壬申の乱

壬申の乱についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [壬申の乱] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

壬申の乱を含むブログ記事

J.W.Mccallister,jrさん
  • 『古田史学会報』一四八号をみて
  • には存在していたとみられるのは以前に( https://blog.goo.ne.jp/james_mac/e/1a02ca60f33fb9d2c9359c1d6893e52d )でも考察しましたが、「壬申の乱」以前に「浄御原宮」ができていたとみるのが相当であり、その場合「天智」の時代以前となるのは必定であり、その意味でも始源として「七世紀半ば」が想定可能と思われる訳です。ジャンル:歴史ランキングに参加中。...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
Tune×Ableさん
  • 1998念くらいから古代史で、橋浦満広が一番興味あること
  • 、『聖徳太子はだれに殺されたのか』(学習研究社)、『謎の出雲・伽耶王朝』(徳間書店)、『古代神道と天皇家の謎』『抹殺された古代日本史の謎』(日本文芸社)、『消された王権・物部氏の謎』『大化改新の謎』『壬申の乱の謎』『海峡を往還する神々』(PHP研究所)、『蘇我氏の正体』『藤原氏の正体』『呪いと祟りの日本古代史』『かごめ歌の暗号』(東京書籍)、『沈黙する女王の鏡』(青春出版社)など。 物部氏については、直木...
  • πνευμα (プラウマ)Tune×Ableさんのプロフィール
heiseirokumusaiさん
  • §46.都と寺。
  • の飛鳥京へと続きはしますが、残念ながらこれらの都にかかわる寺が『日本書紀』からは見つかりません。従って、近江までを先ず確保することから始めることになります。  と言うのも、実はこの川原寺そっくりな寺が壬申の乱の舞台である近江大津宮の地に当時あったからです。しかも、造高市大寺司の任命が壬申の乱の翌年から始まっているとすれば、高市の地に先代の都大津京ゆかりのこの寺を移すのは正に当を得た行為ということにもなりま...
  • 昭和は遠くなりにけりheiseirokumusaiさんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「那須直韋提」の碑文解釈をめぐって(その後)
  • 当地を支配する「在地首長」の手に委ねられていたものと思われます。このため「評制」の施行、「評督」の任命などのことが他地域に比べ大幅に遅れていたものと推量されますが、「天智」の革命とそれ以降に発生した「壬申の乱」などで「東国」の地位が上昇すると共にこの地域に対して統治の網をかぶせることが必要と考えられるようになったものと思われますが、重要なこととして「白鳳の大震災」とも言うべき「六八四年」の大地震と大津波に...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
まゆげねこさん
  • 鈴鹿市考古博物館
  • 。 天武天皇が亡くなった後、長屋王が右大臣となって政権を握ったけどもそれを藤原兄弟が快く思わなかった・・・みたいな事が本に書かれていました。 歴史ってこんなん(地位争い)ばっかですね 天武天皇は『壬申の乱』でお馴染みのあの方です。(壬申の乱・・・天智天皇の子VS天武天皇。簡単に言うたら甥っ子と叔父の戦いですね…。今の感覚やと何だそりゃってなりますよね) 百人一首「秋の田の〜」は天智天皇の句です。第一...
  • まゆげねこの・記・まゆげねこさんのプロフィール
後藤和弘のブログさん
  • 聖徳太子はいなかった!教科書の大間違い!
  • 見出すのは難しいでしょう。近年の考古学的成果からは、部材類の年代は「再建説」を補強しています。Q10. では、なぜ「聖徳太子」が作り上げられたのですか?厩戸王が死去して50年後、凄惨な皇位継承権争い(壬申の乱)が起きます。天皇の権威は失墜し、勝者となった天武天皇(631?〜686)は「天皇中心の中央集権律令国家づくり」をすすめていきます。そのとき天武天皇は「厩戸王」というひとりの人物に着目します。彼と同時...
  • 後藤和弘のブログ後藤和弘のブログさんのプロフィール
ふぶきさん
  • 立皇嗣の礼は2020年4月予定
  • 十二単での賢所参拝なんて無理無理。そういうのは全部省略。さて、重要な「立皇嗣の礼」ですがどうして「立太子の礼」ではいけなかったのかとつくづく思います。皇太弟殿下でいいじゃないかと思うけど、どうしても「壬申の乱を想像する人がいるんでしょうね。立皇嗣の礼は黄丹の袍を着て行われると書いている雑誌もありますので、そうなると本来は眞子さま・佳子様・悠仁親王に「称号」がつかないといけないのです。が!そこがただの皇嗣に...
  • ふぶきの部屋ふぶきさんのプロフィール
おもさん
  • この疲れはどこから?
  • は、60.75?!!!!!昨日の58?、マイナス2?は雲散霧消元に戻ってしまいました。昨日の減量は水分だけだったみたいです。 まだ体調が戻ったとは言えません。今日は早く寝ます。でも、いま読んでいる本「壬申の乱」が面白くて、読んでしまうかもしれません。11時までには寝たいですね。頑張ろう! 何を〜?にほんブログ村...
  • 走ってるね!君おもさんのプロフィール
heiseirokumusaiさん
  • §45.高市大寺は川原寺か?
  • るのです。しかも、これを逆に考えれば、金堂一つで事足りるとしたのは大官大寺がやはり川原寺を基としているからということになるのではないだろうか。 ところで、『日本書紀』には、天武2年(673)というから壬申の乱の翌年ですが、この年の12月17日に造高市大寺司の任命記事が見えています。おそらく、次の年から高市大寺の造営が始まったものと思われます。また、この記事の分注に、この寺は今の大官大寺であるとしています。...
  • 昭和は遠くなりにけりheiseirokumusaiさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20181009-13
  • われる東京の地名マネーポストWEBそんな東京には、地名が何かの隠語になっている街がいくつもあります。 ... 歴史の教科書で必ず学ぶ「桜田門外の変」でおなじみの桜田門は、皇居の内堀に造 ... 京都で壬申の乱ゆかりの祭礼 巨大たいまつ赤く夜空を染める京都新聞炬火祭は、壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)が三栖村を通った際、地元の住民がかがり火をたいて闇夜を照らしたという伝記が由来とされる。昭和の半ばに ......
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール

壬申の乱を含むトラコミュ

壬申の乱
  • 壬申の乱
  • 壬申の乱は、672年(弘文元)に弘文天皇(大友皇子)と大海人皇子(天武天皇)の間で行われた内乱である。672年は干支で壬申にあたるためこれを壬申の乱と呼ぶ。
  • トラックバック数:3 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

壬申の乱を含むブログ村メンバー

  •  
史郎さん
八咫烏さん
なかたさん
  • 壬申の乱なかたさんのプロフィール
  • 壬申の乱の語呂合わせを使った覚え方など。

壬申の乱を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 邪馬台国、大和か?九州か?レス: 0/47(250件)歴史ブログ
  • 。その間、白村江の敗戦、九州王朝の天子である筑紫の君薩夜麻の虜囚と帰国、筑紫大地震、唐軍の筑紫駐留、壬申の乱など数々の大事件が発生しています。とりわけ唐の軍隊の筑紫進駐により、九州年号の改元など許されない状況...

にほんブログ村

>

キーワード

>

壬申の乱について