下級武士

下級武士についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [下級武士] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

下級武士を含むブログ記事

cinemavideoさん
  • たそがれ清兵衛
  • 劇。幕末の時代を舞台に、あるひとりの剣士を中心に、親子のふれあいや幼馴染との淡い恋、そして壮絶な命をかけた戦いを描く。第26回日本アカデミー賞を始め、他映画賞を多数受賞。時は幕末、庄内地方の小さな藩の下級武士・井口清兵衛(真田広之)は、ふたりの幼い子どもと老母の世話をするため、勤めが終わるとすぐに帰宅することから「たそがれ清兵衛」と同胞たちからあだ名される冴えない男。しかし、幼なじみ朋江(宮沢りえ)の危機...
  • 映画の無料動画で夢心地cinemavideoさんのプロフィール
Yoshiさん
  • 『NHK大河ドラマ特別展 西郷どん』 大阪歴史博物館
  • して働きます。やがて薩摩藩主の島津斉彬(なりあきら)に目を留められた西郷は、斉彬の密命を担い江戸へ京へと奔走し、薩摩のキーパーソンとなっていきます。多感な青年期を経て、3度の結婚、2度の島流し。極貧の下級武士に過ぎなかった素朴な男は、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、徳川幕府を転覆させます。類まれな「勇気と実行力」で明治維新を成し遂げた西郷ですが、最後は明治新政府と闘い、命を...
  • misc@Y en FranceYoshiさんのプロフィール
市川隆久さん
  • 人種差別についての考え方の根底が、日本と欧米では違う
  • ありました。幕末には農民と武士の区別があいまいになり、尊王攘夷の志士や新撰組の幹部の多くが農民の出身でした。また住友などの財閥は、明治維新後に武士を大番頭にしました。三菱財閥の創業者は、もとは土佐藩の下級武士でした。このように日本の社会は、身分差があまりなく、「人間はみな同じだ」という発想が実感できるものでした。大乗仏教の影響が強くある上に、幕末以来欧米列強の圧迫を受け続けていたので、日本は欧米列強の人種...
  • 市川隆久の大まじめブログ市川隆久さんのプロフィール
まとめるのんさん
  • 【画像】西郷どんに岩倉具視が本格登場した結果 どう見ても鶴瓶だと話題に!
  • そのほかにも「今週は鶴瓶の独壇場」「終始、笑福亭鶴瓶のワンマンショー」などの声が上がっていた。 「西郷どん」は、明治維新から150年となる2018年に放送される57作目の大河ドラマ。薩摩の貧しい下級武士の家に生まれた西郷隆盛(吉之助)の愚直な姿に、カリスマ藩主・島津斉彬が目を留め、西郷は斉彬の密命を担い、江戸へ京都へと奔走。勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、革命家へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げて...
  • まとめるのんまとめるのんさんのプロフィール
里さん
  • 【幕末】勝海舟が「とにかくえらい」と誉めた「岡本黄石」
  • 降り、大垣へ新政府軍の先鋒として戦うことになりました。桜田門外の変、長州征討、鳥羽伏見と、水戸藩に関係する人(水戸浪人や徳川慶喜ら)に彦根藩は振り回された感があります。黄石は、その後藩の主導権を藩内の下級武士ら奪われ、歴史の舞台からは退くことになります。海舟も「終始若いものに因楯だとか、旧弊だとか、誹られて居て、本当に気の毒な人であった」と語っています。今、岡本黄石は、主君の井伊直弼が眠る豪徳寺にともにあ...
  • 歴史が好き.com里さんのプロフィール
Onetasteさん
  • 家庭連合の中には侍はいないのでしょうか
  • に及ばず」「良知、良心の命ずることを行動に移せない人間は本来の人間ではない」と各自の内なる道徳的主体を重視し良心に従って行動する知行合一説を提唱しました明治維新はその良心に語り掛ける声に従って行動した下級武士たちの「国家復帰」でしたその時代の流れに反駁し幕府の封建体制を支える思想が林羅山が唱えた「上下定文の理」の儒教の朱子学でしたその言わんとするところは「天と地が絶対に入れ替わらないように、君主と家臣、父...
  • 恩寵と感性Onetasteさんのプロフィール
列伝さん
  • ●信州 咆哮するもののふ達 三十三将星「藤田小四郎」24歳にして敦賀で斬首さる
  • て私は想像する。 尊王攘夷論の理論を唱え、行動を実践することで、身分を越えて人の上に立てる、論者として、学者としてついには政治家として。 しかも長く日本を支配してきた膠着した幕府体制・身分体制を農民や下級武士の力によって変えられるかもしれないという感覚。これらが、彼らをして尊王攘夷論を熱く叫ばせたのでないかと。尊攘論の中身は二の次ではなかったか、などと。 24歳で散った小四郎の辞世は、「かねてより 思いそ...
  • きょうのもののふフォト列伝列伝さんのプロフィール
maiさん
  • ロンちゃん
  • BONJOUR江戸時代の中期は下級武士の給料が激減そんな中金魚はとても高価な物でしたそのためサイドビジネスとして金魚の養殖をはじめる武士がふえてやがて金魚の数もふえていって庶民にも金魚が・・・となったそうです。我が家にもセキセイインコのべ...
  • まいちゃんのふらんす語屋さんmaiさんのプロフィール
おけいさん
  • 【ドラマ】NHK大河ドラマ小栗旬、少し前のだけど今更余韻に浸ってみる(笑)
  • K大河ドラマ「西郷どん」坂本龍馬役に小栗旬  小栗旬(35)がNHK大河ドラマ「西郷どん」(日曜午後8時)で、坂本龍馬を演じることが8日、分かった。  物語は西郷隆盛(鈴木亮平)が薩摩の貧しい下級武士の家に育ちながらも勝海舟、坂本龍馬らと出会い、革命家に覚醒し、明治維新を成し遂げる姿を描く。犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩の間を取り持ち、薩長同盟を仲介する坂本龍馬が大河後半のキーマンとなるだけに、同局...
  • mameta_tensi0703おけいさんのプロフィール
トミーオヤジさん

下級武士を含むトラコミュ

西郷隆盛
  • 西郷隆盛
  • 幕末〜明治時代初期の政治家。維新の三傑の一人。薩摩藩(鹿児島県)の下級武士の出身で通称を吉之助。南洲と号した。大久保利通とともに薩摩藩を公武合体から倒幕運動へと...
  • トラックバック数:122 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
吉田松陰
  • 吉田松陰
  • 吉田松陰は、日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者、兵学者。一般的に明治維新の精神的指導者・理論者として名が挙げられることが多い。贈正四位。安政4年に叔父が主宰...
  • トラックバック数:71 TB参加メンバー数:13人カテゴリー:歴史ブログ
長町武家屋敷跡
  • 長町武家屋敷跡
  • 石川県金沢市長町。近代的なビルが建ち並ぶ香林坊を一歩裏通りに入ると江戸時代に迷い込んだような長町武家屋敷跡が続いている。ここは、加賀藩士の中・下級武士が住居を構...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:旅行ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

下級武士について