アンモナイト

アンモナイトについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [アンモナイト] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

アンモナイトを含むブログ記事

RASPINI  ラスピーニさん
  • ふれるたび感動をあなたに
  • ざいます青森からもバッグのご注文をありがとうございましたそんな大人気B.stuffさんの厳選された革素材を贅沢に使用した「カイロス」その肌ざわりはまるで口どけの良いショコラのようビースタッフ6971 アンモナイト¥38,000+税Made in Japanしなやかでしっかりと腰のある革が使い込むほどに身体になじんでいきます デザインや素材に妥協がなく末永く使ってほしい最高級のバッグそれが「カイロス」シリーズ人...
  • RASPINI ラスピーニRASPINI  ラスピーニさんのプロフィール
あおだま雑貨店さん
  • 第2回 マシュマロ回答
  • ま雑貨店から購入しています。笑いま一番欲しいのはDon Fisherのフグのバッグです。 本日紹介する、最後の質問はこちら。「タツノオトシゴのグッズとか今後増える予定ありますか…?あとオウムガイとかアンモナイトとかもあったらいいなあと思います…!」 こちらも、なるほどー!な質問でした。ありがとうございます。タツノオトシゴですが、実は以前取扱う予定があり、発注もしていました。しかし、ちょどメーカー在庫もなく...
  • あおだま雑貨店 | 鳥とさかなのお店のブログあおだま雑貨店さんのプロフィール
まちゃぷさん
  • 本焼き中
  • 準備。今回は細かいものが多かったため、素焼き後の処理に時間がかかり、夕方になってから本焼きスタート。磁器の作品が中心です。帯留めと、かんざしの玉等が入っています。minneに作品アップしました。銀色のアンモナイト。一つ目が磨き終わったので、まずはブローチか帯留めか選べるようにしました。黒地に銀の蜘蛛の巣模様。黒い玉簪。両面雪うさぎのかんざしトップ画像は、銀彩の磨く前後の画像。以前作っていた作品より、銀色を綺麗...
  • 陶芸ブログ ひとりごとまちゃぷさんのプロフィール
林の子さん
  • アオツヅラフジ(青葛藤)
  • ウェブこのブログ内でHAYASHI-NO-KO立山・大汝山からの黒部湖・スバリ・針ノ木岳アオツヅラフジ(青葛藤)2018-08-19 |夏 樹木 果実・葉ここでいつも果実を撮る。ついでに幾つか採って「アンモナイト」を確認する。毎年同じ事ばかりやっている。おまけに咲き始めではなく既に果実の出来始めた花は汚れている。▲ 雌雄異株、雌雄異花だけれど見分けが難しい。▼▲ 花弁・萼片・子房…みんな薄緑だからこれも見分け...
  • HAYASHI-NO-KO 2林の子さんのプロフィール
ジェントルさん
  • フィボナッチを引いてみた
  • 36、0.382、0.618といった倍率となり、黄金比率と言われている比率が1:1.618とされています。この比率が、人の心理的にも美しい感じるらしいです。なので、自然界や建造物などにも見られていて、アンモナイトの殻やピラミッドもフィボナッチ比率となっているそうです。?FXではフィボナッチはFXでも押し目や戻りに使えるとされています。38.2%、50.0%、61.8%などが押し目や戻りポイントになる事が多いで...
  • 5万円からのFX!どこまで行けるのか挑戦中!ジェントルさんのプロフィール
F老人のウロウロヨロヨロ旅日記さん
  • 赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設・三笠市立博物館・三笠鉄道村
  • どい交通事故を起こしたところです。制限速度50km、60kmぐらいで走っていても追い越し禁止を無視して追い抜いていきます。反省はしていないようです。三笠市立博物館に着きました。これを見たかったのです。アンモナイトのコレクションは目を見張るものがあります。三葉虫。ミカサリュウ。三笠市にも炭鉱跡があります。幾春別炭鉱は、明治19(1886)年に開鉱、昭和32(1957)年に廃鉱となり、その間、累計約650万トンの...
  • F老人のウロウロヨロヨロ旅日記F老人のウロウロヨロヨロ旅日記さんのプロフィール
猫の王様さん
  • 猫王は今、恐竜時代がきたからな
  • もう少し大きくなったら、店頭で販売いたしますよ!フトアゴ飼育にご興味がありましたら、ぜひお早めに見にいらしてください。 そして他にも、猫王ではあの有名な古生代動物も見ることができます。 アンモナイト 部屋の隅っこを探してみれば… もはや化石かCGでしか見る事が出来ないアンモナイト! 猫王なら高確率で生きている(NY)ァンモナイトに出会えるチャンスがある!!!...
  • 猫カフェ《猫の王様》のブログ…毎日がエブリディ笑猫の王様さんのプロフィール
グフィヲさん
  • 『北海道☆道の駅スタンプラリー2018』file96:なかがわ
  • 何を隠そう、何も隠さない、私の生まれ故郷の中川町にある道の駅。とは言え、生まれたのは名寄の病院だし、中川にいたのもよちよち歩きのころなので、まったく記憶にないんだけどね(苦笑)さて、カントリーサインのアンモナイトとクビナガリュウだけど、道の駅からちょっと離れた、佐久にあるエコミュージアムセンターで見ることができる。昔は、ココの売店で、わさびソフトを売っていたんだけど、不評だったのか、なくなっちゃたんだよねぇ…...
  • アイヌモシリの春夏秋冬グフィヲさんのプロフィール
メノポ鍼灸師さん
  • 国立科学博物館で化石探し( *´艸`)
  • ウソの骨格標本。日本館もなかなか面白い(^^♪でも、もっと面白くする方法があります!日本館でした出来ない楽しみ方!日本館で化石探しヽ(^o^)丿日本館の壁は大理石なので、化石が入っている事があります。アンモナイトは特徴のある形なので見つけやすいです。アンモナイトだけでなく、ベレムナイトかな?というのもありましたが、自信がないので載せません(^^;)国立科学博物館に行った時に、是非是非探してみてください(^^♪...
  • メノポーズ鍼灸院へ ようこそ!<はり・きゅう陽明堂>メノポ鍼灸師さんのプロフィール
おチュウさん
  • 「進化の過程」というアボリジニアート
  • と眺めていたのです。それから一週間程過ぎ、昨日通りかかると絵は完成しており、アボリジニアートの「進化の過程」とありました。京都造形芸術大学生の作品らしいのです。そういう目で眺めてみると、なるほど左からアンモナイトや魚があり、右の方には二足歩行的な生物が描かれています。しかし、アートですから、何か絵を通して表現したいことがあるはずですが、おチュウにはそのあたりがイマイチわかりません。説明文を読んで見ると、絵の持...
  • おチュウの世界おチュウさんのプロフィール

アンモナイトを含むトラコミュ

アンモニャイト
  • アンモニャイト
  • アンモナイトみたく、まるまって寝ている猫ちゃん写真トラバってみませんか?
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:猫ブログ
貝 -snail-
  • 貝 -snail-
  • ラムズホーン、イシマキガイ(石巻貝)、タニシ、カバグチカノコガイ、スネールなど飼育鑑賞ようの貝についてのトラコミュです。レッドラムズホーン、ブルーラムズホーン、シ...
  • トラックバック数:9 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:観賞魚ブログ

アンモナイトを含むブログ村メンバー

  •  
モリオーネさん
bossさん
シーアンモナイトさん
とーまさん
ロッシーさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

アンモナイトについて