壬申の乱

壬申の乱についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [壬申の乱] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

壬申の乱を含むブログ記事

鉄人軍団さん
  • 吉野宮
  • 殿や大極殿のような格式高い建物だったと思われる。遺跡が吉野宮であることを決定づけた」と話している。 吉野宮日本書紀や続日本紀などの記述によると、斉明2(656)年に造営。大海人皇子(のちの天武天皇)が壬申の乱の際、吉野宮に籠ったとされる。大海人皇子は即位後も行幸し、その皇后だった持統天皇は在位時と譲位後合わせ、34回も行幸したという。その後も文武、元正、聖武天皇が「吉野離宮」「芳野(吉野)宮」に行幸してい...
  • 紀伊半島の渓流釣り時々保守&猫&神社鉄人軍団さんのプロフィール
たそかれの散策さん
カムカムビートさん
  • 養老の滝
  • 壬申の乱という身内との権力争いに勝利し天皇の権力を強めた天武天皇彼の孫娘が天皇として君臨していた時代です。子供の頃は居酒屋のイメージが先行して有名だった気がしますが親孝行の息子がある日滝の水が酒になって父親に...
  • 歴史のピースカムカムビートさんのプロフィール
イナさん
  • わからない……わからない……時系列がわからない……花組『あかねさす紫の花』ライビュ感想その1
  • いで絞首刑661年 兄弟の母の斉明天皇亡くなられるこのあたりずっと即位しないで皇太子の中大兄皇子669年 鎌足亡くなる668年 中大兄皇子、天智天皇として即位672年 天智天皇 病で亡くなる672年 壬申の乱 朝廷軍(天智天皇の子供、大友皇子)と戦い(反乱軍でありながら)勝利した大海人皇子が天武天皇に。686年 天武天皇 病で亡くなる ちなみに三角関係については俗説の域をでないそうな。そうなんだ…ガチなん...
  • 妄想レポ 宝塚・ミュージカル・ジャニなどイナさんのプロフィール
JETさん
  • 新書「蘇我氏−古代豪族の興亡」を読了
  • ったという内容です。でも、この部分は多くの歴史資料からの氏名と官職名の羅列が続いて内容的にもドラマ性みたいなものはないので面白味がないですね。直接的にこのように書いてあるわけではないですが、乙巳の変、壬申の乱などで藤原一族が血なまぐさいことをしたがそれで蘇我氏がその一瞬で滅亡したわけではないのだがその後の藤原一族の謀略の数々で徐々に蘇我氏の勢力は削がれていきやがて藤原一族の天下となったということなんでしょ...
  • JET-LOGJETさんのプロフィール
神村真紀さん
  • 宝塚歌劇団5月公演@博多座
  • の争いというか、三角関係みたいなのが軸の話です。歴史物は好きなので、面白かったです。最近の研究とはどうも違う部分もあるようですが、これはこれで物語として完成してますね。この額田王をめぐる確執が、のちの壬申の乱の伏線になったという有力な説がありますが、さてどうなんでしょう。後半、フランス語で「乾杯!」を意味する「サンテ!」という題名の、レビューも楽しめました。(実際にはフランス語表記でしたが、難しいのでカタ...
  • 同人作家の時事・歴史放談Blog神村真紀さんのプロフィール
気ままに何処でも万葉集!さん
  • 持統天皇は孫の文武天皇に皇統の歴史を伝えようとした
  • の新しい作風である』というのである。いえいえ、この歌は叙景歌ではないと、わたしは思う。この歌を詠んだ持統天皇は四五才過ぎの老婦人なのだから、はつらつとした歌を詠んだとしてもやや違和感は残る。持統天皇は壬申の乱・天武天皇の崩御・大津皇子謀反事件・息子草壁皇子の死・高市皇子の薨去などを乗り越えて即位した女帝である。やがては孫の軽皇子に譲位しなくてはならないという重責もあった。その女帝が、耳成山ではなく、藤原宮...
  • 気ままに何処でも万葉集!気ままに何処でも万葉集!さんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「千躰仏」と「法隆寺」
  • たとも考えられます。 彼は「三十三間堂」に展開されている「法華経世界」を深く理解していたからこそ、これを熱望したのではないでしょうか。しかし、『書紀』によれば「薩夜麻」帰国後「天智」は死去し、その後「壬申の乱」により倭国王として再度「薩夜麻」が君臨する事態となったため、「観世音寺」については工事が停止され、与えられていた「寺封」についても停止されたと思われます。(この項の作成日 2003/01/26、最終...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール
YASUYUKIさん
  • 三重県亀山市にある関宿〜旧東海道の宿場町で往時の面影を残す唯一の歴史的な町並み〜
  • 重県亀山市にある関宿は、江戸時代に東海道五十三次の47番目の宿場で、現在は旧東海道の宿場町のほとんどが旧態をとどめていない中にあって、往時の面影を残す唯一の歴史的な町並みです。古代からの交通の要衝で、壬申の乱の際に大海人皇子(後の天武天皇)は鈴鹿関を固めたといわれています。 (関の名前はこの鈴鹿関に由来しているとのことです) 江戸時代には宿場として整備され、東の追分からは伊勢別街道、西の追分からは大和街道...
  • いま明かす、旅で出会った世界の100景YASUYUKIさんのプロフィール
J.W.Mccallister,jrさん
  • 「郭務悰」の派遣と「薩夜麻」の帰国
  • れ、史書の編纂の際にもそれが強く反映した結果、年次を移動して記事を操作していると推量します。 この争いに関与していたと思われる「郭務宋」率いる「唐軍」は『書紀』では「六七二年」に帰国しており、その後「壬申の乱」となりますが、実際にはその間に「空白の年次」があり、そこで「壬申の乱」が起きたものと思われます。つまり「郭務宋帰国」は「乱」の後の話であり、その結果としての「褒賞」が「郭務宋」達に対する大量の下賜品...
  • 古田史学とMeJ.W.Mccallister,jrさんのプロフィール

壬申の乱を含むトラコミュ

壬申の乱
  • 壬申の乱
  • 壬申の乱は、672年(弘文元)に弘文天皇(大友皇子)と大海人皇子(天武天皇)の間で行われた内乱である。672年は干支で壬申にあたるためこれを壬申の乱と呼ぶ。
  • トラックバック数:3 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

壬申の乱を含むブログ村メンバー

  •  
史郎さん
八咫烏さん
なかたさん
  • 壬申の乱なかたさんのプロフィール
  • 壬申の乱の語呂合わせを使った覚え方など。

壬申の乱を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 邪馬台国、大和か?九州か?レス: 0/47(250件)歴史ブログ
  • 。その間、白村江の敗戦、九州王朝の天子である筑紫の君薩夜麻の虜囚と帰国、筑紫大地震、唐軍の筑紫駐留、壬申の乱など数々の大事件が発生しています。とりわけ唐の軍隊の筑紫進駐により、九州年号の改元など許されない状況...

にほんブログ村

>

キーワード

>

壬申の乱について