第三小法廷

第三小法廷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [第三小法廷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

第三小法廷を含むブログ記事

行政書士合格者さん
  • 仮換地指定処分無効確認(S60/12/17第3小法廷判決)
  • 認することができ、その過程に所論の違法はない。論旨は、採用することができない。よつて、行政事件訴訟法七条、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。最高裁判所第三小法廷裁判長裁判官    伊   藤   正   己裁判官    木 戸 口   久   治裁判官    安   岡   滿   彦裁判官    長   島       敦...
  • 行政書士独学で合格行政書士合格者さんのプロフィール
商標弁理士さん
  • 「ココツバキ」 第3類「椿油を使用した化粧品」
  • 合して全体的に考察すべきであり、かつ、その商品又は役務に係る取引の実情を明らかにし得る限り、その具体的な取引状況に基づいて判断するのを相当とする(最高裁昭和39年(行ツ)第110号、同43年2月27日第三小法廷判決)。 そして、複数の構成部分を組み合わせた結合商標については、商標の各構成部分がそれぞれ分離して観察することが取引上不自然であると思われるほど不可分的に結合しているものと認められる場合において、そ...
  • 商標 審決、判決の紹介商標弁理士さんのプロフィール
ヨネヤマさん
  • 【民訴判例】反訴の予備的反訴の変更 (平成18年4月14日最高裁)
  • において訴訟物となっている債権を自働債権として他の訴訟において相殺の抗弁を主張することは,重複起訴を禁じた民訴法142条の趣旨に反し,許されない(最高裁昭和62年(オ)第1385号平成3年12月17日第三小法廷判決・民集45巻9号1435頁)。しかし,本訴及び反訴が係属中に,反訴請求債権を自働債権とし,本訴請求債権を受働債権として相殺の抗弁を主張することは禁じられないと解するのが相当である。この場合において...
  • リラックス法学部ヨネヤマさんのプロフィール
行政書士合格者さん
  • 行政処分取消請求事件(H20/9/10大法廷判決)
  • たる行為」に当たると解するのが相当である。これと異なる趣旨をいう最高裁昭和37年(オ)第122号同41年2月23日大法廷判決・民集20巻2号271頁及び最高裁平成3年(行ツ)第208号同4年10月6日第三小法廷判決・裁判集民事166号41頁は,いずれも変更すべきである。5 以上のとおりであるから,本件訴えを不適法な訴えとして却下すべきものとした原審の判断には,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反がある...
  • 行政書士独学で合格行政書士合格者さんのプロフィール
行政書士合格者さん
  • 区画整理事業設計等無効確認請求(S41/2/23大法廷判決)
  • 律上の利益を有するものと解すべきである。なお、このことは、土地区画整理法一二七条が同法に基づく処分に対し訴願の途を開いていることからみても、相当であるといえるであろう(昭和二四年一〇月一八日、当裁判所第三小法廷判決参照)。(尤も、右一二七条は其の後改正され、行政上の不服を許さないことになつたけれども、だからといつて、行政訴訟が禁止されるものでないことは、行政事件訴訟法が訴願前置主義を徹廃していることに鑑みて...
  • 行政書士独学で合格行政書士合格者さんのプロフィール
商標弁理士さん
  • 「ボーテ・ド・ココ」 第3類
  • 合して全体的に考察すべきであり、かつ、その商品又は役務に係る取引の実情を明らかにし得る限り、その具体的な取引状況に基づいて判断するのを相当とする(最高裁昭和39年(行ツ)第110号、同43年2月27日第三小法廷判決)。  そして、複数の構成部分を組み合わせた結合商標については、商標の各構成部分がそれぞれ分離して観察することが取引上不自然であると思われるほど不可分的に結合しているものと認められる場合において、...
  • 商標 審決、判決の紹介商標弁理士さんのプロフィール
ヨネヤマさん
  • 【民訴判例】重複する訴え(相殺の抗弁) (平成3年12月17日最高裁)
  • 高裁判所の見解係属中の別訴において訴訟物となっている債権を自働債権として他の訴訟において相殺の抗弁を主張することは許されないと解するのが相当である(最高裁昭和58年(オ)第1406号同63年3月15日第三小法廷判決・民集42巻3号170頁参照)。すなわち、民訴法231条が重複起訴を禁止する理由は、審理の重複による無駄を避けるためと複数の判決において互いに矛盾した既判力ある判断がされるのを防止するためであるが...
  • リラックス法学部ヨネヤマさんのプロフィール
hideさん
  • 行政書士試験 平成24年度問13 行政手続法の問題
  • ○ 判例ですからね。 私がどうこう言う問題ではないんですが、公開原則違反って軽微なのって思いますがどうなんでしょうね。 昭和44(行ツ)8 懲戒免職処分取消請求 昭和49年12月10日 最高裁判所第三小法廷 判決 その他 大阪高等裁判所 判例の要旨にはこう書いています。 しかし、原審の認定するところによれば、被上告委員会においては、従来人事に関する案件はすべて秘密会で審議されていたものであつて、各委員と...
  • 行政書士試験 独学チャレンジ!!hideさんのプロフィール
行政書士合格者さん
  • 法律解釈指定通達取消請求事件(S43/12/24 第3小法廷判決)
  • 決の違法を主張するものであり、原判決には所論の違法は認められない。所論はすべて採用することはできない。よつて、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員の一致で、主文のとおり判決する。最高裁判所第三小法廷裁判長裁判官    横   田   正   俊裁判官    田   中   二   郎裁判官    下   村   三   郎裁判官    松   本   正   雄裁判官    飯   村   義 ...
  • 行政書士独学で合格行政書士合格者さんのプロフィール
hideさん
  • 行政書士試験 平成21年度問34 民法の問題
  • ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、略。2、3 略。 昭和44(オ)743 損害賠償請求 昭和46年6月22日 最高裁判所第三小法廷 判決 棄却 東京高等裁判所 原判決(その引用する第一審判決を含む。以下同じ。)が適法に確定したところによれば、訴外D、同E両名(いずれも第一審被告)は、鮨加工販売業を営む上告会社のF支店に店員として...
  • 行政書士試験 独学チャレンジ!!hideさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

第三小法廷について