尾張藩

尾張藩についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [尾張藩] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

尾張藩を含むブログ記事

alleventさん
  • 7月22日って何の日?
  • ッサンドロ・デ・メディチ、フィレンツェ公爵(没年 1537年)1622年 - シャフツベリ伯爵アントニー・アシュリー=クーパー、政治家(没年 1683年)1705年(宝永2年6月2日) - 徳川宗勝、尾張藩の第8代藩主(没年 1761年)1784年 - フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセル、数学者、天文学者(没年 1846年)1831年(天保2年6月14日) - 孝明天皇、第121代天皇(没年 1867...
  • オールイヴェント情報ブログalleventさんのプロフィール
てれびっ子さん
  • 【大相撲 御嶽海 優勝】御嶽海初優勝! 平成生まれの日本人で初賜杯! 雷電依頼の記録とは!?
  • か信濃ならいいよね。 長野県で雷電(県北東部出身)以来208年ぶりって言ってもそんな時代に長野県なんて無いからピンとこないだろうな。信州は各郡藩領もバラバラで御嶽海の出身地である木曾地方(県南西部)は尾張藩領だったし。 土俵の外に押し出した瞬間相手の体を支えたりする感じがすごい好きです そして平成生まれの日本人力士が初めて賜杯を抱く兎に角記録ずくめですね!おめでとう御嶽海! 横綱なにしてんの?大関?カド...
  • てれびっ子てれびっ子さんのプロフィール
酔石亭主さん
  • 名古屋散策 その23
  • となった可能性がある場所です。所在地を示すグーグル地図画像。建中寺に関しては以下Wikipediaより引用します。建中寺(けんちゅうじ)は、愛知県名古屋市東区にある浄土宗の寺院。江戸時代を通じて代々の尾張藩主の廟が置かれていた。1651年(慶安4年) に第2代尾張藩主徳川光友が、父である第1代藩主徳川義直の菩提を弔うために建立した。創建当時は周囲は石垣と堀で囲まれ、四万八千坪(158,400m2)の境内...
  • 水石の美を求めて酔石亭主さんのプロフィール
テッキーさん
  • 猛暑だ、滝だ!田立の滝(ただちのたき)
  • ありました。可愛い〜〜^^イグチ科のキノコかな。大きなヒノキは、ひのきイチローの看板。ひのきイチローは登山道脇で触れるヒノキでは一番大きく、樹齢400年だそうです。木曽五木(きそごぼく)は、江戸時代に尾張藩により伐採が禁止された木曽谷の木で、 ヒノキ・アスナロ(アスヒ)・コウヤマキ・ネズコ(クロベ)・サワラの五種類の常緑針葉樹林のことを指します。この登山道では、サワラ大使、ひのきイチロー、マキちゃんなど...
  • 続テッキーの山歩きテッキーさんのプロフィール
森田高尚さん
  • 蓬左文庫の旧書庫 (2014・5・11の再掲)
  • 本、中国、朝鮮の古典籍約10万点が所蔵されている。中でも有名なのは 「源氏物語 (河内本) 」、最古の写本として重要文化財にも指定されている。 大御所家康が駿府で亡くなった後、約3000冊の蔵書が初代尾張藩主・義直に相続された。「駿河御譲本」 と呼ぶ。義直は学問を好み、その後も書物を集め続けたが、それらが「 蓬左文庫」 の元になっている。戦後( 昭和25年)、徳川黎明会は文庫を手放すこととなったが、名古...
  • 中部の「土木文化」見てある記森田高尚さんのプロフィール
グリーンサムズアップさん
  • 中部庭園同好会、福井越前の庭 バスツアー
  • 7月14日、野村勘治先生率いる中部庭園同好会。福井は越前の庭を訪ねました。スタートは越前和紙の産地にある個人宅のお庭。三田村氏庭園です。尾張藩御用達の紙商家であったそう。野村先生によると尾張徳川家、蓬座文庫の紙はすべてこの三田村家の和紙だそうです。しかも今でも紙業を続けるお宅なのです。工場から扉をくぐるといきなり!現れる迫力の石組です。江戸...
  • 「くらし快適ガーデン&エクステリア」グリーンサムズアップさんのプロフィール
マーク♪さん
  • 明治150年の今年。そして7月18日のきょう。
  • を発表する。?陸路、藝州口(広島藩)?陸路、石見(鳥取藩、浜田藩)?海路四国から徳山〜山口(周防大島口)?海路下関から山口(小倉口)?海路萩から山口をめざす(薩摩藩他)発表するが、長州藩征討軍総督、前尾張藩主徳川慶勝が正式に請書(承諾書)を出すのは十月五日である。そして諸藩に対し、来る十一月十一日までに任地に参着することを達した。この間、参謀となった西郷隆盛は九月十一日、大坂で勝海舟と面会した。このとき...
  • 地球の日記☆マーク♪のblog☆マーク♪さんのプロフィール
さりかさん
  • 10年の復元を終え完成公開!名古屋城本丸御殿
  • ろがあるんです 城郭として「国宝第一号」に指定された「名古屋城本丸御殿」奇跡の木造建築で400年前にタイムスリップ!10年の復元を終え2018/6/8 完成公開されました 名古屋城本丸御殿は、尾張藩主の住居かつ藩の政庁として慶長20年(1615年)、徳川家康の命によって建てられました。 昭和5年には、天守閣とともに国宝に指定され、屈指の名城として知られていましたが、昭和20年の空襲によ...
  • さりかのバラ色の日々♡さりかさんのプロフィール
黒川孝雄さん
  • 徳川美術館(1)  大名の数寄
  • 城は言うまでも無く名古屋城で、石高は61万1500石で、尾張一国・美濃国の一部・三河国の一部、さらに信濃国の木曽山などを領地としていた。ここまで書くと、島崎藤村の「夜明け前」が思い出される。木曽山は、尾張藩の所領であり、「夜明け前」にもしばしば木曽山の記述が出てくる。徳川美術館の建っている場所は、「大曽根屋敷」と呼ばれた尾張徳川家二代光友の隠居所の跡地である。当初は総面積13万坪に及ぶ広大な敷地で、光友...
  • 黒川孝雄の美黒川孝雄さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180714-4
  • 能いただければ」と呼びかけると、仏のニセン ... 藩主目線で幕末の激動描く 新田次郎文学賞「葵の残葉」朝日新聞名古屋市在住の作家奥山景布子さんの「葵の残葉」が第37回新田次郎文学賞に選ばれた。幕末の尾張藩主徳川慶勝(よしかつ)ら4兄弟の目から激動の時代を ... ふくしま城(しろ)フェスタ二本松大会 7月28日(土)に開催!CNET Japan夏空のもとに集う白河、会津、相馬各藩の演武隊の感動をあなた...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール

尾張藩を含むトラコミュ

豊田
  • 豊田
  • 江戸時代挙母藩は内藤家2万石の城下町であった。足助は交代寄合旗本の本多家の治める陣屋があった。寺部には尾張藩重臣の渡辺家1万石の陣屋があった。松平郷は松平家発祥の...
  • トラックバック数:15 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ
徳川義直
  • 徳川義直
  • 江戸幕府初代将軍の家康の第9子として生まれ、甲斐甲府藩主、尾張清洲藩主を経て、元和2年(1614)から尾張名古屋藩主として名古屋城に住まう。61万9500石を与えられ、徳...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
尾張徳川家
  • 尾張徳川家
  • 尾張藩主徳川義直以降の歴代藩主や江戸時代の尾張についての情報。
  • トラックバック数:22 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ

尾張藩を含むブログ村メンバー

  •  
seto−craftmanさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

尾張藩について