硫黄島の戦い

硫黄島の戦いについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [硫黄島の戦い] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

硫黄島の戦いを含むブログ記事

∠かなめまよさん
  • 映画【硫黄島からの手紙】?【父親たちの星条旗】
  • 黄島からの手紙 Letters from Iwo Jima】は2006年のアメリカ合衆国の戦争映画です。【父親たちの星条旗 Flags of Our Fathers】に続く、第二次世界大戦における硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品になってます。2作品ともアメリカの名俳優、クリント・イーストウッドさんが監督をされました。まず【硫黄島からの手紙】の予告編からです。渡...
  • ∠かなめまよの自信持っていけ〜胸はっていけ〜!∠かなめまよさんのプロフィール
アレックスさん
  • ロレックス・DATEJUST Ref.6605!ヴィンテージモデル!
  • にほんブログ村 「硫黄島からの手紙」2005年監督は クリント・イーストウッドさん有名な映画のようですが 私は初めて観ることができました。この映画は 太平洋戦争末期の日米による硫黄島の戦いを描いた映画なんですね。 アメリカ視点の「父親たちの星条旗」と対になっている作品だとか。だからなのかなあー。 日本側から見た壮絶な硫黄島防衛戦が 描かれてました。 こういう映画を観ているとクリント・イ...
  • アレックスウォッチアレックスさんのプロフィール
ColdSnapさん
  • 図解 戦車 (F-Files No.012)
  • :佐藤 和正 太平洋戦争で生き残った34人の艦長を、ひとりひ…2018-06-04壮絶体験!修羅場と化したの硫黄島で通信兵をして島を見て回り、司令部が落ちた末期まで生き延びた壮絶なリ…著:秋草 鶴次 硫黄島の戦いの生存者が、自らの戦場での体験に…2018-02-27すぐわかる日本の甲冑・武具著:棟方 武城、監修:笹間 良彦 日本の甲冑について解説した本…2018-01-19米国人弁護士だから見抜けた日本国憲法...
  • 密林の図書室ColdSnapさんのプロフィール
う・・?さん
  • 硫黄島の話
  • ーストウッドは、「硫黄島からの手紙」の撮影の際、日本人スタッフらに 硫黄島での戦いについて尋ねた。 ところが、日本人スタッフは誰もその実態を知らなかった。 クリント・イーストウッドは大変驚いたそうだ。硫黄島の戦いは、日本が圧倒的に不利でありながら、日米間でもっとも激しい戦いで、 唯一米軍の損害が日本の損害を上回った戦いだった。 そんな戦いをした栗林中将にアメリカは尊敬をしていたからだ。 そのため硫黄島はアメリ...
  • 赤城山のうっさん陶芸工房う・・?さんのプロフィール
TAさん
  • bushido
  • PL/AFLO)】 祖国を護るために身を捧げた多くの軍人たちの生き方は、我々に多くのことを語りかけてくる──。 太平洋戦争後期、1945年2月19日から米海兵隊と日本陸軍守備隊によって繰り広げられた硫黄島の戦い。第二次世界大戦屈指の激戦として知られる。 硫黄島守備隊の最高指揮官として栗林忠道が着任していた。戦いを前に、日本軍の約3倍もの兵力を有していた米軍は「5日で落とせる」と豪語したという。 しかし、栗林...
  • きょうのことばTAさんのプロフィール
yoji1970さん
  • [本日まで]先人の遺骨がコンクリートに...
  • けた国だからといって遺骨収集すらしない国なんですね。」アメリカ兵がこう言うと、「お気の毒だから、私たちが石をあげましょう」と、アメリカ兵は、小さな石ころを遺骨の帰りを待つ日本人遺族に渡した。それ以来、硫黄島の戦いで亡くなった栗林中将の祭壇には、遺骨ではなく、石ころが祀られるようになった。・・・現代は語られることがほとんどなくなった硫黄島の戦い。火炎放射器や最新兵器を使用していた米軍に対して、限られた銃しか持た...
  • ようのブログyoji1970さんのプロフィール
熱血!ロボット図鑑さん
  • 8月15日の終戦?
  • 魚雷が発射できるような仕組みになっていますから。各種海軍艦艇です。大きい模型は空母や戦艦です。小型艦艇は駆逐艦や海防艦です。イ号潜水艦もあります。戦艦武蔵の実物大の主砲弾とロケット砲です。ロケット砲は硫黄島の戦いで投入されました。先ほど見せました桜花の神雷部隊の模型です。一式陸攻の下についています。2Pでは再び艦上戦闘機です。機銃も追加しました。ジャンル:ウェブログエクセレン・ブロウ二ング「マクロスやスパロボ...
  • 熱血!ロボット図鑑熱血!ロボット図鑑さんのプロフィール
虹さん
  • 最後の空襲・熊谷 〜『1945 くまがや 夏の記憶』〜
  • 11平和学勉強会」のコメントに書きましたように、45年4月の沖縄戦の1ヶ月前の3月10日の東京大空襲のずうっと前の、42年8月のソロモン諸島のガダルカナル島、44年6月のサイパン、ガム島、45年2月の硫黄島の戦いの時点で、日本は「もう、この戦争は勝てない」ということは分かっていたらしいとのことです。でも、それなのにどうして終戦が延び、その間、たくさんの民間人の犠牲者が出てきてしまったのでしょうか・・・?前回、...
  • さきたま新聞虹さんのプロフィール
ColdSnapさん
  • 不沈潜水艦長の戦い―海の王者が描く不屈の潜水艦魂 (光人社NF文庫)
  • 集:NHK取材班 「日本軍は開戦当初、アメリカの潜水艦をなめ…2018-06-04壮絶体験!修羅場と化したの硫黄島で通信兵をして島を見て回り、司令部が落ちた末期まで生き延びた壮絶なリ…著:秋草 鶴次 硫黄島の戦いの生存者が、自らの戦場での体験に…もっと読むコメントを書く«戦略・戦術でわかる太平洋戦争―太平洋の激…もっと知りたい歌川広重―生涯と作品»プロフィールid:ColdSnap は...
  • 密林の図書室ColdSnapさんのプロフィール

硫黄島の戦いを含むトラコミュ

硫黄島の戦い
  • 硫黄島の戦い
  • 硫黄島の戦い(いおうとうのたたかい/いおうじまのたたかい, Battle of Iwo Jima, 1945年2月16日 - 1945年3月26日)は、太平洋戦争末期に小笠原諸島の硫黄島において日本軍...
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

硫黄島の戦いについて