新書館

新書館についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [新書館] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

新書館を含むブログ記事

梨野礫・エッセイ集さん
  • [
  • ずに、日常場面で自発される行動に強化随伴操作するだけで行動変容をはかる手続き。・動物行動学の大御所、N.ティンバーゲンの晩年の書、「自閉症・文明社会への動物行動学的アプローチ」(田口恒夫訳、1976、新書館)という訳書が出版された。野生動物に対する接近法を自閉症児に適用したものだが、具体的操作は私自身のやり方とうり二つであった。・現在われわれがやっている方法?アタッチメント(愛着関係)の形成を妨げるよう...
  • 梨野礫・エッセイ集梨野礫・エッセイ集さんのプロフィール
yoccoさん
  • 大輔さん記事掲載雑誌「Number」&満場の喝采を浴びた現役復帰後初優勝
  • ているのでぜひとも手元に置いておきたい1冊。<D1SK ?橋大輔公式サイト>https://d1sk.com/[NEW]11月17日(土)発売「ワールド・フィギュアスケート83号(DEC2018)」(新書館)にインタビュー記事が掲載予定 ⇒ amazon昨日のブーススポーツ編集局さんによる『1日1枚?橋大輔』は西日本選手権の男子SPでの美しいフィニッシュポーズ!2枚目の写真には所狭しとひしめく「D1SK...
  • GO☆DAISUKEyoccoさんのプロフィール
タレネコさん
  • 爽やか真央さんの姿に癒されます!全農「届けたい」扁CM 大輔さん表紙WFS発売!他
  • ews.livedoor.com/article/detail/15527605/ ?橋大輔さんの写真が表紙のフィギュアスケート本の発売情報を! ワールド・フィギュアスケート83出版・・新書館発売日・・・11月17日(土)価格・・・1944円 11/17発売【WFS83号】2018-2019シーズンが開幕!シーズン序盤をレポートする最新号、表紙&巻頭ロングインタビューに西日本選手権優勝...
  • タレネコのブログタレネコさんのプロフィール
yoccoさん
  • 4年ぶりのWFS大輔さん表紙&「D-color」西日本優勝報告
  • 式さんからのお知らせ、ありがとうございます。https://twitter.com/WFS_JP/status/1060094588356984832☆「ワールド・フィギュアスケート 83」 出版社:新書館 発売日: 2018年11月17日(土) 表 紙: ?橋大輔選手 価 格: 1,944円ワールド・フィギュアスケート 831,944円Amazonワールド・フィギュアスケート 83 [ ワール...
  • GO☆DAISUKEyoccoさんのプロフィール
梨野礫・エッセイ集さん
梨野礫・エッセイ集さん
梨野礫・エッセイ集さん
  • 「自閉症治療の到達点」(太田昌孝・永井洋子編著・日本文化科学社・1992年)精読(
  • 視」「拒絶」「反抗」したときは、どのような「対処」をするのだろうか。「異常行動」として、「冷静に対処」するには違いないだろうが・・・?ちなみに、「自閉症治癒への道」(ティンバーゲン夫妻著・田口恒夫訳・新書館)の著者・エリザベス・ティンバーゲン氏は、以下のような(自分自身の)《実践例》紹介している。《即興のゲームによる「会話」の例》(積み木遊びをしていた6歳の男児が、「自分の仕事」《積み木遊び》が一段落す...
  • 梨野礫・エッセイ集梨野礫・エッセイ集さんのプロフィール
梨野礫・エッセイ集さん
  • 「自閉症治療の到達点」(太田昌孝・永井洋子編著・日本文化科学社・1992年)精読(18)・?章 
  • ・《2》第2章・序章「自閉症 治癒への道」解読・《1》第1章・まえがき 「自閉症・治癒への道 文明社会への動物行動学的アプローチ」(ニコ・ティンバーゲン、エリザベス・A・ティンバーゲン著 田口恒夫訳・新書館・1987年)「幼児の言語発達」(村田孝次著・培風館・1968年)抄読・89「病気」「平気」「元気」「幼児の言語発達」(村田孝次著・培風館・1968年)抄読・88「幼児の言語発達」(村田孝次著・培風館...
  • 梨野礫・エッセイ集梨野礫・エッセイ集さんのプロフィール
梨野礫・エッセイ集さん
梨野礫・エッセイ集さん

新書館を含むブログ村メンバー

  •  
江戸寿苑さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

新書館について