ノーベル文学賞

ノーベル文学賞についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 人気作家だからノーベル文学賞を取れるとは限らない
  • '17年10月8日(日)    [ノーベル文学賞] ブログ村キーワードファンは狂喜乱舞だろう。今年のノーベル文学賞を日系英国人作家で「日の名残り」などの作品で知られるカズオ・イシグロ氏(62)が授賞した。授賞理由は「偉大な感情の力を持つ 数々の作品において 世界と結び付く、 われわれの幻想的感覚を 深い根底から 見つけ出してきた」というもの。イシグロ氏は1954年、長崎市で日本人の両親の元に生まれ、5歳で海洋学者・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

ノーベル文学賞を含むブログ記事

かなたさん
アキシオム80さん
  • 「音楽&オーディオ」を通じて人生の質を高めよう
  • 「音楽&オーディオ」を通じて人生の質を高めよう2017年12月16日 |復刻シリーズ今や日本の作家の中で「ノーベル文学賞」に最も近いと言われている「村上春樹」さん。あまりにも世界的に有名になりすぎたせいか、近年受賞を逸し続けているが、むしろご本人はそういう「ご大層な賞」に無縁であることを良しとし、まったくこだわっていな...
  • 「音楽&オーディオ」の小部屋アキシオム80さんのプロフィール
奇怪な奴さん
  • ノーベル文学賞とは…?
  • ■【ノーベル文学賞と村上春樹】●単なる流行作家にノーベル賞は無い!まず、何をマスコミはノーベル賞にこだわるのか。世界には、片隅に生活しながら素晴らしい小説を書いている自称作家はいくらでもいるだろう。マスコミはもっと精緻...
  • 小説奇怪な奴さんのプロフィール
すまいるさん
  • みんなで1つのプレゼント。
  • グ一覧を見るRSS著作権についてのご注意AD最新の記事みんなで1つのプレゼント。読み比べ。Maastricht(マーストリヒト)ベルギーでのお出かけ。師走。お食い初め。Disneyland Parisノーベル文学賞。恐竜たちの住むところ。エンボス加工 第2弾。一覧を見るテーマブログ ( 0 )自己紹介 ( 8 )作品紹介 ( 0 )├書道 ( 6 )├カリグラフィー ( 9 )├クラフト ( 8 )├命名書 (...
  • 書×クラフト ひと目で想いを伝える魅文字アートすまいるさんのプロフィール
タリンさん
  • こんなふうに帰ってきてくれたら
  • リーマンと木馬の王女さま文学、経済も訳せる数少ない医学翻訳者のひとり。でも、英検3級、TOEIC130。英語はできないと「豪語」する。トロイの木馬を堀りあてたシュリーマンと、技術翻訳者から作家になり、ノーベル文学賞を受賞したドイツのヘルタ・ミュラーをめざす。ブログトップ記事一覧画像一覧記事はありません仏さまと会食できる・・・こんなふうに帰ってきてくれたらNEW!2017-12-15 21:49:18テーマ:ねこ...
  • シュリーマンと木馬の王女さまタリンさんのプロフィール
moripiのブログさん
  • 音楽忘れてる!
  • THE BAND ~ FOREVER YOUNG. ノーベル文学賞受賞で物議をかもした ボブ・ディラン 実子を若くして亡くした悲しみを綴っています。 たくさんのミュージシャンがカバーしていますが私はこれが好きです(^^♪ 男の哀愁あふれまくってますやん(。・ω・。)...
  • moripiのブログmoripiのブログさんのプロフィール
じゃーりさん
  • ノーベル賞作家の作品送ってみたら…全出版社がボツに ファンが「実験」
  • 0171213-00000025-jij_afp-int 生前のクロード・シモン氏。自宅にて(1981年撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】1985年にノーベル文学賞(Nobel Prize in Literature)を受賞した仏作家クロード・シモン(Claude Simon)のファンが、 シモンの作品を大手を含む出版社19社に送るという「実験」をしたところ、...
  • 2chにゅーすじゃーりさんのプロフィール
peaceさん
  • Never Let Me Go
  • にかかわる問題を扱った小説が日本でも多く出るようになりました。そういう本を読むと、いつも既視感を持ちました。今回再読してみて「これだったのか!」と驚きました。日の名残りとは全く違うスタイルで・・・でもノーベル文学賞のインタビューで」言ってましたね。スタイルを固めないで書くと。今回4冊ほど読みましたが、それぞれ違っていました。でも、それとは別に、この本は、再び心に残りました。命のために、これほど丁寧に扱われていた...
  • refresh なうpeaceさんのプロフィール
mieさん
  • ドクトル・ジバゴ 2月再演
  • 6年ぶりに再演される。「ドクトル・ジバゴ」は、ロシアの作家ボリス・パステルナークの同名小説を原作とする。ロシアの10月革命を背景に、医師であり、詩人であったユーリー・ジバゴとララの愛を描くこの作品は、ノーベル文学賞を授与され、故オマー・シャリフ主演の映画が製作され、米国アカデミー賞5部門を受賞した。再演されるミュージカル「ドクトル・ジバゴ」は、2012年に初演とは異なる形で観客たちと会う予定だ。初演時は幾何学模...
  • 徒然なるままにmieさんのプロフィール
みきちゃんさん
  • 風立ちぬ
  • なると、畑仕事もなく、部屋にいて読書の時間が多くなる。以前は、時間があると本屋を覗くのを趣味のようにしていたが、最近はめっきりその回数も減った。かわりに、電子書籍を利用することが多くなっている。今年のノーベル文学賞は、日系イギリス人のカズオ・イシグロが受賞したが、この人の「日の名残り」、「わたしを離さないで」、「忘れられた巨人」を読むことができたのは、望外のしあわせであった。いずれも、コボからダウンロードして紙...
  • 晴耕雨読みきちゃんさんのプロフィール

ノーベル文学賞を含むブログ村メンバー

  •  
QBさん
クインスワーフさん
偽山 真さん
Tさん
  • Pulp LiteratureTさんのプロフィール
  • 海外文学を中心に読んでいます。その他、ノーベル文学賞、ブッカー賞の作品紹介つきリストなど。

にほんブログ村

>

キーワード

>

ノーベル文学賞について