下級武士

下級武士についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [下級武士] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

下級武士を含むブログ記事

ちゃーちゃんさん
  • 決戦!西南戦争 〜ラストサムライ 西郷隆盛の真実〜
  • た私学校には、西郷を慕う薩摩士族が集まっていました。薩摩士族は、維新の立役者だった自分たちが政府にないがしろにされていると憤りを感じていました。中でも反政府の急先鋒だったのが、桐野利秋。もともと貧しい下級武士だった桐野は、西郷に認められ、明治新政府の陸軍少将となります。士族としての誇りを人一倍持っていました。桐野が政府に不満を募らせる・・・それは、日本の国防に対する強い危機感でした。この頃日本は、諸外国と...
  • 日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜ちゃーちゃんさんのプロフィール
siunさん
記述師さん
  • 読了本ストッカー:『戦国無情 首穫り』伊東潤/講談社文庫
  • 、時に嘘をつき、言い訳を探し、欲深く、功を欲し、幸を求める。だがそれでいい、それでもいいから生きるためにもがき、精一杯あがこう。それこそが歴史だ、と。戦場の武功の証は獲った敵方の「首」によって決まる。下級武士たちの手柄を巡る争いは、なんと浅ましく、また儚いものか。運命はなぜこうも皮肉を好むのか。「頼まれ首」「もらい首」「拾い首」など、戦国時代の「首獲り」の明暗の中に、欲の頸木(くびき)から逃れられない人間...
  • 記述師文庫堂記述師さんのプロフィール
桜田史弥さん
えんだんじさん
  • 日本帝国海外旅券、大正5年4月22日
  • 月2日ついに日本政府、日本軍のシベリア出兵を宣言。1920年頃(大正9−10年頃)日本の人口6000人ぐらいになった。それを境にしてウラジオストクの日本人街は少しずつ落ち目になっていた。越後、村上藩の下級武士の一族だった、我が祖父、鈴木正忠は戊辰戦争終結時二歳の幼児だった。その後若い時東京に出て神奈川県警の警察官になり、それなりの活躍をして一生を終えたことを私は鈴木家の誇りとしています。これで「渡韓紀行」...
  • えんだんじのブログえんだんじさんのプロフィール
かぶらやさん
  • 毎年この時期になるとウイルスの攻撃が、『赤穂浪士 忠臣蔵時代劇集』 血が騒ぐ !?
  • して、主君の仇を討ち、 公儀の理不尽な裁定を世に知らしめた赤穂浪士47人。 人は、帰属する組織が無くなったらどうなるのか。 家族や日々の生活はどうするのか――。 江戸急進派のリーダーとして、下級武士のエネルギーを結集し討入り最大の推進役となった 堀部安兵衛を主役に、お家再興を第一義とする大石内蔵助との対決を軸に、 ご存知「忠臣蔵」のエピソードを織り交ぜつつ、脱落していく者の悲哀、様々な困難...
  • 上田市鶏鴨料理かぶらや家族社中かぶらやさんのプロフィール
北海道美術ネット別館さん
  • 本郷新「勇払千人同心」 苫小牧の野外彫刻(2)
  • 駆的役割を高く評価して、1973(昭和48)年の同市開基100年を機に八王子と姉妹都市を結びました。また記念事業として本郷新に記念像制作を依頼し完成したのが「勇払千人同心」です。 本郷は、千人同心は「下級武士の姿として、いかめしくない、しかし凛然として寒地開拓への志向を示し」、「梅女に抱かれた幼児は、若き母亡き後の開拓の子孫であり、(中略)鍬や鎌が手渡されて、今日の大苫小牧市が生まれた歴史が象徴として凝固...
  • 北海道美術ネット別館北海道美術ネット別館さんのプロフィール
ルートさん
  • まんがで読破シリーズの感想まとめ
  • アートワークス イースト・プレス 2007-07-01 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo 7.学問のすすめ (まんがで読破)下級武士出身で、身分制度に悩んだ福沢諭吉先生。まずオランダ語を学んで、遥々江戸に赴く。しかし、開国間もない中「時代は英語」という流れに戸惑う。そこからまた英語を学び、アメリカに近代文化を学びに行く。帰ってきて...
  • 元不登校中学生がカウンセラーになった。ルートさんのプロフィール
beatさん
  • 西郷どん 終盤の展開に賛否両論 おまいらどう思う?
  • ど全体を通して近年の大河ドラマの中で1番見応えあると思う。乳製品が主食です。 個人的に幕末好きなので、毎週楽しみで自分自信も“薩摩藩士”になった気分で観てた。(ちなみに私の母親の血筋の御先祖様は薩摩の下級武士だったらしいが…)今回の大河ドラマは俳優陣含めて制作側の熱意がよく伝わってくるドラマだった。…皆々様おやっとさあでした!名無しさん うーうっうっ!!やっぱり大久保は嫌いじゃ!!薩摩があったから日本は植...
  • 芸能ゴシップ速報beatさんのプロフィール
植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」さん
  • 金沢の冬 -1 長町武家屋敷跡 薦かけ
  • 薦かけ○長町の由来長町は前田八家の一つ長氏の屋敷があったこと、鞍月用水と大野庄用水に囲まれた長い町ことなどから名付けられたといわれている。現在の長町武家屋敷一体は長氏、村井氏をはじめ上級武士から中級、下級武士などが住んでいました。現在では、当時の武家屋敷は殆ど残っていませんが、その中で中級武士だった野村家邸は当時の武士の邸宅の様子を伺うことができます。〇薦掛け薦掛けは、雪から土塀を保護するもので、浸透した...
  • 植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」さんのプロフィール

下級武士を含むトラコミュ

西郷隆盛
  • 西郷隆盛
  • 幕末〜明治時代初期の政治家。維新の三傑の一人。薩摩藩(鹿児島県)の下級武士の出身で通称を吉之助。南洲と号した。大久保利通とともに薩摩藩を公武合体から倒幕運動へと...
  • トラックバック数:122 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
吉田松陰
  • 吉田松陰
  • 吉田松陰は、日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者、兵学者。一般的に明治維新の精神的指導者・理論者として名が挙げられることが多い。贈正四位。安政4年に叔父が主宰...
  • トラックバック数:71 TB参加メンバー数:13人カテゴリー:歴史ブログ
長町武家屋敷跡
  • 長町武家屋敷跡
  • 石川県金沢市長町。近代的なビルが建ち並ぶ香林坊を一歩裏通りに入ると江戸時代に迷い込んだような長町武家屋敷跡が続いている。ここは、加賀藩士の中・下級武士が住居を構...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:旅行ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

下級武士について