釉薬

釉薬についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 有田焼の黄色い湯呑
  • [釉薬] ブログ村キーワード 和食器では、あまり見かけない黄色の釉薬は私の好きな色です。自分用に黄色い湯呑を買いました。 内側に葡萄が描かれています。にほんブログ村 にほんブログ村 ・・・続きを読む
  • アトリエのティータイム porcelain mさんporcelain mさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

釉薬を含むブログ記事

森川 隆(森の紅茶人)さん
  • 日本遺産【越前焼】の里
  • 芸公園」は、とても広い敷地でした。日本遺産になった六古窯のひとつ【越前焼】館内のあちこちで、日本遺産認定の印が見えます。【越前窯】の前に佇むと平安時代から現在までの時の流れを感じます。どちらかというと釉薬を使わず、素朴な土の香りのする陶器が主体。壺、甕、皿や花器など生活に密着した焼き物は、時が流れても支持され続ける人々の生活の品。愛知県陶磁美術館の解説ガイドを昨年からするようになってから、日本各地の窯...
  • 紅茶雑館森川 隆(森の紅茶人)さんのプロフィール
kimitoさん
  • 井戸端・着物マーケットにお持ちするお品
  • ちらの帯留は変わり種。七宝焼を知っている人から見ると未完成のようにもみえるものですが帯留としてはアリなのではないかと作ってみたところ個人的には大好物な仕上がりになりました。 縁取りのようにみえるのは、釉薬が焼き切れて銅と反応して緑色に変化したものです。単体として見ると「なんだろう」というものも帯留としては優秀だったりすることも。不思議なものです。色は白ベースですが、真っ白ではなく靄がかかったようにさま...
  • kimitoの七宝焼帯留めブログkimitoさんのプロフィール
un_point_puanさん
  • バルボティーヌ プレート
  • バルボティーヌとは、フランス語で「凸凹している」という意味があり、葉、花など立体的に見せ まるで絵画のよう。 厚くかけられた釉薬には、細かな貫入が見られ質感や風合い、共にバランスとれた美しいバルボティーヌ。こちらは、1900年代初頭の初々しい花やつぼみがリムに描かれている可愛らしいバルボティーヌ。 汚れ、ライン他、大きな欠けな...
  • un point〜アン・プアン〜un_point_puanさんのプロフィール
紋谷幹男さん
  • 540.Gallery 一客:深谷 泰 陶展
  • GEMテーマ:お茶を楽しむ生活 Gallery 一客(渋谷区神宮前4-7-3)では、深谷 泰 陶展。会場風景。 イッチン描きという技法がありまして、イッチンとは、スポイト型の筒のことで、この中に泥漿や釉薬を入れて、絞り出して絵付けをしてゆきます。結果、平らな器面に描かれた絵や模様は、盛り上がっています。ハスやサトイモの葉っぱの表面の朝露の水玉が、とても美しく感じられるように、そのわずかな盛り上がりと輝...
  • お茶を楽しむ生活紋谷幹男さんのプロフィール
花器工房さん
  • 窯詰め作業
  • 窯詰め数種類の釉薬使って入れていき外が暗くなってきたにで作業終了明日完成予定にほんブログ村 ← クリックしていただきありがとうございます!...
  • 花器工房日記花器工房さんのプロフィール
toshik2013さん
  • 刷毛目・Hakeme
  • a Shachu ? Omotesenke刷毛目・HakemeApril 23, 2018 by toshik2013 Leave a comment胎土に刷毛で白土を塗って刷毛目を残し、さらに透明な釉薬をかけたものです。朝鮮半島で始められました。White clay is brushed over the base clay, thus leaving a brush mark (hakeme).A...
  • 茶の湯 in サンフランシスコ 表千家toshik2013さんのプロフィール
1166akiさん
  • 陶芸教室225 釉薬作業
  • めて湯がいてくれたんだなぁ〜(感謝)」てな感じで顔が浮かびます¥100と言えば¥100なんだけどねそれ以上の価値がある気がして有り難く食している1166です陶芸教室は「猫バス」の興奮冷め止まない中での釉薬作業です素焼き終了品が数点上がっていましたマーブル柄作品はいつも通り透明釉で釉薬掛け余りMIX粘土の単色試作品は悩んだ末「飴釉」にしてみました今まで使ったことが無い釉薬ですうん!どちらも完成が楽しみ〜...
  • 1166akiの-mixup-LIFE1166akiさんのプロフィール
Yuki(LalaGarden)さん
  • 自作の器でケールスープ
  • にくっきりと入ってる!昨日収穫したケールをジャガイモと玉ねぎと一緒にコトコト煮てスープを作ったので早速使ってみました。ちなみにケールはこれね。まだ沢山あるよ。(笑)カップは4つ作ったの。そのうち2つに釉薬をかけて焼いたものが。。。こちら、完成品♪♪(あと2つも釉薬をかけた状態で本焼き待ちです。)この柄は土の地の色です。(釉薬を弾くロウのような薬品を塗って柄を出します。)この地の色が渋くて素敵なのでこの...
  • アメリカ南部の暮らしYuki(LalaGarden)さんのプロフィール
高気圧さん
  • 陶芸教室(2017/04/21)
  • 陶芸教室も新しい期に入って、皿から変更。で、装飾に力入れてみようと思って、今回ろくろ目つける練習。そこそこできてるんじゃないかなーこの上から釉薬かけるので、備前焼みたいにこだわらなくてもいいし。ってことやってたら、先生から課題いただきました。高さ27cmの鶴首!?今までの感じからすると、多分25cmが精いっぱいだと思う。対策するとしたら土から...
  • 高気圧さんのなんでもやってみるBLOG高気圧さんのプロフィール
イデコさん
  • バルボティーヌ ポピーと蝶々 水色のデザート皿
  • の組み合わせの赤いひなげしと蝶々のバルボティーヌになります。窯は不明ですが20世紀前半のものになるのではないでしょうか。水色の地にもエンボスが施されとっても可愛いバルボティーヌです♪※ 古いものです。釉薬の影響で角度により曇りがちに見える葉っぱの部分、貫入シミ、釉薬のムラなどが見られます。...
  • フランスのアンティーク グルニエ・イデコイデコさんのプロフィール

釉薬を含むトラコミュ

作陶奮闘記
  • 作陶奮闘記
  • 作陶を通して技術面でのQ&A、釉薬の調合や土に関する情報交換をして、お互いにスキルアップできたらいいなと思います。また器を通して豊かな生活を演出して楽しめたら良...
  • トラックバック数:107 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:美術ブログ

釉薬を含むブログ村メンバー

  •  
soramoriさん
  • 和の器 工房 草來舎soramoriさんのプロフィール
  • 下伊那の山里で昔ながらのやり方を守り、生活を彩る焼き物を作っています。
あゆみ工房さん
神戸の茶碗屋さん
フタマタイチゲさん
みつお@赤い抹茶茶碗さん