刑訴法

刑訴法についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [刑訴法] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

刑訴法を含むブログ記事

ダミーブログにミスリード 言論弾圧 thk6481さん
哀・ぺっこり〜なさん
  • 現行犯逮捕
  • 探知・内偵等)を得ているPにとって、Xがαを行っていることは明らか。※Xが今まさに電話をしているという状況の覚知は必要となる。事前情報は、「状況」への意味付けにすぎない。?ポイント・現行犯逮捕の根拠は刑訴法213条。・あてはめでは、特定の犯罪の明白性を落とすことが多いので注意。・問題とならないケースで論証を展開しないこと。??事例演習刑事訴訟法第2版 (法学教室library) [ 古江頼隆 ]post...
  • 哀・ぺっこり〜なの司法試験勉強哀・ぺっこり〜なさんのプロフィール
哀・ぺっこり〜なさん
  • 所持品検査
  • をあげるうえで必要かつ有効な行為であるから、職務質問(警職法2条1項)に付随して行えると考える。?強制手段該当性職務質問の付随行為として許容される以上、強制手段を用いることはできない(警職法2条3項、刑訴法197条1項但書)。では、強制手段にあたるか。『Q:強制手段の意義』⇒あたらない。?pekkori-na.hatenadiary.jp?任意手段の限界本件所持品検査は、相手方の承諾なく行われており、所...
  • 哀・ぺっこり〜なの司法試験勉強哀・ぺっこり〜なさんのプロフィール
辰已法律研究所 出版グループさん
  • 【好評発売中!】「Newえんしゅう本」シリーズ
  • 書籍「コンテン堂」内)論文えんしゅう講義100えんしゅう本を利用した辰已の講義のご案内です。「論文えんしゅう講義100」憲法・民法・商法 担当辰已専任講師・弁護士 松永健一 先生行政法・民訴法・刑法・刑訴法 担当辰已専任講師・弁護士 宍戸博幸 先生全33回/100時間憲 法 4回/12時間行政法 3回/11時間民 法 9回/26時間商 法 4回/12時間民訴法 4回/12時間刑 法 5回/15時間刑訴法...
  • 辰已法律研究所 出版ブログ辰已法律研究所 出版グループさんのプロフィール
哀・ぺっこり〜なさん
  • 職務質問に伴う有形力行使
  • けすぎと思います。上司がやったらハラスメントだよ!??論証強制手段該当性職務質問に伴い、一定の有形力行使は許容される(警職法2条1項、2項)。もっとも、強制手段を用いることはできない(警職法2条3項、刑訴法197条1項但書)。そこで、強制手段の意義を論じる。『Q:強制処分の意義』⇒強制手段にはあたらない。?任意手段の限界もっとも、任意手段も、被処分者の自由を制約しうる。そこで、警察比例の原則(警職法1条...
  • 哀・ぺっこり〜なの司法試験勉強哀・ぺっこり〜なさんのプロフィール
至誠君さん
  • 司法取引制度と証人の刑事免責制度
  • H28年刑訴法改正条文のうち、この6月に施行された条文について、まとめノートの補記をしておいた。来年度の予備試験の短答式試験には出るかもね。 まとめノートに「まとめる」といっても、持っている基本書は古いから、参考に...
  • 至誠君の喜怒哀楽至誠君さんのプロフィール
哀・ぺっこり〜なさん
  • 強制処分の意義
  • テスト投稿もかねて、手元にある刑事訴訟法を書いてみます。?強制処分の意義??[論証]「強制の処分」(刑訴法197条1項但書)にあたるか。強制処分の手続・要件の厳格性にてらし、強制処分とは、?個人の意思に反し、?その重要な権利・利益を実質的に侵害・制約する処分をいうと考える。?[あてはめ]?通常望まない→推...
  • 哀・ぺっこり〜なの司法試験勉強哀・ぺっこり〜なさんのプロフィール
加藤 喬さん
  • 平成30年司法試験論文刑事訴訟法 解答速報
  • 器をその所持品に秘かに装着することによって、合理的に推認される個人の意思に反してその私的領域に侵入する捜査手法であるGPS捜査は、個人の意思を制圧して憲法の保障する重要な法的利益を侵害するものとして、刑訴法上、特別の根拠規定がなければ許容されない強制の処分に当たる(最高裁昭和50年(あ)第146号同51年3月16日第三小法廷決定・刑集30巻2号187頁参照)…」と述べることで、最高裁昭和51年決定を引用...
  • びょうそくで司法試験(労働法1位 論文36位で合格した秘訣 )加藤 喬さんのプロフィール
Kさん
  • スイカおいしい・小2つも食べた/速達届く
  • 険をはらむ。慎重な運用が不可欠だ。 逮捕された容疑者や起訴された被告が、他人の犯罪を捜査機関に明かす見返りに、自らの刑罰は軽くしてもらう「司法取引」を導入する改正刑事訴訟法が6月から施行された。 改正刑訴法は、厚生労働省の局長だった村木厚子氏が起訴された文書偽造事件で、大阪地検特捜部の強引な取り調べが招いた冤罪がきっかけとなってできた。供述調書偏重を是正する刑事司法改革の一環といえる。 導入に当たっては...
  • フランス語の勉強?Kさんのプロフィール

刑訴法を含むブログ村メンバー

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

刑訴法について