濁流

濁流についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [濁流] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

濁流を含むブログ記事

秀春さん
  • 自作詩 女たち
  • Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩等のブログおすすめ本やエッセイ、絵、自作詩などを載せていきたいと思っています。自作詩 女たち2018/01/19 22:25自作詩詩現代詩女たち風運命諦念雨上がり濁流は流れるたくましい遡上を続ける魚群を孕みながら鮮明な絵に描かれていたのは風知る人もない町の月明かりああ運命はわたしに諦念を贈ってくるのだろうか優雅にも崩落していく女たちを目の当たりにして2018/01...
  • Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩等のブログ秀春さんのプロフィール
三村さん
  • アーサー・ホーランドという牧師さん、ご存知ですか?
  • その日、実は、19:00から、中野で、アーサー・ホーランドというヤンチャな牧師さんのお話を聞きに行ってきました。噂には聞いていましたが、確かに、迫力有り、立て板に水を流すが如くと言いますが、立て板に水濁流が流れ込むという感じでした。マニュアル通りの、お約束通りのお話ではなく、経験に基づく、納得のいく、腑に落ちる、面白いお話でした。たまにはこういう時間もいいですね。神様のお話もユニークで、琴線に触れるも...
  • ファッションを通して人生を楽しむためのブログ三村さんのプロフィール
モモさん
  • こちらは今日もあったかいです
  • 建ちます。ご主人様もお母さんも死んで、全てがなくなった、あの嵐のあった十月。あの、沢山の人が流れたかも知れない場所。そして、沢山の人を押し流し……。とうとう、ご主人様の体を、どこかへ連れ去ってしまった濁流の墓場……。私も見ずに飲まれて死んだのでしょう。きっと、一瞬のことで、何が何だか、わからなかったのでしょう。ご主人様。心配なことは沢山あります。お嬢さんのことも、坊やのことも……。廃れ行く道を辿り続け...
  • 嵐の夜からの手紙〜虹の橋のモモのつぶやき〜モモさんのプロフィール
最新のニュースを動画で24時間お伝えする日本テレビのさん
  • 芥川賞 石井さんと若竹さんがW受賞
  • は、石井遊佳さんの「百年泥」と若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」。今回の芥川賞はダブル受賞となった。石井遊佳さんの「百年泥」は、インドで百年に一度の大洪水に見舞われた日本語教師の主人公が、川の濁流で堆積した泥から発見された品々にまつわる出来事を追体験する物語。デビュー作での受賞となった。そして芥川賞もう1人は、若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」。夫を亡くし子供たちとも疎遠になっている7...
  • 最新のニュースを動画で24時間お伝えする日本テレビの最新のニュースを動画で24時間お伝えする日本テレビのさんのプロフィール
坊主さん
  • それそれの感度
  • 人は、自分に自信がないため悪い方に考えてしまいます。何気ない周囲の話が悪口のように聞こえたり、誰も思ってもいないようなことを勘ぐったりして、いわば自滅的に苦悩してしまいます。 情報化社会で生きていれば濁流のように情報が押し寄せてきます。大切なことは情報の選別であり、そのために自分のアンテナを磨かなければなりません。無駄な情報はキャッチしない、ネガティブな情報には翻弄されない、必要な情報はちゃんと整理す...
  • 甲子大黒天本山のブログ坊主さんのプロフィール
ベリーグッドさん
  • 四柱推命における五行のバランスの見方について3
  • した。校内で成績トップ、全国大会で優勝するような強い運の持ち主ですら、そんな精神状態にしてしまうのです。この方の場合は、戊の大運の地支が子だったため、元々3つあった水の根がさらに増えてしまい、それこそ濁流状態だったのを堰き止めていたのが戊でした。その戊が木によって剋されたというのは、荒れ狂う濁流を堰き止めていたダムが決壊するようなものでした。このように、忌になる干を抑えている干への剋は、時として激烈な...
  • ベリーグッドベリーグッドさんのプロフィール
グリオさん
  • 土砂と一緒に車がハイスピードで流れてきた。土石流の恐ろしさがわかる衝撃映像
  • な事態となった。 泥流を警戒しながらの救助活動が行われる現場からは、すさまじい土石流の様子が次々と報じられ自然災害の恐ろしさを伝える画像や映像が次々とネット上に拡散していった。 そんな中、勢いを増した濁流に乗り、1台の車が道路の下りカーブから流れてくる驚愕の映像が話題となっている。 このプリウスはそのまま撮影者の前を流され視界から消えていった。続きを読むSource: カラパイア...
  • おもしろポータルグリオさんのプロフィール
パルモさん
  • 土砂と一緒に車がハイスピードで流れてきた。土石流の恐ろしさがわかる衝撃映像
  • な事態となった。 泥流を警戒しながらの救助活動が行われる現場からは、すさまじい土石流の様子が次々と報じられ自然災害の恐ろしさを伝える画像や映像が次々とネット上に拡散していった。 そんな中、勢いを増した濁流に乗り、1台の車が道路の下りカーブから流れてくる驚愕の映像が話題となっている。 このプリウスC(日本での車名はアクア)はそのまま撮影者の前を流され視界から消えていった。続きを読む...
  • 奇想天外生物図鑑カラパイアパルモさんのプロフィール
V子さん
  • 【雲南省】その3 〜中虎跳峡の試練と茶葉古道
  • いな、、ここは本当に世界遺産の観光地??後で知ったのですが、ここはトレッキングコースでした河はまだまだ遠い少しずつ河が近くに。目的地に到着!中虎跳峡地味過ぎる!!まるで墓標!こう見えて、流れは急です。濁流の横、間抜けなポーズ取るV子ここは柵もなくワイヤーのみ。吊り橋もちょっと頼りない。登山装備で来るべき所でした。往路より大変な復路。この後はひたすら山登り。高山病ぽいし少し息切れを体験。しかし、S美さん...
  • 美味ホンコン探検隊(*^^*)V子さんのプロフィール
宮乃森さん
  • コルトM1847羽衣 月村了衛 #小説 #読書 #book #bookjp #書籍 #月村了衛
  • 7を携え信三郎を探す旅に出た。しかし佐渡の金山には、「オドロ様」なる奇怪な像を信仰する邪教が広がっていた。オドロ様一党と対立し、追い詰められたお炎はコルトを抜くが、やがて恐るべき陰謀に巻き込まれるー。濁流のようにうねる物語。圧倒的なリーダビリティを誇る時代長編!コルトM1847羽衣 [ 月村 了衛 ]コルトM1847羽衣【電子書籍】[ 月村了衛 ]ネットで本を買うなら送料無料の「honto」で!電子書...
  • 文芸市場宮乃森さんのプロフィール

濁流を含むブログ村メンバー

  •  
日本ぺんぎんさん
M U T Eさん
混濁流転さん