枕草子

枕草子についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [枕草子] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

枕草子を含むブログ記事

ソレリュンヌさん
  • いとおかし
  • お風呂上りにタオルで拭くとさすがに短いのであっという間に乾くし毛はあるんだけどなんとも不思議犬だけど犬にあらず的な?肌触りも含め、小さい子供のようなのですが静ちゃんは今までの子たちとまた違った味わいで枕草子の清少納言ではありませんがいとおかしな子ですうちのソレちゃんとリュンヌさんとの関係はいちおう静ちゃん大きさ的に無理だ・・・と理解してる様子で一緒に遊んでるけどあまり激しくなることはなくいつもはクールな...
  • 太陽と月ソレリュンヌさんのプロフィール
ちゃろちゃんさん
  • 糺ノ森を歩いてみる@下鴨神社その2
  • 日でも人が多く、休日にもなるともっと多くなる。出町で遊んだついでに糺ノ森で涼んだりとか、ね。ここはいつの時代でも京都人の憩いの場なのだろう。古くは平安時代の名著にもその名は記されている。『源氏物語』『枕草子』『新古今集』など。だが、室町期の応仁の乱で、その広大な敷地のほとんどを消失するという憂き目にあったり、近年では室戸台風やその翌年の大水害で被害を被ったりもしたが、その都度人々によって手が加えられ守ら...
  • ちゃろちゃんねるちゃろちゃんさんのプロフィール
meiyanさん
  • 冬の奈良たび?「春日若宮おん祭? 舞楽そしてお還り」
  • とく)」 暗い中に白い面が浮かび上がって幻想的でしたよ(*^^*) その後は天平時代に林邑(今のベトナム地方)の僧仏哲(ぶってつ)が伝えたという左舞の「抜頭(ばとう)」 そして最後は枕草子にも名前が見えるという納曽利(右舞)の二人舞「落蹲(らくそん)」 さてこれでお旅所での奉納はすべて終了。 時刻は午後11前。 お祭りには「遷幸の儀 (せんこうのぎ) 」と「還幸の儀 (か...
  • 『日々是好日』〜meiyanのつれづれ日記meiyanさんのプロフィール
mariaさん
  • 2018年小正月とは? 小豆粥を食べておみくじの結果を見る
  • わたしは、古式ゆかしく小豆粥をいただいてプチお祝いしました。 【豆知識】古くは小正月までが松の内で1/15まで門松を飾っていた小正月の朝に小豆粥を食べる習慣があり、古くは『土佐日記』(1708年)や『枕草子』(1001 年頃)などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されている。 2018年わたしの運勢は・・・大吉 おもしろいね! ☆1 やりたかったことに取り掛かる⇒ 時間とお金のゆとりができて...
  • ストレスフリーなライフスタイルmariaさんのプロフィール
荒川和人さん
  • 増鏡(13)後醍醐天皇の帰還
  • 本文へジャンプ次のページヘブログのトップページへ最新の記事一覧ページへAmeba新規登録(無料)日本音楽の伝説六国史、枕草子、源氏物語、十訓抄、古事談などの日本の古典から、雅楽をはじめ、音楽にまつわる伝説・伝承をピックアップ!ブログトップ記事一覧画像一覧増鏡(12)鎌倉幕・・・ »増鏡(13)後醍醐天皇の帰還2...
  • 日本音楽の伝説荒川和人さんのプロフィール
バビロン東長崎さん
  • 病院ではWi-Fiが
  • (1)ブログ再放送 (1)ザリガニくん (6)全力突っ込みシリーズ (5)表技 (1)理想 (3)音楽 (3)参考にならない仕事術 (1)記憶の石 (5)人に「3点」と言われそうなネタ (1)現代版枕草子 (1)ウスバカゲロウ (1)鍵 (1)収穫祭 (1)袋 (1)東急ハンズ (1)カブトムシ (1)金玉縮小 (1)成人式 (1)関西弁 (1)速読 (1)トイレの神様 (1)ベンツ (2)フルネーム...
  • 意味をあたえるバビロン東長崎さんのプロフィール
勉報さん
  • 中学《国語・社会》覚えられるかな? 古典の文学史まとめ
  • 平安竹取物語不明物語我が国で最古の物語。伊勢物語不明歌物語在原業平(ありひらなりひら)の一代記。古今和歌集紀貫之(きのつらゆき) など歌集最初の勅撰和歌集。土佐日記紀貫之日記土佐から京までの旅日記。 枕草子清少納言(せいしょうなごん)随筆3大随筆の一つ。「をかし」の文学と言われている。源氏物語紫式部(むらさきしきぶ)物語光源氏を主人公とした長編物語。今昔物語不明説話各地の説話を集めたもの。梁塵秘抄(りょ...
  • 勉報勉報さんのプロフィール
村雨庵さん
  • 小正月
  • の内だった(この日まで門松を飾った)ものが、江戸時代に徳川幕府の命により1月7日の大正月までとされたが、関東地方以外には広まらなかった。この日の朝には小豆粥を食べる習慣があった。古くは『土佐日記』や『枕草子』などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されている。現在でも東北地方の農村などに、左義長の前に小豆粥を食べる習慣が残っている地域がある。これらの地域では、元日から小正月の期間中に小豆(あるいは、獣肉...
  • 村雨庵 茶の湯日記村雨庵さんのプロフィール
たまさん
  • 【1月15日は・・・】
  • 小正月までが松の内だった(この日まで門松を飾った)ものが、江戸時代に徳川幕府の命により1月7日の大正月までとされたが、関東地方以外には広まらなかった(wikipediaより)この日は、『土佐日記』や『枕草子』などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されていように、15日の朝に一年の邪気を祓い、無病息災、家内安全を祈ってあずき粥を食べる風習があります。縁起物というだけではなく、小豆には、隠れたパワーがある...
  • たまの簡単ダイエットたまさんのプロフィール
バビロン東長崎さん
  • 半チャーハン
  • (1)ブログ再放送 (1)ザリガニくん (6)全力突っ込みシリーズ (5)表技 (1)理想 (3)音楽 (3)参考にならない仕事術 (1)記憶の石 (5)人に「3点」と言われそうなネタ (1)現代版枕草子 (1)ウスバカゲロウ (1)鍵 (1)収穫祭 (1)袋 (1)東急ハンズ (1)カブトムシ (1)金玉縮小 (1)成人式 (1)関西弁 (1)速読 (1)トイレの神様 (1)ベンツ (2)フルネーム...
  • 意味をあたえるバビロン東長崎さんのプロフィール

枕草子を含むトラコミュ

徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳
  • 徒然草(つれづれぐさ) 兼好法師 現代語訳
  • 徒然草(つれづれぐさ)は、吉田兼好が書いた随筆。清少納言の『枕草子』、鴨長明の『方丈記』とあわせて日本三大随筆の一つと評価されている。つれづれなるまゝに、日暮ら...
  • トラックバック数:299 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:哲学・思想ブログ
玉造温泉
  • 玉造温泉
  • 玉造温泉は、島根県松江市玉湯町玉造(旧出雲国)にある温泉。三名泉(「枕草子」)とされ、規模、歴史ともに県下随一、城崎温泉や皆生温泉や三朝温泉らと共に山陰を代表す...
  • トラックバック数:9 TB参加メンバー数:7人カテゴリー:旅行ブログ
榊原温泉
  • 榊原温泉
  • 榊原温泉(さかきばらおんせん)は、三重県津市榊原町(旧国伊勢国)にある温泉。七栗(ななくり)の湯とも言われ、能因本「枕草子」第117段に「湯はななくりの湯、有馬の...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

枕草子を含むブログ村メンバー

  •  
つれづれなるままヨさん
荒川和人さん
拓麻呂さん
あすかともゆきさん
古文マスターさん
  • 50歳からの古文学習古文マスターさんのプロフィール
  • 高校の教科書に出てくる古文の現代語訳を中心に文法、文学史も適宜解説します

にほんブログ村

>

キーワード

>

枕草子について