アガサ・クリスティ

アガサ・クリスティについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 「葬儀を終えて」〜その1・「ポワロという人」
  •   http://keyword.blogmura.com/key00082427.html ← [アガサ・クリスティ] ブログ村キーワード       「葬儀を終えて」(ハヤカワ文庫)  その1「ポワロという人」  この物語は前回紹介した「ポケットにライ麦を」と同じ1953年に刊行されました。「ポケットに」と同様、第二次世界大戦の傷跡が随所に感じられる作品です。そして、金持ちの男が死に、彼の遺産・・・続きを読む
  • I LOVE アガサ・クリスティ ルリコ葉さんルリコ葉さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

アガサ・クリスティを含むブログ記事

osudameさん
ふみえさん
  • 超訳 こども 『 アドラーの言葉 』 ★
  • スとはじめての雪 』 ☆ (03/01)映画 『 昼顔 』 ノベライズ (02/23)『 N のために 』 (02/23)「 伝記 ★ 女性 」 _ 読んだ本_ 本棚形式一覧 (02/18)伝記 『 アガサ・クリスティー 』 集英社版 (02/18)『 エリザベス女王 』_ コミック版世界の伝記 (02/13)『 ベートーベン 』 コミック版世界の伝記 (02/13)池田理代子 _ 読んだ本_ 本棚形式一覧 (02...
  • 私の セレンディピティふみえさんのプロフィール
千葉 彩さん
  • 私が自由を感じる時
  • こんにちは私はミステリー小説が苦手です。殺人ありきで進んでいくストーリーがどうしても受け入れられませんでもこれは面白かったです!アガサ・クリスティーのオリエント急行の殺人名作中の名作ですね!初めて読んだとき、こんな結末ありなの〜?と衝撃を受けました。推理小説の前提を見事にひっくり返しています。何度も映画やテレビドラマになっているのも納得です。だ...
  • 暮らしを整える千葉 彩さんのプロフィール
moviemater205さん
釜井杏歌さん
  • 休憩時間に見てるもの(U-NEXT)
  • の「カーテン」で締めくくられています。あらましは知っているし、昔書店でざっくり立ち読みもしましたが、ドラマで見てしまうともはやポワロを見る気が無くなってしまうので確実にあれだけは見ません。どうしようとアガサ・クリスティの自由ですが、ミス・マープルと同じ様な終わり方にしてくだされば良かったのに、と密かにずーっと思ってます。ポワロシリーズを(1作残して)見終わったら、予定としては「素晴らしき哉、人生!」を見るつもりで既...
  • 杏歌の独白釜井杏歌さんのプロフィール
和賀心さん
  • 今回の「オリエント急行殺人事件」は・・・
  • 新作映画「オリエント急行殺人事件」を観ることができました!アガサ・クリスティーの名作ミステリー何度も実写化されていますが、今回の作品も素晴らしいものでした!イスタンブールの当時の風景やアルプスの雪景色などまるで絵画のような美しさ!車両の豪華なしつらえと豪華な俳優陣!至福の旅が...
  • 安心と喜びの神様和賀心さんのプロフィール
ねこのきもちさん
  • 新風吹く【感想】エラリー・クイーン『シャム双生児の謎』
  • 12)G.K.チェスタトン (6)mixi日記再投稿 (3)S=A・ステーマン (1)SF (2)S・S・ヴァン=ダイン (5)T.S.ストリブリング (1)お笑い (1)よく読まれている記事 (4)アガサ・クリスティ (42)アントニイ・バークリー (4)アンリ・バンコラン (4)アーサー・コナン・ドイル (11)イズレイル・ザングウィル (1)イーデン・フィルポッツ (5)エラリー・クイーン (12)エルキュー...
  • ねこの手雑記ねこのきもちさんのプロフィール
T-Dogさん
  • [洋書(ペーパーバック・他)]「Lexile指数」で自分の英語読解レベルに合った洋書を探す
  • Lで、アメリカの小学5年〜中学3年の読解レベルです。驚くべきことに、大人向けの小説やビジネス書でも、小中学生向けの「ハリー・ポッターシリーズ」より、Lexile指数の低い洋書が、沢山あります。例えば、アガサ・クリスティー の代表作の1つである「Murder on the Orient Express」(邦題「オリエント急行の殺人」;「オリエント急行殺人事件」)は、640Lで、アメリカの小学3年〜小学5年の読解レベル...
  • 英語上達―継続は力なりT-Dogさんのプロフィール
低速の寄せさん
  • ミステリー
  • 行人著の「迷路館の殺人」館シリーズの3作目この時の感動とオチの部分に魅せられ図書室にあるシリーズと無い物は取り寄せてもらって読みましたねぇそこからハマり、一作目「十角館の殺人」で紹介されていた超有名なアガサ・クリスティ著「そして、誰もいなくなった」から少しずつ海外作品も読みましたね。っといっても割と「好きな物」に偏るので……綾辻先生の作品は粗方読みましたが、あとは有栖川有栖先生と内田康夫先生のを多少読んだくらいなの...
  • 日本将棋連盟城下町弘前支部低速の寄せさんのプロフィール
セルさん
  • 【4コマまんが】U.N.オーエンは彼女なのか?【るんび!】085
  • の勘違いをさらに助長する要因になっている。最近のニコニコにおいては『最終鬼畜』の人気が下火になったこともあり、そのような勘違いを持った者も減ってきた・・・はずである。曲名についてU.N.オーエンとは、アガサ・クリスティの小説「そして誰もいなくなった」に登場する夫妻の名前である。曲名の彼女なのか?という言い回しについては、小説の中で最後に生き残ったのが女性であったことが理由だと思われる。上記作品をモチーフとしたスペル...
  • モンハンだいすきクラブGT+セルさんのプロフィール

アガサ・クリスティを含むトラコミュ

アガサ・クリスティー三昧
  • アガサ・クリスティー三昧
  • クリスティー作品・登場人物・登場する料理など多角的な感想をトラックバックしましょう。 TVドラマや映画でのクリスティ作品情報もステキ!
  • トラックバック数:253 TB参加メンバー数:28人カテゴリー:本ブログ

アガサ・クリスティを含むブログ村メンバー

  •  
ねこのきもちさん
がーぷさん
いんふぇるのんさん
P・T企画制作部さん
サチエさん

アガサ・クリスティを含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

アガサ・クリスティについて