尾張藩

尾張藩についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [尾張藩] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

尾張藩を含むブログ記事

ふわふわさん
  • イザベラ・バードが持ち帰ったアイヌのマキリ(小刀)
  • されるな」2018/09/01  不破 慈(ふわめぐみ)  有名な木彫りの熊についての説明も、別記事でして下さっています。※一部引用 木彫り熊はアイヌの物と思われているが、あれは八雲や白老に入植した旧尾張藩主達がスイスのお土産を手本に作り始め、それを私の祖父市太郎や松井梅太郎・藤戸竹夫等が中心となり木彫り熊を作り始めたのが昭和10年代のことであるが、これも立派な日本の北海道の特色ある文化、つまり日本文化...
  • 二番目の山羊ふわふわさんのプロフィール
みどりの木さん
  • 名古屋城の紹介 16 二の丸1
  • 徳川慶勝が、1868年の明治維新の年に、佐幕派の藩士14人を処刑したそうです。佐幕派でもない気に入らない藩士も、ついでに処刑されました。 現地にあった江戸時代の二の丸絵図です。右半分が藩庁で、左が尾張藩主御殿です。 現在二の丸の南側には、愛知県体育館があります。愛知県体育館です。 二之丸広場は現在 夏祭りの会場になっている二之丸広場です。向こうの方に見えるのは東南隅櫓と天守です。 二之丸広場です。...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
浮草剣之介さん
  • 中山道 信濃路を歩く「洗馬(せば)宿・本山宿・贄川(にえかわ)宿」
  •        国道に温度計があり31度と表示されていた   この国道沿いを南に歩く  これより南木曽路の石碑  贄川宿までの歩行経路 これより南木曽路・・・この地は木曽路の北の入り口であり江戸時代には尾張藩の北境であった・・・そういえば島崎藤村の代表作「夜明け前」は「木曽路は山の中である」と書き始めた・・・そう山の中ですね〜      桜沢茶屋本陣跡左側に    画像奥が贄川宿   中山道独り占めの街道...
  • もっと気軽に居合道!熊谷道場 剣酔記浮草剣之介さんのプロフィール
もぐままさん
  • 今年6月から完全公開 名古屋城 本丸御殿
  • テレビの番組で見て以来、訪れてみたいなぁ、と思っていたのが名古屋城 本丸御殿。本丸御殿は尾張藩主の住居として慶長20年(1615)に徳川家康の命により建てられました。後に、将軍上洛時のお成御殿として上洛殿が増築され、秀忠、家光、家茂の3人が宿泊しています。昭和5年、天守とともに国宝に指定されま...
  • マイ巡礼もぐままさんのプロフィール
みどりの木さん
  • 名古屋城の紹介 14 本丸西南隅櫓
  • す。 菊紋瓦が見えます。 菊紋瓦の解説板です。 現地にある解説板です。上が北です。 3階から北方向を見たところです。大小天守が見えます。 3階です。この隅にあるものは御窓台です。 御窓台の解説板です。尾張藩主が5階から遠くを眺める台です。 3階から見た西の丸工事区域です。左にカメラを回します 西の丸正門方向です。 正門のズームUP写真です。 名古屋駅前の高層ビルが見えます。さらにカメラを左に回すと夏祭り...
  • 歴史大好きみどりの木みどりの木さんのプロフィール
西村 治彦さん
  • 馬籠宿
  • 上」の駐車場に留めたため、往路は下りで復路は登りになってしまった。少し、下調べをしておけばよかったと悔やまれる。当時の木曽代官からの布達がそのままに復元されている。木曽の五木宝永五年(1708)五月、尾張藩は、木曽の住民たちが、ひのき、さわら、こうやまき、あすなろ、ねずこの五種類の木を伐採することを禁じ、掟を破る者は死罪にした。「木一本首一つ、枝を落とせば腕を斬る」として、怖れられると共に山を失った村人...
  • 西村社会保険労務士事務所だより西村 治彦さんのプロフィール
Mr-booさん
  • バイオリンの日
  • ん!とある音楽教師の門を叩く。そこで目にした楽器がバイオリン。鈴木さんは一目ぼれしてしまい、その日のうちにバイオリンを書き写して、それとソックリのものをナント1週間で作ってしまいました。実は、鈴木氏は尾張藩の出だが家計が苦しく三味線や琴を作っていたと言います。鈴木さんは、バイオリンの工場を作り本格的に製造を始めました。1900年にはパリ万国博覧会に出品し銅賞を受賞するほどになりました!その会社は・・・・...
  • Mr-booのもの想いブログMr-booさんのプロフィール
hitomiさん
  • 黒書院の六兵衛門終わりました
  • マ化、江戸城不戦開城の史実をベースにした同作。時代の波に取り残されそうになりながらも、自らの信義を通し一切口を利かぬまま江戸城内に居座り続ける将軍直属の御書院番士・的矢六兵衛(吉川)と、官軍側についた尾張藩から遣わされ六兵衛排除の任を負ってしまった下級藩士・加倉井隼人(上地)との交情を描き出す。←最後の裃姿、立派です。将軍も駿府に引退したのに黒書院に居座る旗本。でもこれが5千両も出して株を買った人で謎だ...
  • 猫と薔薇、演劇、旅ファンhitomiさんのプロフィール
lowflightさん
  • 9月の低空飛行第2と博物館たび
  • 所の総鎮守で、かつては八所明神と呼ばれていました。小牧長久手の戦いの前に徳川家康が立ち寄ったとも伝わる歴史のある神社で赤い鳥居がかっこいい。近くの 尾陽神社 にも何とか真っ暗になる前に着きました。初代尾張藩主の 徳川義直 と最後の尾張藩主 徳川慶勝 を祀る、明治時代にできた神社です。ここは佐久間氏の居城だった御器所西城の城址でもあります。博物館も見て、史跡なども歩いて、なかなか充実した1日でした。余計な...
  • 低空飛行netlowflightさんのプロフィール
linkllさん
  • 黒書院の六兵衛
  • ドラマ情報放映日 2018/07/22〜2018/08/26放映時間 22:00〜放映曜日 日曜日放映局 WOWOW製作国 日本ジャンル 時代劇ストーリー 江戸定府の尾張藩士・加倉井(上地雄輔)は不戦開城と決まった江戸城内検分の先手として遣わされることに。そこで勝海舟(寺島進)から、口を利かぬまま居座りを続ける将軍直属の御書院番士・的矢六兵衛(吉川晃司)に懸念ありと聞く...
  • 無料映画・ドラマまとめlinkllさんのプロフィール

尾張藩を含むトラコミュ

豊田
  • 豊田
  • 江戸時代挙母藩は内藤家2万石の城下町であった。足助は交代寄合旗本の本多家の治める陣屋があった。寺部には尾張藩重臣の渡辺家1万石の陣屋があった。松平郷は松平家発祥の...
  • トラックバック数:15 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ
徳川義直
  • 徳川義直
  • 江戸幕府初代将軍の家康の第9子として生まれ、甲斐甲府藩主、尾張清洲藩主を経て、元和2年(1614)から尾張名古屋藩主として名古屋城に住まう。61万9500石を与えられ、徳...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
尾張徳川家
  • 尾張徳川家
  • 尾張藩主徳川義直以降の歴代藩主や江戸時代の尾張についての情報。
  • トラックバック数:22 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

尾張藩を含むブログ村メンバー

  •  
seto−craftmanさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

尾張藩について