イサムノグチ

イサムノグチについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • イサムノグチ:プリズマティックテーブル
  • [イサムノグチ] ブログ村キーワードランキングに登録してみました秊よろしければポチッと1回裂お願いいたします捻にほんブログ村FC2 Blog Rankingブログセンターあらためて。。。ブログに書こうと思った時も主人のお買い物の事なら何を書こうか悩んだりする事はないだろうと自信を持って書き始めた訳ですが、家の中を見渡すとほとんどが主人のポチッとで我が家に仲間入りした物ばかり。本当に驚きます。我が家の・・・続きを読む
  • セレブだんなはポチッと症候群 せんちゅりおんさんせんちゅりおんさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

イサムノグチを含むブログ記事

kaikanさん
  • ■ お客様のお部屋
  • ..画像は、ファッション系雑誌に良く登場するイサムノグチのサイクロンテーブルとイームズのDSRです。.先週、京都のお客様へ納品させて頂きました。ベッド、布団も合わせコーディネート!.イサムノグチ氏と言えば家具デザインの他にも作品を残しております。.広島平和...
  • Simple is 快感kaikanさんのプロフィール
hondaさん
  • 1650 「石を聴く」(ヘイデン・ヘラール)
  • の彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家、日系アメリカ人。 父親が日本人の詩人、母親が米国人の作家、第2次世界大戦中は収容所、戦後は東西を往来しつづけた20世紀の世界的彫刻家(イサムノグチ)に興味を持って訪れた札幌市のモエレ沼公園、その後各地への野外彫刻行脚のきっかっけになったが?京子″関連に違和感、未だ石の声は遠いが彫刻の魅力は消えず。≪「自然石と向き合っていると、石が話をはじめるの...
  • 図書のささやきhondaさんのプロフィール
M。@補欠会員さん
  • イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へ
  • 品の頭の部分、泥かぶりなんだと。やはり日本的な部分が決め手だったのかなあと、それだけでは面白み無いかもしれないが、とても重要だと。東京オペラシティ アートギャラリー 2818年7月14日〜9月24日#イサムノグチ#東京オペラシティアートギャラリー#写真は2点のみ#横浜美術館からコレクションが来てるし...
  • M。だねぇ☆‘’M。@補欠会員さんのプロフィール
椅子ラボさん
  • 寝付きの悪い方はシーツを替えてみたらどうでしょう
  • いすとチェアの違い無垢材の知識? ウォルナット【Walnut】日本人を癒やす木の色日本で北欧家具が好まれる2つの理由 スカンジナビアンカラーどうして多くの建築家が椅子に魅了されるのか 椅子は小さな建築イサムノグチ庭園美術館海外生産の椅子は大丈夫なのか? 海外生産家具でも安心な理由検索:カテゴリーソファライフスタイル家具建築材料椅子色彩サイト運営者の情報worksnotecontactshopFacebookペ...
  • 椅子ラボ椅子ラボさんのプロフィール
EMIさん
  • 富山の伝統工芸とアートを五感で楽しむ『リバーリトリート雅樂倶』
  • 伝統的な建築工法だそう。そして正面には美しい景色が広がります。 傑作家具が置かれた客室客室は全室異なるデザインです。今回宿泊したのは本館の『影向(ようごう)の間』ル・コルビジェのシェーズロングチェア、イサムノグチのテーブルなど、傑作家具が置かれています。実は眼下は駐車場。でも窓からは美しい景色だけが見えるように計算され設計されています。客室のお風呂にはこんなスペースも。見る方向全てが絵になりますね。とにかく、...
  • emylifeシンプル&ポジティブに暮らそうEMIさんのプロフィール
ぐんちゃさん
  • 18年07月19日の徘徊(山の上と塔の上)
  • からそういうのが用意されているくらい広い。     ともあれ移動開始。  ……涼しいのがいいな、いいな北海道。なんか避暑に来ているような気分になってます。     でかいモニュメント。     ここはイサムノグチと言う人がデザインした公園なのだそうで。     噴水。     水を吹いていました。     今日のすかーさま。     噴水です。     さて折角なので山登り。標高62mとのこと。     すぐ...
  • Cocologun - すかーさま漫遊記ぐんちゃさんのプロフィール
ユージーさん
  • 愛媛観光 久万青銅之廻廊
  • 象に残っているのは ヴァンジ彫刻庭園美術館(クレマチスの丘) 箱根 彫刻の森美術館 滋賀県立陶芸の森 今治市今治市岩田健母と子のミュージアム  ↑どれもここで日記書いてます!この中に我が地元香川県の「イサムノグチ庭園美術館」も入れたいところですが入れません。あの強気な入館料と異常なまでの撮影禁止ルールを緩和させるなら別。(独自の予約システムは勝手にしたらいいと思う)入館料 一般 500円。なんとお茶菓子付き!...
  • うどん県 丸亀男の独り言ユージーさんのプロフィール
MATORYOさん
  • 流政之が死去!原因・理由は老衰のため【最新情報】
  • 」が有名。香川以外では北海道にも氏は多くの作品を残しておられます。ぜひどちらか機会があれば訪れてみてください。たぶん先生の庵治町のアトリエは時期を見て一般公開することになるのでは。名無しさん 52分前イサムノグチなんかと並び称される彫刻界のレジェンド。お二人とも香川県出身??名無しさん 50分前その時代にニューヨークで活躍したってのが凄い!その後何故縁もゆかりもなさそうな高松なのかは謎だが。名無しさん 51分...
  • MATORYO BLOGMATORYOさんのプロフィール

イサムノグチを含むブログ村メンバー

  •  
GLASS ONIONさん
万成石男さん
リプロダクト家具さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

イサムノグチについて