サダム・フセイン

サダム・フセインについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [サダム・フセイン] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

サダム・フセインを含むブログ記事

ryokuoukaiさん
  • 【報道より】「非核化」で北朝鮮と和平。冗談ではない。アメリカの最終目標は
  • 北朝鮮は完全に干上がる。それはアメリカにとっては思う壺で、そのうちに北朝鮮内に内乱を起こさせ、体制を転覆させることができる。 要するに、アメリカの最終目標は、朝鮮半島の非核化ではなく、金正恩をイラクのサダム・フセイン、リビアのカダフィと同じく、この世から葬ることと考えるべきだ。 そうして、“朝貢国”である北朝鮮の背後にいる“冊封国”中国にプレッシャーを与えること。これが、アメリカの本当の狙いだろう。トランプは、今...
  • 自衛隊協力会 緑櫻会ryokuoukaiさんのプロフィール
ニュースで動画さん
内藤陽介さん
  •  きょう、イラク総選挙
  • 活動は大いに減退。さらに、1990年のイラク軍によるクウェート侵攻を経て1991年に湾岸戦争が勃発すると、それに伴い国連による対イラク経済制裁が発動され、日本とイラクの輸出入は事実上停止されました。 サダム・フセイン政権崩壊後の2003年以降、日本は国際社会と協調してイラクの復興・民主化支援を行っており、同年のマドリード会合では、無償支援15億ドルと円借款35億ドルの支援を表明。また、ムサンナ州サマーワへの自衛隊...
  • 郵便学者・内藤陽介のブログ内藤陽介さんのプロフィール
光源氏さん
  • イスラム教とは何だ(9)
  • (その1)「アラブの春」がイスラム世界に何を残したのか? 米国が2003年3月にイラクを攻撃した理由は2つある;?大量破壊兵器に関する制裁?フセイン政権の圧政から国民を解放するとは言っても、イラクは、サダム・フセインのお蔭でアルカイダの活動が抑えられていたのだ。フランスやロシアは反対したが、米国のブッシュ大統領は「ドイツや日本を見よ。ファシスト政権だったけど戦争に敗けてから、云うことを聞く様になったではないか」と...
  • 先祖を尋ねて光源氏さんのプロフィール
曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなさん
  • 東アジアの平和と繁栄こそ日本の国益
  • な対応を示すべきでない。リビアに対して米国は、リビアの非武装化を強制した後で、リビアのカダフィ大佐を虐殺する対応を示した。イラクに対しても「大量破壊兵器を保持している」と言いがかりをつけて軍事侵攻し、サダム・フセイン大統領を虐殺した。北朝鮮が強硬な対応を示し続けてきた背景には、こうした歴史の事実が存在している。この点を踏まえずに、北朝鮮だけを悪者にして糾弾することは正当な評価とは言えない。日本は、米国にはへつらい...
  • 曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するような曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するようなさんのプロフィール
takeさん
  • フェイクニュースで逮捕!?SNS上での誘導!?
  • 関が、お互いを「フェイク」と言い合っているように、何が「フェイク」なのかを決めるのは、簡単にはいきません。政府だからといっても、必ず正しい判断が出来るとは限らないのです。例えばアメリカは、2011年のサダム・フセイン政権を「大量破壊兵器を保持している」という理由で攻撃しますが、のちにその判断は「間違っていた」と表明します。わざとじゃなくても判断は間違ってしまうのです。そんな状況なのに、「フェイクニュースを流したら...
  • よもやまtalk:ニュース解説&お得記事takeさんのプロフィール
東アジア歴史文化研究会さん
マスコミを研究さん
  • 教育とマスコミによって刷り込まれている「常識」とはお伽の世界である
  • ア国内の内戦」との欧米日マスコミのプロパガンダが喧伝され、激しい侵略戦争の攻撃をシリアが受け始めたのが2011年からでした。もしこの侵略戦争でシリアが倒されていたら・・・。1991年の湾岸戦争時、私はサダム・フセインが極悪だと思い込んでいました。油まみれの真っ黒になった水鳥の映像が強烈だったのです。映像による印象操作です。私たちは気づかないうちに常時洗脳攻撃を受けています。多くの人はテレビであからさまな「侵略攻撃...
  • マスコミの暴走マスコミを研究さんのプロフィール

サダム・フセインを含むトラコミュ

イラク戦争と暴動掃討
  • イラク戦争と暴動掃討
  • サダム・フセイン体制の打倒後に混迷を深めるイラク。米英のイラク政策、国際社会の対応はどうあるべきか。跋扈するテロリストの暴動を掃討するには何をすべきか?またイラ...
  • トラックバック数:261 TB参加メンバー数:26人カテゴリー:政治ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

サダム・フセインについて