西脇順三郎

西脇順三郎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [西脇順三郎] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

西脇順三郎を含むブログ記事

詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さん
  • 過ぎ去った
  • 集成1』(21)カヴァフィスを読む(195)谷川俊太郎「こころ」再読(58)連詩「千人のオフィーリア」(10)西脇の一行(109)オフィーリア2016(42)映画(848)詩(252)誰も書かなかった西脇順三郎(229)ナボコフ・賜物(46)午前十時の映画祭(103)詩の礫(29)リッツォス(中井久夫訳)(125)高橋睦郎『永遠まで』(16)志賀直哉(19)現代詩講座(57)高橋睦郎『百枕』(31)ソネット...
  • 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さんのプロフィール
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さん
  • 高橋睦朗『つい昨日のこと』(103)
  • 集成1』(21)カヴァフィスを読む(195)谷川俊太郎「こころ」再読(58)連詩「千人のオフィーリア」(10)西脇の一行(109)オフィーリア2016(42)映画(848)詩(251)誰も書かなかった西脇順三郎(229)ナボコフ・賜物(46)午前十時の映画祭(103)詩の礫(29)リッツォス(中井久夫訳)(125)高橋睦郎『永遠まで』(16)志賀直哉(19)現代詩講座(57)高橋睦郎『百枕』(31)ソネット...
  • 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さんのプロフィール
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さん
  • 時里二郎『名井島』(2)
  • 集成1』(21)カヴァフィスを読む(195)谷川俊太郎「こころ」再読(58)連詩「千人のオフィーリア」(10)西脇の一行(109)オフィーリア2016(42)映画(848)詩(251)誰も書かなかった西脇順三郎(229)ナボコフ・賜物(46)午前十時の映画祭(103)詩の礫(29)リッツォス(中井久夫訳)(125)高橋睦郎『永遠まで』(16)志賀直哉(19)現代詩講座(57)高橋睦郎『百枕』(31)ソネット...
  • 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さんのプロフィール
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さん
  • 暁方ミセイ『紫雲天気、嗅ぎ回る』
  • 集成1』(21)カヴァフィスを読む(195)谷川俊太郎「こころ」再読(58)連詩「千人のオフィーリア」(10)西脇の一行(109)オフィーリア2016(42)映画(848)詩(251)誰も書かなかった西脇順三郎(229)ナボコフ・賜物(46)午前十時の映画祭(103)詩の礫(29)リッツォス(中井久夫訳)(125)高橋睦郎『永遠まで』(16)志賀直哉(19)現代詩講座(57)高橋睦郎『百枕』(31)ソネット...
  • 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さんのプロフィール
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さん
  • 安倍4選は、あるのか、ないのか。
  • 集成1』(21)カヴァフィスを読む(195)谷川俊太郎「こころ」再読(58)連詩「千人のオフィーリア」(10)西脇の一行(109)オフィーリア2016(42)映画(848)詩(251)誰も書かなかった西脇順三郎(229)ナボコフ・賜物(46)午前十時の映画祭(103)詩の礫(29)リッツォス(中井久夫訳)(125)高橋睦郎『永遠まで』(16)志賀直哉(19)現代詩講座(57)高橋睦郎『百枕』(31)ソネット...
  • 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さんのプロフィール
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さん
  • 私が見たものは (ホアキンの作品に寄せて)
  • 集成1』(21)カヴァフィスを読む(195)谷川俊太郎「こころ」再読(58)連詩「千人のオフィーリア」(10)西脇の一行(109)オフィーリア2016(42)映画(848)詩(251)誰も書かなかった西脇順三郎(229)ナボコフ・賜物(46)午前十時の映画祭(103)詩の礫(29)リッツォス(中井久夫訳)(125)高橋睦郎『永遠まで』(16)志賀直哉(19)現代詩講座(57)高橋睦郎『百枕』(31)ソネット...
  • 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さんのプロフィール
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さん
  • estoy loco por espana(13) Javier Messia
  • 集成1』(21)カヴァフィスを読む(195)谷川俊太郎「こころ」再読(58)連詩「千人のオフィーリア」(10)西脇の一行(109)オフィーリア2016(42)映画(848)詩(250)誰も書かなかった西脇順三郎(229)ナボコフ・賜物(46)午前十時の映画祭(103)詩の礫(29)リッツォス(中井久夫訳)(125)高橋睦郎『永遠まで』(16)志賀直哉(19)現代詩講座(57)高橋睦郎『百枕』(31)ソネット...
  • 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さんのプロフィール
sara2sara22さん
  • 秋の野に鈴鳴らし・・・
  • の秋」と詠んだそうだ。この4年前の1964年のノーベル文学賞に「日本人作家」4人が候補に挙がり、最も受賞に近い位置まで残ったのは谷崎潤一郎だったという。谷崎潤一郎、川端康成、三島由紀夫、そして、詩人の西脇順三郎の4人だったそうだ。しかし、最終的にジャン・ポール・サルトルが選ばれたが受賞拒否したという。川端康成は、授賞式で、「美しい日本の私」と題して、道元の和歌を引き、日本の美意識を紹介した。「春は花夏ほとと...
  • Sara22のブログsara2sara22さんのプロフィール
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さん
  • 高橋睦郎『つい昨日のこと』(99)
  • 集成1』(21)カヴァフィスを読む(195)谷川俊太郎「こころ」再読(58)連詩「千人のオフィーリア」(10)西脇の一行(109)オフィーリア2016(42)映画(848)詩(250)誰も書かなかった西脇順三郎(229)ナボコフ・賜物(46)午前十時の映画祭(103)詩の礫(29)リッツォス(中井久夫訳)(125)高橋睦郎『永遠まで』(16)志賀直哉(19)現代詩講座(57)高橋睦郎『百枕』(31)ソネット...
  • 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さんのプロフィール
詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さん
  • Joaquin のモノリス estoy loco por espana (番外12)
  • 集成1』(21)カヴァフィスを読む(195)谷川俊太郎「こころ」再読(58)連詩「千人のオフィーリア」(10)西脇の一行(109)オフィーリア2016(42)映画(848)詩(250)誰も書かなかった西脇順三郎(229)ナボコフ・賜物(46)午前十時の映画祭(103)詩の礫(29)リッツォス(中井久夫訳)(125)高橋睦郎『永遠まで』(16)志賀直哉(19)現代詩講座(57)高橋睦郎『百枕』(31)ソネット...
  • 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

西脇順三郎について