興奮状態

興奮状態についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [興奮状態] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

興奮状態を含むブログ記事

y*さん
  • グール
  • ない夢。昨日のは普通に、寝坊しないようにしなきゃっていう脅迫観念から見た夢だったと思うけど、なんか幼馴染から聞きたくない話を聞かされそうな予感を薄々察知して見た悪夢だったようにも思う。寝て起きて、頭は興奮状態なんだけど、気持ちは寂しくて、なぜか突然、一番好きだった人のことが恋しくなった。すごく久しぶりに。あの人が職場退職することになるかもってなってた時期のモヤモヤ感に、今の気持ちが似てる。前に進んでいく好...
  • R o s e t t ey*さんのプロフィール
kazueさん
ノラさん
  • GWといえばビワイチ 後編
  • くらいをキープすると、まぁまぁ頑張らないといけませんが、この時は足が温存されていたことと、テンションが高いので全く辛さを感じませんでした。追いつくまでにそんなに長く走った記憶はありませんが、いかんせん興奮状態だったこともあり、気づいたら先頭集団にいました。そのまま最後の休憩ポイントの『長命ずいかくの湯』に到着です。数分後に第二集団が到着し、急に飛び出してしまったことを謝罪しましたが特に気にしてない様子で一...
  • 気ままロードバイクノラさんのプロフィール
ふくじーにょさん
  • #ベストコンディションのためには○○が大切!
  • えていくためには、日頃からリズムを整え、身体に慣れさせることが非常に重要となります。さらに、自律神経は2種類に分類することができ、それが「交感神経」と「副交感神経」と呼ばれるものです。◆交感神経心身を興奮状態や活発に動かす神経。<交感神経が優位な状態の例>緊張して心拍数が早くなる、呼吸が浅くなる、など。◆副交感神経心身をリラックスに導く神経。<副交感神経が優位な状態の例>眠気、ゆっくりとした呼吸、など一方...
  • ソフOFF_Blog(ソフトテニス・オンラインBlog)ふくじーにょさんのプロフィール
hayumintさん
  • 我が家のアイドル
  • も悪化することもちろんあり。ただ、本人が辛くないのであれば、老犬の行動はとても可愛い。おトイレの失敗も多いし、夜中はずっとくるくる徘徊してるけど、それでもいるだけで癒されます。病院から帰ってきてから、興奮状態で30分部屋の中を迷走中です。手作り石けん(ハンドメイドソープ)ランキングへにほんブログ村【2018年5・6・7月のスケジュール】日程が埋まってしまっているため8月末まで新規リクエスト受け付けておりま...
  • 石けん教室「BON SABON」&トールペイント教室hayumintさんのプロフィール
友野準子、にゃんこ先生。さん
  • 力を抜く…それ、ホントにやっていいの??
  • こりうる現象は、教師サイドは「あって当然のこと」として認識する必要があります。 なぜなら、この程度の不正確さは「必然」として、起こりうる現象だからです。 理由の1つは、神経中枢が活発になり、興奮状態になるからと言えます。 特に、新しい動き、新しい解釈の下行う場合「新しい」ものであるが故に、既存の条件反射、自動メカニズム、運動パターンに頼るわけにはいかない、という状況におかれます。 そのため運動...
  • NicolaBalletー二コラバレエ友野準子、にゃんこ先生。さんのプロフィール
ミルクママさん
  • てんかん発作
  • してきました。追加のお薬の服用もあるのですが、主治医はお勧めはしないということでした。月末に予定している腎臓の血液検査のとき、お薬の血中濃度を測定して今の薬の量があっているかみることにしました。昨日は興奮状態が残っている感じがあったのですが、今日は、ほぼ、いつものミルクに戻ったかなと思います。...
  • いつも笑顔で!ミルクママさんのプロフィール
ぺぺこさん
  • 日曜の夜はぐったり。
  • も気は遣います。気も張ってます。 家に帰るとドッと疲れます。 最近十分な睡眠が取れてた為、あまり寝てない今日は、凄くフラフラします。息子の寝付がよく助かりました。 私は、早めに睡眠薬飲んだけど、脳が興奮状態みたいになってて、眠れるか不安。 ←参加しています。良ければクリックお願いします。にほんブログ村...
  • 負けるな!ぺぺこ!シンママ日和ぺぺこさんのプロフィール
ネコさん
  • 脳の扁桃体の活動を沈めて恐怖を抑える方法〜脳を鍛えるネコのお話〜
  • の血流が増え、脳内の興奮物質が大量に放出されることで、強い恐怖や不安を感じ、それによってその場から素早く逃げたり、敵を攻撃したりする動物としての機能がわたしたちには備わっているようです。適度な緊張感や興奮状態は、仕事やスポーツをする上では必要なものかもしれません。しかし、ストレスの多い現代社会では、この扁桃体が過剰に働き、かえってその活動は生活の邪魔になっており、うつ病やパニック障害の原因にもなっています...
  • ネコによる福音書ネコさんのプロフィール
化け虎さん
  • セシュクロワッサン
  • 、付き添いのお父さんに励まされながら海底へ。BCDの操作、レギュレーターリカバリーなど。最初はドキドキしていたけどあっという間に落ち着いていたお2人。お父さんは横で見守る。エキジット後はやっぱりみんな興奮状態。あれがいたとかこれがいたとか。そしてベルトランからの水中のアドバイスを聞いて終了。明日も頑張って〜天候: 曇り風: 東南東,7kt/h 月齢: 3.6(中潮) 波高: 0.3m 気温: 23.3℃...
  • ロカ&かいちょう日記+(Plus)化け虎さんのプロフィール

興奮状態を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

興奮状態について