明治期

明治期についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [明治期] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

明治期を含むブログ記事

桜田 史弥さん
  • 20180218-5
  • 駅跡史跡公園 「忠臣」「軍神」ひっそりと /大阪毎日新聞JR島本駅前に「史跡桜井駅跡史跡公園」(島本町桜井1)がある。南北朝時代の武将、楠木正成が長男正行(まさつら)と今生の別れをしたとされる。親子は明治期から敗戦まで、天皇に忠義を尽くす教育勅語の教えを体現するシンボルとしてたたえられ、この一帯は「楠公精神」の教育の場だった。 案内は、佛教大非常勤講師の ... 消える久保猪之吉の旧邸跡旧聞since2...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
たそかれの散策さん
  • 農と人と天地(1) <宇根豊著『農本主義のすすめ』>に触れながら
  • からである。」また「人聞は天地自然のめぐみを、農を本として受けることなしに生存しえなかったのであり、未来永劫にそうであろう。」と。私がこれまで何度か引用したことのある渡辺京二著『逝きし世の面影』からも明治期前後の農村風景を忠実に描写した異邦人の指摘も引用して、当時の農のあり方、百姓の生き方を捉えようとしています。「本人は自然が好きだ。ヨーロッパでは美的感覚は教育によってのみ育み形成することが必要である。...
  • たそかれの散策たそかれの散策さんのプロフィール
偉人録さん
  • 札幌で小説家の特別展 未完小説の思いに迫る(札幌経済新聞・2018/1/30)
  • ◆札幌で小説家の特別展 未完小説の思いに迫る(札幌経済新聞・2018/1/30)北海道立文学館(札幌市中央区中島公園1、TEL 011-511-3266)で2月3日から、「有島武郎と未完の『星座」明治期北海道の青春群像」が開催される。有島武郎は、明治、大正期の北海道に生きる人々を描き出した小説「カインの末商」「生れ出づる悩み」など数々の作品を生んだ大正時代を代表する小説家。同展では、有島の生涯を作品...
  • 偉人録 郷土の偉人を学ぶ 偉人の志を引き継ごう!偉人録さんのプロフィール
たるたるさん
安土桃太郎さん
  • 京都市内散策にゆく ?其の弐:南禅寺水路閣
  • る構造物で、静かな東山の風景にもうまくとけこんでいますね。そもそもこの橋は、琵琶湖の湖水を京都市内に流す“琵琶湖疏水”の一部です。この事業は、京都近代化政策の最大プロジェクトと位置付けられていました。明治期に作られた構造物ですが、今も現役で使われています。幅4mほどの橋の上に登ると、水が流れる水路を目にすることができます。明治期に作られた構造物ですが、今も現役で使われており、市の史跡にも指定されています...
  • 廃城にゆく安土桃太郎さんのプロフィール
カーツさん
  • 大谿山豪徳寺1 (幕末明治期ゆかりの仏閣巡り?) [東京都]
  • 春風知っているようで知らない歴史の裏側をそっと、御朱印帳をたずさえぶらり、ふらり、、つれづれに、、、日々徒然にブログトップ記事一覧画像一覧豊盛山一心寺 (幕・・・ »大谿山豪徳寺1 (幕末明治期ゆかりの仏閣巡り?) [東京都]2018-02-18 07:00:00NEW !テーマ:御朱印故郷鳥取の倉吉市に吉祥院という曹洞宗のお寺がある仙英という禅僧が住職をされていたがある時請われて近江に移り...
  • カーツの歴史散策&御朱印作庭カーツさんのプロフィール
makotoさん
  • 「近代日本の風景画」展 〜横山大観と富士を中心に〜 講談社野間記念館
  • を主題とする絵画は、古くより山水画と呼ばれてきました。そのルーツともされる中国の山水画は、遠く飛鳥の時代より絶えず日本に伝来し、その大きな影響のもと、日本の山水画もその歩みを重ねていったのです。そして明治期、絵画の近代化という大きな波の中で、東洋画の精神と山水画の伝統を受け継ぐ日本画家たちは、写実表現という新たな思想のもと彩色や水墨による存在感のある自然描写へ進み、今日でいう「風景画」にふさわしい道を歩...
  • ビンボーサラリーマンmakotoのブログmakotoさんのプロフィール
pikoさん
  • 2018年冬旅 九州 35日目
  • 佐市長洲の町並み この町を歩くと港町・漁師町らしい細い路地が続いている。中にはびっくりするほど大型で漆喰塗りこめの家屋も見られる。廻船業で潤っていた当時の面影だと思われるが、建てられたのは江戸末期から明治期だろうと思う。豊後高田市 昭和の町豊後高田市中心部の商店街は、昭和40年代までは国東半島で最も栄えた商店街であったが、その後、大型店の郊外への出店や過疎化のために衰退し、近年では、「犬と猫しか通らない...
  • pikoの自転車旅行pikoさんのプロフィール
Hirokoさん
  • 花で彩る・旧小澤家住宅
  • 華やいだ雰囲気に。 ツゲ、桃、ラナンキュラス、バラ、チューリップ、スイートピー、雪柳、ガーベラ、スプレーマムなど、お花たちの愛らしさ、みずみずしい美しさに癒されました。 旧小澤家住宅は、北前船で栄えた明治期の商家の屋敷です。お庭には、船によってもたらされた各地の様々な石があり、お天気が良ければ、少しお庭も歩きたいところですが、今日は雪で残念。 雪が融けてなくなるのは、まだ先のようです。...
  • Crescent DiaryHirokoさんのプロフィール
rh1さん
  • #1960 蝋梅の 老いさびし香の ほのぼのと ・・・他一首と俳句
  • 名の一つである「臘月」に花を咲かせることからこの名があると言い、俳句では晩冬(小寒、大寒)の季語とされてます。私もこの花をとりあげるのはちょっと遅かったようです。古歌にはあまり蝋梅を詠まれた例はなく、明治期以降によく取り上げられるようになりました。この花をこよなく愛した歌人のひとり窪田空穂(1877-1967)の歌集から。しらしらと 障子をとほす 冬の日や 室(へや)に人なく 蝋梅の花  〜窪田空穂 『...
  • 万葉歳時記 一日一葉rh1さんのプロフィール

明治期を含むトラコミュ

松代
  • 松代
  • 松代は松代藩の城下町であり、恩田木工や佐久間象山を輩出した。明治期には製糸業が盛んだった。1966年に長野市と合併してその一地区となった。
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:地域生活(街) その他ブログ

明治期を含むブログ村メンバー

  •  
nokiさん
michnoskiさん
祐さん
恭次郎さん
horimitsuさん

明治期を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 『日本画』ってどういうものか、御存じですか?レス: 0/38(79件)美術ブログ
  • ではないか?とさえ思えています。もちろん、国際政治上の要請から、時代の変革を性急に迫られていた、明治期の先人達を軽々しく批判すべきではないのかもしれません。でも、フェノロサがいかに日本絵画を愛してそ...
  • 靖国神社参拝ってどうなんですか?レス: 0/235(1000件)政治ブログ
  • ネットをする世代の方に賛成が多いのに驚いた。靖国神社は平和を祈って建てられたものではない。明治期。軍国主義時代に戦死した方を英霊と讃えるために造られた。皇室も周辺への配慮から参拝はしていない。...

にほんブログ村

>

キーワード

>

明治期について