芥川賞作家

芥川賞作家についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [芥川賞作家] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

芥川賞作家を含むブログ記事

たか@はてなブロガーさん
  • 「すべて真夜中の恋人たち」(川上未映子)の感想
  • る あらすじ 「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う」。私は、人と言葉を交わしたりすることにさえ自信がもてない。誰もいない部屋で校正の仕事をする、そんな日々のなかで三束さんにであったーーー。芥川賞作家が描く究極の恋愛は、心迷うすべての人にかけがえのない光を教えてくれる。渾身の長編小説。 再読ですが、それでも、考えさせられる言葉が多かったです。 部分部分を振り返ってもまとまらないので、個人的に一番印...
  • 少しだけ、歩くたか@はてなブロガーさんのプロフィール
Tackmixさん
  • 松岡茉優
  • 知)から交際 ...2018-01-113.勝手にふるえてろ1/9の午後に観て参りました‼綿矢りさの原作は未読です。映画.comより勝手にふるえてろ2017年12月23日公開117分 解説芥川賞作家・綿矢りさ ...2018-01-10勝手にふるえてろ1445.勝手にふるえてろ★★★★★2018年1月8日(月)シネリーブル梅田2俗に言うと、イタい女ってことなんだろう。いかにもな文学少女っぽい言い...
  • TackmixWIKITackmixさんのプロフィール
hiroさん
橋♪さん
  • 私権社会から本源社会への革命的転換、その主役は子ども達
  • たちの思考を解放してあげた途端に、追求活力が芽生えている。元来、人間は生まれながらにして天才なのだ。目も見えず、耳も聞こえず、なにも喋れない赤ん坊の成長スピードを見れば明らかだろう。将棋の藤井四段も、芥川賞作家の又吉も、学校教育の枠組みから逃れた異端児の中から登場した。人類の人類たるところは自由に組み替え可能な観念機能にあるが、その人類固有の機能を封鎖しているのが学校教育であり、国家権力の基盤である。 ◆現...
  • 共同体社会と人類婚姻史橋♪さんのプロフィール
なおみさん
  • えー選択的摂食障害ってあるの?食物嫌悪でパニックを引き起こす
  • いことや太りたくないがためかと思っていたけども、同じものしか食べないのは選択的摂食障害とも言えることがわかった。ホントなんでも病気だなあ同じものしか食べない大人のことをピッキーイーターともうらしい…。芥川賞作家の羽田圭介さんが効率を考えて鶏ハムと人参とキャベツの酢の物とゆで卵と味噌汁が家にいる時の3食+毎日、もしくはカレーを大量に作り毎日食べ続けるということにとても共感したんだけども、いわゆる選択的摂食障害...
  • 鬱病は伝染るんです。親子・恋人・友達引き寄せ体験談なおみさんのプロフィール
つねちゃんさん
  • №674 辻仁成「エッグマン」 おすすめ本
  • らしていた。別れの理由は夫の横暴なふるまい。そのことがウフのこころの傷にもなっている。決して豊かとはいえない母娘の暮らしだが、ともに卵が好物で…。サトジの作る卵料理が二人に幸せの笑みをもたらしていく、芥川賞作家による初の料理小説!評価 4点エッグマン [ 辻仁成 ]...
  • 本が友達ジョギングは恋人つねちゃんさんのプロフィール
りょすきさん
  • 走ルを読んでいます。
  • 走ル 芥川賞作家の羽田圭介さんの作品を読んでいます。 走ル [ 羽田圭介 ] 文庫本だと青くなるらしいw走ル (河出文庫)[本/雑誌] (文庫) / 羽田圭介 黄色いほうがいいなぁ〜 まぁそんなことはどうでもいい...
  • バツイチアラ4ツイテルブログりょすきさんのプロフィール
かおりんさん
  • 「勝手にふるえてろ」@新宿シネマカリテ
  • 午後の打ち合わせが「ドタキャン」となり、以前から気になっていた「勝手にふるえてろ」を観にいくことに。。。芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を映画化したこの作品は、松岡が演じる主人公のOL・ヨシカが中2の時から10年間にわたって片思いしている「イチ」との脳内恋愛と、ある日突然告白されて成り行きで付き合うことになった「ニ...
  • Welcome to Koro's Garden!かおりんさんのプロフィール
すずたさん
  • 石神井の日銀グラウンドは公園になっていて暑いアメダス練馬観測所やオーディオ展示もあった
  • れる建物ですが、現在は公園の管理棟になっています。また、ここは「石神井公園ふるさと文化館分室」ともなっています。1階には、練馬区ゆかりの文化人の展示があったのですが、興味があったのは2階の展示です。↑芥川賞作家である五味康祐氏がこよなく愛したというクラシック音楽、オーディオ装置に関する展示があります。オーディオやレコードを数多く持っていたようで、私は欲しかったけど買うことの出来なかったオープンリールデッキも...
  • まち歩きで趣味探しと図書館めぐりを自転車ですずたさんのプロフィール
ghmmm372さん
  • 【書評】九十歳、なにがめでたい
  • 巡礼全体表示リスト【映画鑑賞】La,LA,Land【書評】九十歳、なにがめでたいクリップ追加徒然日記家族2018/1/14(日) 午後 2:18 言わずと知れた2017年度のベストセラー小説。 作者は芥川賞作家の佐藤愛子さん。 この作家、個人的には霊とか死後の世界とかが本当に存在するということで本も出していることでも有名でその考えが旅の途中と同じなので好きな作家のひとりである。 というのも、どうしても科学の...
  • 旅の途中ghmmm372さんのプロフィール

芥川賞作家を含むトラコミュ

朝吹真理子さんを全力で応援します☆
  • 朝吹真理子さんを全力で応援します☆
  • 生命体として完璧な芥川賞作家・朝吹真理子さんを応援したい方は語り合いましょう。
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:小説ブログ

芥川賞作家を含むブログ村メンバー

  •  
川下美A子さん
ゆみさん
okin_さん
  • 三浦哲郎文学を読む会okin_さんのプロフィール
  • 《岩手にゆかりの作家・三浦哲郎》の確立を目指して情報発信を続けている読書サークルのブログです。

にほんブログ村

>

キーワード

>

芥川賞作家について