免疫反応

免疫反応についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [免疫反応] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

免疫反応を含むブログ記事

えみりぃさん
  • アトピーと免疫力
  • 下により起きる疾患」といわれますよね。あるいは「免疫機能が正常に働かない」ともいわれます。でも、どうしてそんな事が起きるのでしょうか?・・・ということで、今回は、そのことを調べてみました。まず、体内の免疫反応はどのように働いているのかということですが、それには【免疫グリブロン】という物質が大きく関与しています。この免疫グリブロンは【抗体】とも呼ばれ、体内に侵入した細菌やウィルスに感染してしまった細胞と結合...
  • アトピーとオーガニックコスメえみりぃさんのプロフィール
村上醍醐さん
  • 子育て世帯がエアコンクリーニングを定期的にするべき3つの理由
  • 今回クリーニングをお願いしたのも、このカビへの対処・対策という側面が大きかったです。そもそも人間にアレルギーを起こす原因「アレルゲン」と呼ばれる異物が体内に侵入し、それを排除しようとして身体が反応 (免疫反応)しますが、その際に作られる抗体という物質が諸刃の剣(免疫とアレルギー)となり、これが人の体内で異常を引き起こすと言われています。アレルゲンの種類大きく分けて3種類あります。吸入性アレルゲン・・・ハウ...
  • 村上醍醐の日記村上醍醐さんのプロフィール
日野まおみさん
  • はたらく細胞第5話「スギ細胞アレルギー」視聴!
  • たり前です。大地が荒ぶるのは鼻づまりでしたね。鼻づまりほんとカンベンしてほしい、あいつが原因で呼吸しづらくなり、最悪夜も眠れなくなりますからね。ステロイド副作用とは?最後に投与されたステロイドは炎症や免疫反応を抑える薬。これにより花粉症(花粉に対する免疫の過剰反応)も抑えられ、楽になれるわけですが、あの薬、強力な分副作用も多い諸刃の剣でもあります。 今回はステロイドの作用についての紹介が非常に簡単なもので...
  • ごった煮日野まおみさんのプロフィール
背番号31さん
  • 神経軸索の方向決定に関わるナビゲーター分子とその働きを解明
  • びる方向を決められず、脳内の軸索の走行経路に異常が生じることもわかったという。 この軸索進路決定のナビゲーターの解明は、神経再生の治療法開発にとって基盤となる知見と考えられる。走化性は、神経回路形成、免疫反応、創傷治癒、再生などに重要な役割を果たし、走化性の障害は、奇形や神経障害、免疫不全、がんの転移等の病態に関与する。さらに、このような走化性の仕組みは、免疫細胞の移動やがん細胞の浸潤など他の細胞にも存在...
  • 闘うSCD背番号31さんのプロフィール
pari88さん
  • 炎症性腸疾患が急増中 早期に発見するための2つのポイント
  • なかった。ところが00年以降、免疫抑制主体の治療に変わり、前述のように、難治性疾患ではなくなった。炎症が完全に抑えられ、無症状となることも多くなった。 「炎症性腸疾患は、細菌やウイルスなどに刺激されて免疫反応が働き、炎症が起こると考えられています。そして腸のバリアーが破れ、炎症がますます起こり、免疫担当細胞から炎症性の物質が産生され、悪循環に至る。これを止めるには、一つの炎症性物質を抑制すればいい。00年...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
あおばクリニックグループさん
  • 脱毛後にニキビと思いきや毛嚢炎!毛嚢炎を治すまでの対処法
  • 毛嚢炎とは?毛嚢炎(もうのうえん)とは、細菌感染症の一種です。脱毛時に毛根を破壊する事で、破壊された毛根や周辺の細胞を外に出そうと免疫反応により毛根が炎症を起こし毛嚢炎となります。 年齢・性別・肌質■20代後半■女性■肌質:乾燥肌で、皮膚が薄いです。ニキビは生理前にたまに出来ます。 顔の脱毛は鼻下を数回、全身の医療レーザー脱毛を受けた際...
  • あおば美容皮膚科あおばクリニックグループさんのプロフィール
nnaiさん
  • 腸内フローラを変えればアトピーは良くなる?!
  • がお悩みのお客様から、腸内フローラファスティングを終えた結果と感想を頂きました!手荒れは凄く落ち着いた痒くて眠れないというのも減ったとのご感想を頂き、7日間のプログラムで驚きの変化でしたアレルギーは、免疫反応の一種です 。本来、免疫は、敵となる異物(病原体)を攻撃・排除する体のしくみです。しかし、アレルギーの場合、人体にとって無害な物質(食物、花粉など)を敵と見なし、攻撃・排除しようと、体内で炎症を起こし...
  • nnainnaiさんのプロフィール
ごっとさんのブログさん
  • 悪性脳腫瘍をポリオウイルスで治療
  • もしうまく腫瘍細胞だけでウイルスを増殖させることができれば、腫瘍を殺す腫瘍溶解性ウイルスとして発展する可能性を持っています。またすべてのガン細胞を殺せなくとも、一部のガン細胞を溶解させることで、炎症や免疫反応を誘導して、免疫学的にガンを殺す可能性もあります。こういった考えから、さまざまな腫瘍溶解性ウイルスの開発が進んでおり、悪性黒色腫に対しては、ヘルペスウイルスを用いた治療法がアメリカでは正式な治療として...
  • ごっとさんのブログごっとさんのブログさんのプロフィール
ぱくちーさん
  • 免疫力の弱い人は要注意!肺真菌症について。
  • ルス属】(Aspergillus)は自然界(腐った野菜)や建築物の内部(建築材、手術室など)に存在します。そのため、喀痰から検出された場合には定着の可能性について考えます。アスペルギルスは生体に様々な免疫反応を起こし、その反応の種類によっていくつかの病型を呈します。呼吸器病変としては・・・喘息症状を伴うアレルギー型結核症などの遺残空洞に定着し、やがてアルペルギルスの塊を形成する菌球型(アスペルギローマ)免...
  • 現役看護師が健康・美容について語る!ぱくちーさんのプロフィール
ヤヌスさん
  • 慢性副鼻腔炎(蓄膿)を手術で完治となっても再発は起こり得ます
  • りますが、蓄膿という状態が酷くなると鼻づまりだけでなく頭痛なども引き起こします。ご本人は一日中そんな症状に付き合うことになります。 副鼻腔炎はその名の通り炎症の一種です。炎症は血流が悪い部位に生ずる免疫反応なので、本来は血流を促進することで炎症する必要のない状態に導けばいいのです。 膀胱炎、前立腺炎、潰瘍性大腸炎、憩室炎、慢性膵炎、甲状腺炎、腎盂炎、慢性関節炎(リウマチ)などなど切りがないほどの病名が...
  • 体温免疫を上げ生活習慣病の改善予防を実現する治療ヤヌスさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

免疫反応について