古今和歌集

古今和歌集についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [古今和歌集] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

古今和歌集を含むブログ記事

なまさやさん
  • 四天王寺の参道?愛染坂(大阪市・天王寺区・夕陽丘町)
  • に 秋の暮れ♪  芭蕉♪此の秋は 何で年よる 雲に鳥♪   芭蕉愛染坂の崖上に星光学院(浮瀬亭跡)愛染坂の上部は大江神社の参道入口と隣合わせになっています。愛染坂上部と大江神社鳥居大江神社の鎮座地は新古今和歌集の撰者である藤原家隆が夕陽庵を建て晩年を過ごした場所です。♪契りあれば 難波の里に宿り来て 波の入り日  拝みつるかな♪ 藤原家隆大江神社の夕陽岡碑(百歳の階段)愛染堂勝鬘院は四天王寺の四箇院のひとつ...
  • エナガ先生の講義メモなまさやさんのプロフィール
chimaさん
  • 源氏物語にもなった日本三古橋「宇治橋」
  • 、ひとりよがりな日常のプチエコと3匹のニャンたち…。源氏物語にもなった日本三古橋「宇治橋」2019-01-13 | ├ 福井・京都・滋賀・岐阜・三重古文に疎い私でも宇治橋は聞き覚えがあります。宇治橋は古今和歌集や紫式部「源氏物語」の宇治十帖に登場する京都は宇治市の宇治川に架かる橋です。大化2年(646)に初めて架けられたと伝えられている日本三古橋のひとつです。木製の欄干に擬宝珠(ぎぼし)がついていていますが...
  • レンレンのひとりごと…chimaさんのプロフィール
oinsenkiさん
  • 新小4/公文:今週のプリント(2019年1月11日(金))
  • 「名人伝」『小さき者へ・生れ出づる悩み』『人間失格』『暗夜行路』『破戒』『沈黙』『カナダ=エスキモー』『ゾウの時間 ネズミの時間』『文車日記』『「甘え」の構造』『指輪物語』『日本古典のすすめ』 - 古今和歌集『日本古典のすすめ』 - 枕草子 ・・・小1から毎日語彙力を強化し、多読をする。その上で、公文国語に取り組む。単にそれだけのこと。 ★現時点の立ち位置:・小3なので公文に注力、小4での数国J10を目...
  • 『桜蔭戦記』-2022年中学受験の反省録-oinsenkiさんのプロフィール
藤十郎さん
  • かぞふれば
  • すが、年の暮れというとどうしても和泉式部の  かぞふれば年の残りもなかりけり    老いぬるばかりかなしきはなしという歌を思い出してしまいます。この歌はもちろん『和泉式部集』に収められていますが、『新古今和歌集』にも採られていて、その詞書は  年の暮れに、身の老いぬることを嘆きてよみ侍りけるというものです。昔は年が改まると齢を重ねる、分かりやすくいうと、正月に年をとるという考えでしたから、年末は今の年齢の終...
  • 文楽と聴覚障害に生きる藤十郎さんのプロフィール
平成和歌所さん
  • 平安の三大歌合戦!(寛平后宮歌合、天徳内裏歌合、六百番歌合)
  • なぞったものではありません。あらかじめ春夏秋冬と恋の題を設置し、それに万葉仮名で記した和歌とその漢詩訳を添えるという、いわば和漢の橋渡しを企てたものであったのです。寛平后宮歌合は初代勅撰和歌集である「古今和歌集」の成立にも大きな影響を与えました。古今集の全歌1100首のうち、なんと寛平后宮歌合出処の歌が六十首以上も採られているのです。なにより古今集の骨格をなし、以後の勅撰集にも踏襲される二大部立て(四季・恋...
  • 古今和歌集を遊び倒せ!」平成和歌所平成和歌所さんのプロフィール
風の時編集部さん
  • 木ノ下(きのした)
  • 千余年前、古今和歌集に「みさぶらい御笠と申せ宮城野の木ノ下露は雨にまされり」と詠まれるなど、木ノ下は陸奥への憧憬を誘う歌枕の地であった。古は老木大樹に囲まれ、昼間でも薄暗いほどうっそうと生い茂っていたことからこの名がつい...
  • 「風の時編集部ブログ」 仙台の原風景を観る、知る風の時編集部さんのプロフィール
信濃大門さん
  • 世の中は存在するのか、あるのか?
  • く悲しみが込み上げてくることだ 。となります。「余能奈可波」は「世の中」で別の言葉にすると浮き世 俗世間 娑婆(しゃば) 現世 生きて暮らしていく場。と表すことができます。 次に詠み人はわかりませんが古今和歌集に、世の中は何か常なる飛鳥川昨日の淵ぞ今日は瀬になる あるサイト現代語訳は、この世の中では、一体何がつねに同じ状態であるのだろうか、いやない。(例えば)飛鳥川において、昨日は淵であったところが、今日は...
  • 思考の部屋信濃大門さんのプロフィール
館長さん
  • 2019年01月07日のつぶやき
  • む雪の うれを重み 本くたちゆく わがさかりはも - 心に残る名言、和歌・俳句鑑賞 - Yahoo!ブログ https://t.co/SNRCNuKHsj #ブログ #短歌 #日記詠み人知らず出典・・古今和歌集・891。 at 01/07 15:45fortune_ukyou / 占い師 右京RT @Iwanamishoten: 『潮』2019年2月号に,姜尚中さんによる『運命 文在寅自伝』( https:...
  • 占い館ルネッサンス姫路☆オフィシャルブログ館長さんのプロフィール
シュンさん
  • 日本の気候
  • (305)写の真 (37)美の談 (190)素人が書譜 (6)和漢朗詠集 (1)俳句と和歌の墨場必携 (43)詩の墨場必携 (10)熟語の墨場必携 (2)一文字の墨場必携 (10)おくのほそ道 (8)古今和歌集 (14)百人一首 (1)虞世南 (3)孫過庭 (6)欧陽詢 (5)松尾芭蕉 (13)北原白秋 (8)頭の素描 (10)人物画 (26)裸婦 (12)ひざの研究 (4)手の素描 (30)シルエットシリ...
  • ある日の美術シュンさんのプロフィール
やなぎしきぶさん
  • 若菜摘む − 春の七草 ー (「百人一首」 15)
  • ](あなたのためにと思って初春の野に出て若菜を摘んでいる私の  衣の袖に、雪が次々と降りかかってくることですよ。)これは 平安時代初期、光孝天皇がまだ親王だった時、人に「若菜」を贈るのに添えた歌だと『古今和歌集』(詞書)にあります。                ハコベラ  「若菜」には芽吹きのエネルギーがいっぱい。宮中では「若菜の節会(せちえ)」として、新年の1月7日に七種の若菜を食して長寿を祈りました。...
  • 文化と歴史Diaryやなぎしきぶさんのプロフィール

古今和歌集を含むブログ村メンバー

  •  
七会静さん
平成和歌所さん
くえんさん
花☆さん
  • 言の葉花☆さんのプロフィール
  • 日々の想い。。いつか「今は恋しき」と言えるように・・
かしはぎさん
  • 古今和歌集散歩かしはぎさんのプロフィール
  • 古今和歌集」の一首一首を「源氏物語」のヒーロー”柏木衛門督”が口語訳をして解説・批評するサイト

にほんブログ村

>

キーワード

>

古今和歌集について