言の葉花壇言の葉花壇さんのプロフィール
rh1さん
  • #2229 夢かともなにか思はむ憂き世をば ・・・
  • いと考えていたようですが、藤原良房の反対を怖れた僧、源信の諫言により断念しています。Photo:惟喬親王の墓(京都市左京区)夢かともなにか思はむ憂き世をばそむかざりけむ程ぞくやしき  〜惟喬親王 『新古今和歌集』 巻18-1720 雑歌下どうして夢かなどと思えましょうか。憂き世を離れて出家しなかった頃こそ悔やまれてなりません。 惟喬親王は太宰権帥などを歴任しましたが、政争に破れた後は俗世を避け、洛北大原の里...
  • 万葉歳時記 一日一葉rh1さんのプロフィール

古今和歌集を含むブログ村メンバー

  •  
七会静さん
くえんさん
平成和歌所さん
花☆さん
  • 言の葉花☆さんのプロフィール
  • 日々の想い。。いつか「今は恋しき」と言えるように・・
かしはぎさん
  • 古今和歌集散歩かしはぎさんのプロフィール
  • 古今和歌集」の一首一首を「源氏物語」のヒーロー”柏木衛門督”が口語訳をして解説・批評するサイト

にほんブログ村

>

キーワード

>

古今和歌集について