藤田嗣治

藤田嗣治についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [藤田嗣治] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

藤田嗣治を含むブログ記事

ナカムラミナコさん
  • 不完全 パラレルな美術史
  • ・・・純粋芸術から抜け落ちた工芸を金沢で見つけた七不思議で表現「す下降にンバンレパ兵神神兵パレンバンに降下す」・・・戦争記録画。他者に向けた銃口はやがて己に向かってくる「帰って来たペインターF」・・・藤田嗣治の事実とフィクションを重ねた物語「油絵茶屋再現」・・・美術の概念が導入される前に浅草で行われた「油絵」を見せる興行の再現「醬油画資料館」・・・作家の想像でつくられた醬油画の資料館「なすび画廊」・・・白...
  • 切妻の大屋根ナカムラミナコさんのプロフィール
あがた めのおさん
  • 夢に現れた高原の湖
  • 和彦でした。「アンナへの贈物」のあらすじ人はなぜ絵を描くのか? 太古の洞窟画や中世のクリプトの天井画のように聖なる者への祈りだったり、愛する者に捧げるために描く者もいる。思春期にユトリロやモジリアニ、藤田嗣治などエコール・ド・パリに魅せられた啓(ハジメ)はフランス語の先生だったアンナに恋し、再会を信じてパリへ行く。ミニコミ新聞の社長クレランボーと編集長の記事を翻訳するうち、画商ロロザを紹介され、版画を売っ...
  • フランスの田舎暮らしあがた めのおさんのプロフィール
パールライスさん
  • DOMANI・明日展 PLUS × 日比谷図書文化館
  • 比谷図書文化館2018年02月17日 |アート・文化授業中、良く作ったパラパラ マンガもアートになる!なんか楽しいです。以下、紹介ページからの抜粋です。日比谷図書文化館では開館以来、「本」をテーマとし藤田嗣治、祖父江慎などの仕事を紹介する展覧会を開催してきましたが、このたび文化庁との共催で「本・読書・図書館」への現代美術作家によるアプローチを紹介する初めての現代美術展「DOMANI・明日展PLUS」を開催...
  • パールライスのつれづれなるままにパールライスさんのプロフィール
MKおかんさん
  • 十字絣に塩瀬の染帯で東郷青児展へ
  • トしました。着物は目立たぬように!写真ありがとうございました。四月の15日迄開催中です。良かったわ〜子供の頃から良く見た絵です。懐かしさもあって、前衛でモダンなんですが、素直に受け入れられる絵画です。藤田嗣治と同じ年代でフランスでも交流があったんですよ!デハデハランキングに参加してます。▼クリックのご協力よろしくお願いします〜♪にほんブログ村ファッション(着物・和装) ブログランキングへADいいね!コメン...
  • 安くて楽しむ♪キモノ日和りMKおかんさんのプロフィール
伊藤雅史(通称:移動マッサージ)さん
  • 2018年02月15日のつぶやき
  • やってしまった…切りすぎました…ゴメンね…そら…伸びるの待とう… https://t.co/1B7XjnOAqQ Posted at 08:47 PM RT @makotoaida: 僕が編集した藤田嗣治の可愛い画集が出ました。僕の藤田への思いをコンパクトに纏めた文章もいくつか収録されていますので、ぜひ!https://t.co/6u9gWoAspt Posted at 08:40 PM RT @...
  • 移動マッサージのさすらい・ぶらり・たわごと伊藤雅史(通称:移動マッサージ)さんのプロフィール
トロトロさん
  • 「人生で大切なことは月光荘おじさんから学んだ」入荷しています。
  • 「人生で大切なことは月光荘おじさんから学んだ」入荷しています。東京銀座で創業100年の画材屋月光荘の本。与謝野晶子、永井荷風、藤田嗣治、猪熊弦一郎、花森安治…。大正、昭和の文化人をひきつけてやまなかった、「月光荘」店主の生き方、暮らし方。本の装丁は、月光荘の黄色のスケッチブックになっていて、ほんとに素敵な本に仕上がっています。きっと...
  • toro*toroトロトロさんのプロフィール
THE GLOBE ONLINE SHOPさん
  • 店舗もセール開催中です!〜GLOBEイオンモールつくば店〜
  • ンモールつくば店】。つくば店は家具・照明・インテリア雑貨・キッチン雑貨・DIY金具・ガーデンアイテム・服飾などなど、暮らしを総合的にプロデュースするインテリアショップです。つくば店ではセール期間中、【藤田嗣治の名作版画展】も開催しております。日本で生まれ、その人生の大半をフランスで過ごした画家・藤田嗣治(レオナ―ル・フジタ)。猫と女性を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れた繊細なタッチの作品です...
  • THE GLOBE オンラインショップ スタッフブログTHE GLOBE ONLINE SHOPさんのプロフィール
libsaitamaさん
  • 藤田嗣治手紙の森へ
  • 藤田嗣治手紙の森へ林 洋子集英社新書 ヴィジュアル版Amazonでの評価:(5.0/5.0)予約数: 1予想待ち時間: 1か月程度図書館で予約する 携帯からレビューを見る 携帯からAmazonを見る 携帯から...
  • さいたま市図書館新着情報(非公式)libsaitamaさんのプロフィール
荻窪鮫さん
  • カツカレーの巻、ふたたび。
  • いありますから。高級志向なんすかねぇ。『凡人はおいしくないものから食べて、おいしいものを後でゆっくり食べようとする。だけど満腹になってからおいしいものを食べたって、もううまいとは思わない。絵も同じだ』藤田嗣治(ニッポンの画家・1886〜1968)過去の関連記事。カツカレーの巻。『B級グルメ』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村Tweet...
  • 荻窪鮫荻窪鮫さんのプロフィール
あがた めのおさん
  • 本領を発揮したマルタン
  • 和彦でした。「アンナへの贈物」のあらすじ人はなぜ絵を描くのか? 太古の洞窟画や中世のクリプトの天井画のように聖なる者への祈りだったり、愛する者に捧げるために描く者もいる。思春期にユトリロやモジリアニ、藤田嗣治などエコール・ド・パリに魅せられた啓(ハジメ)はフランス語の先生だったアンナに恋し、再会を信じてパリへ行く。ミニコミ新聞の社長クレランボーと編集長の記事を翻訳するうち、画商ロロザを紹介され、版画を売っ...
  • フランスの田舎暮らしあがた めのおさんのプロフィール

藤田嗣治を含むブログ村メンバー

  •  
akitabunkaさん
akitacultureさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

藤田嗣治について