ドストエフスキー

ドストエフスキーについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • ◆文字が、言葉が、?神?であったということが、私にとって一番の衝撃でした  ドストエフスキー
  • 【公認】天宙神千夕龍華様[ドストエフスキー] ブログ村キーワード当時のロシアは、冷たく閉ざされた思想の中で、窮屈な悲鳴をあげていました。凍りつくような寒さと形式的な政治の奴隷として、国民は魂の死を余儀なくされていました。地上の人生の全ては、私にとって後悔と絶望の追憶であり、神の願われた理想の世界とはかけ離れた刹那の世界でありました。人間の一生というものは、このようにしていつもサタンの奴隷として働き、・・・続きを読む
  • 『公認』 ありがとう 千夕龍華様 『公認』 天宙神 千夕龍華様さん『公認』 天宙神 千夕龍華様さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

ドストエフスキーを含むブログ記事

magamin1028さん
  • 父親について
  • た。野球とか、白菜とか、みかんとか、そんな話とうでもよくないか? って思った。私は子供のころから勉強が出来て、中学、高校はちょっと遠くの中高一貫の進学校に行った。本が好きで、中学生の時から、カフカとかドストエフスキーを読んでいた。ますます父親との距離が遠くなった。彼は白菜の話がメインなんだから、正直、共通の話題とかはない。 私が大学の時も、父親との関係は同じようなものだった。私がヘーゲルやニーチェを読んで、人生の...
  • magaminの株と歴史の雑感magamin1028さんのプロフィール
堀渕善之介さん
  • 役にはたちませんが。
  • 俺の書棚に鎮座する新潮世界文学のドストエフスキー。重厚な装丁がとても存在感あるのですが、作品は文庫本で読んでいるので一回も読んでません。50年近くも前の翻訳ですこぶる読み難く、最近翻訳されて読みやすくなったので読むなら絶対そっちです。だとしたら何の...
  • 就職情報HAPPYWORK堀渕善之介さんのプロフィール
fgr-konohaさん
  • 村上春樹の長編小説の超個人的・超独善的ランキング、ベスト5+α
  • 好きとか、三人称が好きとかもとくにない。どっちも好き。村上春樹の作品はどれを読んでも当たりはずれがなく、いつも一定以上の面白さを感じている(長編に限らず、短編もエッセイも翻訳なども)。他の作家、例えばドストエフスキーだと「罪と罰」は好きだけど「地下室の手記」は好きになれない、といった好みがあるけど。他の好きな作家は、太宰治・三島由紀夫・中島敦など。音楽も好きだけど、作中によく出てくるオールディーズはあまり聴かない...
  • フリーゲームレビュー 木の葉fgr-konohaさんのプロフィール
関戸秀春さん
  • 「バッハの思い出」アンナ・マグダレーナ・バッハ 講談社学術文庫
  • 達治 岩波文庫「郷愁の詩人 与謝蕪村」萩原朔太郎 岩波文庫エッセイ なぜ生きる<思考法>「おくのほそ道」角川書店編 角川ソフィア文庫エッセイ ベートーヴェン<俗なるものと聖なるものの一体化>エッセイ ドストエフスキーの時間感覚 <大胆な革新性>「紀貫之」大岡信 ちくま文庫「竹取物語」川端康成訳 新潮文庫閑話休題 限りなく弱い自分 <ドラえもん>人気記事「詩を読む人のために」三好達治 岩波文庫「女の一生」モーパッサ...
  • Sekiの本と詩とエッセイのブログ関戸秀春さんのプロフィール
Nicheee!さん
  • 斎藤工ってやりすぎじゃね
  • た。2015.4.4「モデルプレス」◆楽しいと感じている普段の趣味が「やりすぎ」!宮沢りえに「なにが楽しいの?」と質問されると「強そうな名前をメモしてるんですよね。」といい、“和田勉”、“バッハ”、“ドストエフスキー”と強そうな名前を披露し、「ワールドカップのときが収穫時なんですよ!」と語った。また、“よもぎ”など弱そうな名前もメモしているという。2014.8.4「モデルプレス」いかがでしたか。やりすぎちゃっても...
  • Nicheee! | ニッチー!Nicheee!さんのプロフィール
亭主の好きな赤烏帽子さん
  • ★智笑ポエム「ロレンス・オブ・アラビア」(悠久の大地に引っ搔き傷を)
  • ナマイトが開発したバクー油田で爪を研いでいたスターリンがレーニンの後を引き継ぐ。外に対して大衆と云ふ顧客を有しない官僚組織は次第に組織内独裁と監視社会に変貌、権威主義的な抑圧社会へと変貌する。しかし、ドストエフスキーよりももっと昔の時代からロシアの大衆とは本質的に、「秩序と自由のどちらを選ぶと聞かれれば、彼らは秩序を選ぶ」と云ふのが通説になってゐる(池田元博・上級論説委員17,11,2日経) しかし、ロシア革命に...
  • 智笑ポエム亭主の好きな赤烏帽子さんのプロフィール
関戸秀春さん
  • 「平家物語」梶原正昭・山下宏明校注 岩波文庫
  • 達治 岩波文庫「郷愁の詩人 与謝蕪村」萩原朔太郎 岩波文庫エッセイ なぜ生きる<思考法>「おくのほそ道」角川書店編 角川ソフィア文庫エッセイ ベートーヴェン<俗なるものと聖なるものの一体化>エッセイ ドストエフスキーの時間感覚 <大胆な革新性>「紀貫之」大岡信 ちくま文庫「竹取物語」川端康成訳 新潮文庫閑話休題 限りなく弱い自分 <ドラえもん>エッセイ ベートーヴェン<大フーガOp.133>人気記事「詩を読む人の...
  • Sekiの本と詩とエッセイのブログ関戸秀春さんのプロフィール
月夜さん
  • 本日のつぶやきまとめ(Twitter)
  • s://t.co/JR2Y5A4X8k11/18 17:32TwilightFantas|ω・)人生において何よりもむずかしいことは、嘘をつかずに生きることだ。そして自分自身の嘘を信じないことだ。byドストエフスキー11/18 18:32TwilightFantas(¦3冫 ノ)ノ秘密を守り通せる人間はいない。口を堅く閉じれば、今度は指先がしゃべり出す。全身から真実がにじみ出るのだ byジークムント...
  • ヤミツキ☆グッズ月夜さんのプロフィール
もみさんの一日一冊遊書録さん
  • 7 020 齋藤孝「読書力」(岩波新書:2002)感想4+
  • 」ほか』ちくま文庫/パール・バック『大地』新潮文庫(新居格訳・中野好夫補訳)/シュテファン・ツワイク『ジョゼフ・フーシェ』岩波文庫(高橋禎二・秋山英夫訳)/ゲーテ『ファウスト』中公文庫(手塚富雄訳)/ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』新潮文庫(原卓也訳)/アゴタ・クリストフ『悪童日記』ハヤカワepi文庫(堀茂樹訳)/塩野七生『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』新潮文庫 生き方の美学 :向田邦子『父の詫...
  • もみさんの一日一冊遊書録もみさんの一日一冊遊書録さんのプロフィール
だいちさん
  • 雑感
  • なく妥当するのだということを感じる。1996年の優生保護法の廃止や、生活保護制度などを鑑みると、 日本では少し変わってきたのかもしれないが、 やはり相対的なもので、本質的完全解決は不可能だろう。この間ドストエフスキーの『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』『白痴』 といった著作から世界の残酷さやニヒリズムを読み解く本を少し読んだ。ラスコーリニコフの生き様やイワン・カラマーゾフの訴えは確かに重く、 ドストエフスキーの生き...
  • 生きる苦しみと希望の記録だいちさんのプロフィール

ドストエフスキーを含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ
実存主義
  • 実存主義
  • 古代哲学では、ヘラクレイトスのロゴスの思想の影響下に、イデア論を構想したプラトンを批判的に継承したアリストテレスが、第二実体 (普遍者) と第一実体 (個物に対応) と...
  • トラックバック数:25 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:哲学・思想ブログ

ドストエフスキーを含むブログ村メンバー

  •  
いかるの歌さん
pckiichiroさん
HIKOさん
ひいらぎさん
  • ひいらぎの草稿ひいらぎさんのプロフィール
  • 自作小説。現在、魔女狩りに関するお話を載せています。ブログタイトルをクリックすれば、目次にとべます。
  • 花ー母
ドストエフスキーさん
  • ドストエフスキーの日記ドストエフスキーさんのプロフィール
  • 今晩は!ドストエフスキーです。もちろんHNです。日々の出来事やニュースについて呟きます。

ドストエフスキーを含むアンケート&掲示板

  •  
  • あなたの好きな小説は?レス: 0/53(129件)小説ブログ
  • 本の小説家は唯一、村上春樹(死んだ方を含めると安部公房、泉鏡花など)、海外では挙げきれないのですが、ドストエフスキー、ヴォネガット、カポーティ、(生きてる方はB・E・エリス、クンデラ、アゴタ・クリストフ、T・オブライ...
  • 小説を書く前にプロットを立てますか?レス: 0/117(226件)小説ブログ
  • たいです。あと!!!!マークが出てくるハイテンションなキャラが何故か頻繁に出てきます。それはドストエフスキーの影響だと思うんですが(笑)とにかく最後までいけることを信じて。

にほんブログ村

>

キーワード

>

ドストエフスキーについて