第三小法廷

第三小法廷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [第三小法廷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

第三小法廷を含むブログ記事

光線治療院さん
  • インフル栃木県内で今季初:山口県では7月に
  • ミフル」服用後に転落死した愛知県内の中学生2人の遺族が、独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」(PMDA)を相手に、遺族一時金の不支給決定の取り消しを求めた訴訟の上告審で、遺族の敗訴が確定した。最高裁第三小法廷(岡部喜代子裁判長)が6日付の決定で、遺族の上告を退けた。 一、二審判決によると、同県知立市の男子生徒(当時14)は2005年、同県蒲郡市の女子生徒(同)は07年に、いずれもタミフル服用後に自宅マンシ...
  • ひなたぼっこ光線治療院さんのプロフィール
遺産相続トラブル男さん
  • 遺産を渡さないのはやっぱり無理!?離婚係争中の遺言書の書き方
  • の固有の権利として取得するのであって、保険契約者又は被保険者から承継取得するものではなく、これらの者の相続財産を構成するものではないというべきであり(最高裁昭和36年(オ)第1028号同40年2月2日第三小法廷判決・民集19巻1号1頁参照)」とされていることから、生命保険金は遺産ではなく、また遺留分減殺の対象とはされていません。ただし、生命保険の掛け金が遺産を原資にしておりその割合が極めて大きいような場合に...
  • 遺産相続 弁護士相談カフェ遺産相続トラブル男さんのプロフィール
hideさん
  • 行政書士試験 平成20年度問45 記述式の問題
  • 的行為と認めるに足らない特段の事情がある場合においては、同条の解除権は発生しないものと解するを相当とする。 それともう一丁。。。 昭和37(オ)747 家屋明渡等請求 昭和39年7月28日 最高裁判所第三小法廷 判決 棄却 大阪高等裁判所 この判例はいろんな事情が絡んでいるようです。 おおむね賃料の延滞はなかった、延滞賃料の一部を供託した(これ、この前見ましたね。)、台風で壊れたところを修繕した修繕費の償還...
  • 行政書士試験 独学チャレンジ!!hideさんのプロフィール
hideさん
ぶたおさん
  • 私鉄総連春闘ワッペン闘争の法的評価(下書きその8完)
  • 見える場合であっても、実質的に企業秩序を乱すおそれのない特別の事情が認められるときは、右諸規定の違反になるとはいえないと解するのが相当である(最高裁判所昭和四七年(オ)第七七七号、同五二年一二月一三日第三小法廷判決・民集三一七号九七四頁参照)〔引用者註目黒電報電話局事件〕。 したがって、本件組合員等の本件組合バッヂ着用行為が、文言上形式的には本件就業規則三条一項、二〇条三項、二三条に違反するように見える場合...
  • 川西正彦の公共政策研究ぶたおさんのプロフィール
hideさん
  • 行政書士試験 平成29年度問29 民法の問題
  • を高める土地を要役地、使用される側の土地は承役地と言いますが、通路は利用する側、要役地所有者によって開設されなければなりません。 昭和28(オ)1178 仮処分異議 昭和30年12月26日 最高裁判所第三小法廷 判決 棄却 東京高等裁判所 民法二八三条による通行地役権の時効取得については、いわゆる「継続」の要件として、承役地たるべき他人所有の土地の上に通路の開設を要し、その開設は要役地所有者によつてなされる...
  • 行政書士試験 独学チャレンジ!!hideさんのプロフィール
hideさん
  • 行政書士試験 平成26年度問33 民法の問題
  • うな外観を有している者に、「その代理人と称して」って人があたるのかってところが問題でしょうね。 これも判例で判断がなされています。 昭和33(オ)388 納品代金請求 昭和37年8月21日 最高裁判所第三小法廷 判決 破棄差戻 東京高等裁判所 債権者の代理人と称して債権を行使する者も民法四七八条にいわゆる債権の準占有者に該ると解すべきことは原判決説示のとおりであつて、これと見解を異にする上告理由第四点の論旨...
  • 行政書士試験 独学チャレンジ!!hideさんのプロフィール
名古屋市の弁護士 森田清則さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

第三小法廷について