サダム・フセイン

サダム・フセインについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [サダム・フセイン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

サダム・フセインを含むブログ記事

Nail Salon Buddhaさん
  • Iran 2017 ?油田・天然ガスの街アフワーズ
  • りましたが、イラン軍守備隊は救援軍の到来まで持久に成功し、1981年のサーメノル=アエンメ作戦でイラク軍が敗退すると包囲から解放されました。イラク軍はイラン領内200kmまで進行したそうです。イラクのサダム・フセインはアフワーズでアラビア語が使われているのを理由にわが領土だと主張し、イラン革命時のどさくさに攻め込んでいます。サダム・フセインはイラン革命時の混乱中の隙に領土拡大を考えたようです。ほぼ半日の移動でした...
  • Nail Salon Buddha`s BlogNail Salon Buddhaさんのプロフィール
シャンティ・フーラさん
シャンティ・フーラさん
  • 【トランプ大統領のエルサレム発言】イスラム教徒が団結し、見捨てられていたパレスチナの人々を救い出す手順が見えてきた
  • 替えも思惑通りには進まなかった。戦争が長引くにつれて侵略勢力は結束が緩み、すでにトルコやカタールは離脱してロシア、イラン、シリアのグループに接近している。2003年にアメリカ主導軍から先制攻撃を受けてサダム・フセイン体制を倒されたイラクもこのグループと手を組んでいる。アメリカの中東における影響力は急速に低下し、ロシアの存在感が強まった。トランプは世界の目をアメリカへ向けさせようとしたと考える人もいる。 ※タグ:...
  • 時事ブログ(メディアに流れない 世界の今を発信中)シャンティ・フーラさんのプロフィール
ぽっぷでらいとさん
  • 12/13「過去の出来事」
  • 959年『兼高かおる世界の旅』が放送開始。1990年まで30年10か月の長寿番組に。1991年南北朝鮮両首相が「南北間の和解と不可侵及び交流・協力に関する合意書」に調印。2003年アメリカ軍がイラクのサダム・フセイン元大統領の身柄を確保。2008年フィギュアスケートのグランプリファイナルで、浅田真央が逆転優勝。浅田真央×リカちゃん人形 ソチ5輪衣装 郵便局限定 誕生50周年記念◆新品Ss【送料無料】【即納】【コン...
  • ぽっぷでらいとな日記ぽっぷでらいとさんのプロフィール
内藤陽介さん
  •  イラク全土、解放宣言
  • ました。というわけで、きょうはこの切手です。(画像はクリックで拡大されます)       これは、今年(2017年)、イラクで発行されたモースル解放の記念切手です。 2003年の“イラク戦争”によってサダム・フセイン政権が崩壊した後、イラクは米英を中心とする有志連合の軍事占領下に置かれ、連合国暫定当局(CPA)によって統治されていましたが、2004年6月28日、国家の主権は暫定政権に移譲されました。これに伴い、有...
  • 郵便学者・内藤陽介のブログ内藤陽介さんのプロフィール
佐藤則男さん
  • アメリカ政府と北朝鮮政府が交渉?まさか?
  • 述べている。必ずと言っていいほど、その記事の裏付けができているのである。同氏によると、北朝鮮がアメリカ政府と話し合いを望み、どうやら、その裏交渉が行われている、というのである。ただ、北朝鮮は、イラクのサダム・フセインやリビアのカダフィのような運命をたどることは、避けたいという強い意向がある、というのである。この点をアメリカ政府は考えているのではないかと言うのである。確かに、イラク、リビアを考えれば、金正恩を生かし...
  • 佐藤則男:New York からの緊急ニュース佐藤則男さんのプロフィール
政治研究会さん
  • 米軍の弱体化が進行している
  • 軍には、1991年のソ連崩壊による冷戦終了以来、説得力ある“悪の”敵がなかったという事実は、士気の上で大きな影響を受けた。2001年、アフガニスタンに行き、オサマ・ビン・ラディンを倒し、次にイラクで、サダム・フセインを倒し、次はリビアでムアンマル・ カダフィを倒し、今シリアでバッシャール・アル・アサドを倒そうとしているが、こうした“敵”のどれ一人たりとも、大半のアメリカ人にとって道徳的に説得力がない。(中略)今年...
  • アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争政治研究会さんのプロフィール

サダム・フセインを含むトラコミュ

イラク戦争と暴動掃討
  • イラク戦争と暴動掃討
  • サダム・フセイン体制の打倒後に混迷を深めるイラク。米英のイラク政策、国際社会の対応はどうあるべきか。跋扈するテロリストの暴動を掃討するには何をすべきか?またイラ...
  • トラックバック数:261 TB参加メンバー数:26人カテゴリー:政治ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

サダム・フセインについて