外国語映画賞

外国語映画賞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [外国語映画賞] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

外国語映画賞を含むブログ記事

hanakasanさん
  • 映画「女は二度決断する」
  • 映画「女は二度決断する」を観ました。カンヌ国際映画祭主演女優賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞等を受賞した話題作です。ドイツで実際に起きた事件をもとにした脚本です。最愛の夫と息子を爆撃で失い、浮かび上がった容疑者を追跡するサスペンスです。家族を失い悲嘆に暮れる女性を演じるダイアン・クルーガーの...
  • 1枚のメモが世界を変えたhanakasanさんのプロフィール
シネマニア2016さん
  • 男と女
  • に、若いクロード・ルルーシュ監督の映画に賭ける情熱が資金的な困難を乗り越えて、実験的とも見えるこの作品を完成させたと言えそうだ。結果として、この映画はカンヌ映画祭のグランプリや1967年度アカデミー賞外国語映画賞など数々の栄誉に輝くとともに、興行的にも大成功を収めてクロード・ルルーシュに世界的な名声と金運をももたらした。「ダバダバ、ダ」というリフレインの軽快な主題歌も人気を博すのに寄与したに違いない。    ...
  • シネマニアの日記シネマニア2016さんのプロフィール
yoseiさん
  • 1640おくりびと(滝田洋二郎監督)「Departures」
  • (2008年製作、滝田洋二郎監督、脚本;小山薫堂、音楽;久石譲、撮影;浜田毅本木雅弘、広末涼子、吉行和子、山崎努、余貴美子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹、大谷亮介、石田太郎)    第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品で、納棺師という職業を描いた作品である。主演の本木雅弘が、原作「納棺夫日記」を読んで原作者青木新門に面会を求め、映画化の許可を得たという作品である。原作では富山が舞台だが、映画では山形へと変更...
  • 映画はみんな面白い!!yoseiさんのプロフィール
アカデミー学院長さん
  • 無用の長物
  • 1952年10月27日-)は、イタリアの俳優、映画監督、コメディアン。(上の写真は本人) 1998年公開の監督、脚本、主演を務めた『ライフ・イズ・ビューティフル』では、アカデミー主演男優賞、アカデミー外国語映画賞、カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリなど世界各国の映画賞を受賞した。(Wikipediaより)鬼才ロベルト・ベニーニが歯に衣を着せぬ言い回しで、「感謝の気持ちを表すのに遠慮するのは無用の長物だ」(...
  • ジョージ学院長 元気の出るブログアカデミー学院長さんのプロフィール
Sawaさん
  • 『チャンブラにて/原題: A Ciambra』/イタリア映画祭2018
  • person in all the stories of others who encounter in my life.『チャンブラにて』は、2017年カンヌ映画祭監督週間にて上映。米アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表選出作品。《A Ciambra》was screened in the Directors' Fortnight section at the 2017 Cannes Film Festi...
  • sawaromaSawaさんのプロフィール
けいさん
  • 「タクシー運転手〜約束は海を越えて〜」
  • 高地戦」のチャン・フン。出演は「密偵」のソン・ガンホ、「戦場のピアニスト」のトーマス・クレッチマン、「コンフィデンシャル/共助」のユ・ヘジン、「グローリーデイ」のリュ・ジュンヨル。第90回アカデミー賞外国語映画賞韓国代表作品に選ばれた他、第54回大鐘賞最優秀作品賞、企画賞、第26回釜日映画賞最優秀作品賞、主演男優賞等、多数の映画賞を受賞した。1980年5月。ソウルのタクシー運転手キム・マンソプ(ソン・ガンホ)...
  • お楽しみはココからだけいさんのプロフィール
ブコウザンさん
  • 女は二度決断する
  • う大失態。トルコ人監督の怒りがこの映画を製作した動機とのこと。 移民問題に積極的なドイツとはいえ、やっぱり司法においてさえ、色眼鏡で見られてしまうという悲劇。その問題に深く切り込み、ゴールデングローブ外国語映画賞、カンヌ国際映画祭主演女優賞など数々の映画賞に輝いた。 しかし、どうなることやらとまんじりともせずに観続けていると、最後に主人公がとった決断は、唐突に突き放したような結末で、あまりにも短絡的過ぎやしな...
  • 恐怖症のふしぎな話ブコウザンさんのプロフィール
kazunariさん
  • ザ・スクエア 思いやりの聖域
  • 女に行き場はあるのか!?「フレンチアルプスで起きたこと」で注目されたスウェーデンのリューベン・オストルンド監督が、第70回カンヌ国際映画祭で最高賞・パルムドールを受賞したドラマ。本年度アカデミー賞でも外国語映画賞にノミネートされてましたし、話が面白そうで行ってきました。いやあ、これはなかなか・・思ってたよりも色々考えさせられて面白かったですね。掴みのシーンもユニークで面白かったですが、チラシなどに「あなたの心...
  • 映画との旅kazunariさんのプロフィール
nakdebuさん
  • ザ・スクエア 思いやりの聖域
  • き巨匠リューベン・オストルンド監督の最新作”ザ・スクエア 思いやりの聖域”は、第70回カンヌ映画祭にて衝撃のパルムドール受賞を。 以降もヨーロッパ映画賞で最多6部門を制覇、そして、第90回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされて、現在各国の映画祭を席巻。 そしてついに2018年GW日本にて本作が公開。 このポスター見ても映画の中身はさっぱり推察出来ないが(笑)ストーリーはこうだ。 現代美術館のキューレーター...
  • Sound@Cinemanakdebuさんのプロフィール
NEGABOさん
  • 雨が降ったのでDVD鑑賞
  • のだった。Tsumaは仕事。sumiは1日部活。雨でどこかに遊びに行こうというプランもないので、ついに半年ほど前に購入していたデルス・ウザーラのDVDを視聴。全編141分。1975年アカデミー賞最優秀外国語映画賞、モスクワ国際映画祭金賞。ソ連の映画だが監督は世界の巨匠黒澤明。先月ようやく原典の「デルスウ・ウザーラ」を読み終えたのだった。長い長い作品だった。http://blog.livedoor.jp/neg...
  • 柴わんこと暮らす日々NEGABOさんのプロフィール

外国語映画賞を含むトラコミュ

「おくりびと」「つみきのいえ」同時受賞
  • 「おくりびと」「つみきのいえ」同時受賞
  • 第81回アカデミー賞で「おくりびと」が外国語映画賞、「つみきのいえ」が短編アニメーション賞を受賞した。
  • トラックバック数:12 TB参加メンバー数:10人カテゴリー:映画ブログ
アカデミー外国語映画賞
  • アカデミー外国語映画賞
  • アカデミー外国語映画賞(Academy Award for Best Foreign Language Film)はアカデミー賞の中の一つ。アメリカ以外の映画で、外国語(英語以外の言語)の映画のための賞。ア...
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:映画ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

外国語映画賞について